曇り

曇ってますねぇ。

NYダウは250ドルの大幅安。主要株価指数は軒並み2%近くの下落。

世界的な製造業の減速が企業収益を圧迫するとの懸念が広がるなか、売りが膨らんだとのこと。

そうかと思えばムーディーズが世界の金融機関の格下げを発表。これも凄いなぁ。15行のうち、長期優先債務格付けは4行が1段階、10行が2段階、1行は3段階引き下げ。

バンクオブアメリカはBaa2.
シティグループはBaa2.
ゴールドマンサックスはA3.
HSBCはAa3.
JPモルガンチェースはA2.
モルガンスタンレーはBaa1.
BNPパリバはAa3.

恐ろしいことになったと思うのだけれど、市場では「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場にとって警戒していたほど悪い内容ではなかった。ムーディーズは2月に米モルガン・スタンレーなど3社を最大で3段階格下げする可能性があるとしていた。該当したのはクレディ・スイスの1社にとどまった。

 格付けが大幅に下がるとみられていた金融機関が多かったため、市場関係者はいったん内容を好感するだろう。引き下げ幅が予想より小さかった金融機関のCDSの保証料率(プレミアム)は、まずは低下で反応する可能性が高い。」

日本の株式市場はこれにどう反応するかと思ったら日経平均はー80円。「売りの動きは限定的」とのこと。

こんな様子だと円が買われるのかと思いきや、円は売られドルが買われている。なんなのこれ?

「世界的な景気指標の悪化でリスク回避の傾向が強まり、ドルが主要通貨に対して買われた面もある。」

リスク回避で円が買われるのかと思えば、今回のリスク回避はドルへ行くんですか?

こういう素人にはわからない説明をするから、専門家は後付講釈がうまいだけだなんて言いたくなるんですよ。でもまぁ、リスク回避でドルを買いだというマーケットの声があるってことなんでしょうね。

彼らは理由なんかどうでも良くて、動きがあればそれを利用するだけなのかもしれませんね。そういうのがわからなくて、経済やマーケットを勉強すれば動きがわかるようになるだろうなんて思うのは単に踊らされているカモみたいな気がしてきます。

でもま、1ヶ月ぶりの円安ということで、日本市場はアメリカ市場の下落の影響が緩和されているのでしょう。現在ー76円。上がってきています。

ドル円相場はというとこんな感じ。日足。チャートの形としては綺麗に上昇(円安)に転じた形ですね。

しかし今までだと世界がおかしくなると円が買われて、それが理由で株式市場はダブルパンチで下がる動きをしたわけですが、これからは世界がおかしくなるとドルが買われる?円安を日本市場は喜ぶけれどでは世界の動きはどう影響する?ややこしいですねぇ。

豪ドル/円の日足チャートですが、先日豪ドルのことを書いた直後に反転して豪ドルが上がってきましたね。良い感じ。でもチャートの形としてはここら辺で上げ一服しても良い場所。

世界がおかしくなるとすぐ売られる豪ドルですが、今回は円が売られる動き。で、結局売られるもの同志が豪ドル/円となるわけで、これもややこしいですね。

では米ドルが買われたのならば、豪ドルは対米ドルで一気に下落しても良さそうですがチャートを見てみましょう。おおお、やっぱり昨日はかなり売られていますね。

この米ドル/豪ドルチャートを見ると動きが転換点に来ているような感じは強いし、世界景気の後退懸念となればいつものパターンで豪ドルは売られるわけで、豪ドルは弱くなるのでしょう。

でも今回は円も売られる。売られるもの同志の豪ドル/円はどうなるのでしょうか。

私としては米ドルが買われる理由が全くわからないし、円高に振れればこの3週間の豪ドルの戻りは帳消しになっちゃうのかもですね。

ま、理由なんか考えても仕方がないし、チャートが示すことだけを見ることにします。

ま、こんな感じで世界の様子はギリシャ問題が一服して休む暇も無く次の問題が出てきますね。世界経済を叩き壊そうとして次々と問題を提起しているにさえ見えてきます。ムーディーズの格下げに関してもシティグループは怒っているようですし、実際にあの格付けバンクオブアメリカもそうですが、もうそろそろジャンクボンドの仲間入りってことですもんね。やっぱりこれだけ格が下がれば資金調達コストも上がるのでしょうし、シティバンクは2億ドル程度の損失があるだろうと言っている様子。

サブプライムの時にはまともな評価ができずに叩かれた格付け機関ですが、今回はまじめにやっているのか大げさなのか知りませんが、これはこれで不景気に拍車をかけることになるんでしょうね。

今日の朝は目覚めが悪かったです。自宅を売りに出して、値段をめちゃくちゃに下げても全く見向きもされない夢を見ました。で、起きてニュースを見てみればNYダウの下落。ムーディーズの金融機関格下げのニュース。これだって私の飯の種のパリバとモルガンスタンレー両方とも格下げですから、心穏やかじゃありません。

今日、金融関係の債券はどんな値動きをしているんでしょうか。バンクオブアメリカなんか凄い利回りかもですね。

景気って字のごとく気の問題で、みんながニコニコしてお金を使えば世の中はガラッと変わるんですよね。

アメリカ人がリーマンショックショックで目覚めたらしく、最近のアメリカ人の貯蓄率って凄いらしいですね。

お願い、貯めないで使って~、なんて言いたいですねぇ。やっぱりアメリカの消費が落ちると世界が狂っちゃう。

ということで、世界は曇りがち。

ゴールドコーストも曇ってます。

私の心もブルー・・・・・・・・・・・

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ