KLのコンドミニアム

この数日間、KLのコンドミニアムのことばかり調べています。2年ぶりぐらいかな。ここまで調べるのは。

で、その2年間の間に変わったことと言えば、巷で言われている値上がりは私が気になって見ているコンドミニアムに関しては6割がたのコンドが上がっているようでした。中にはこの2,3年で3割以上上がっているところもあった。

では下がっているところはあるかというと、それはほとんどない感じ。でも無くは無い。これって不動産価格の話。

レントでいうと私が見ているところはほぼ横ばいか安くなっているところが多い様子。これはコンドの場所、レントのレンジによると思うのですが、高くなっているという感じはまるでありません。

これってつまり不動産価格は上がっているものの、それをレントに出すのは難しい状態が続いている。そんな感じがします。私が見ているコンドはレントが凄い数。これは4年前から変わらないかな。

何で調べているかというと、まずコンドミニアムそのものに関しては

Propwall  ← クリック

ここで個別のコンドの特徴がわかります。また売買価格の推移もわかる。ただ、信憑性に関してはわからず。

ここで不動産価格やレントも調べられますが、このサイトと併用して調べているのが

iProperty  ← クリック

我らはゴールドコーストという田舎住まいですからKLのような大都市に行った場合、やはり大都会であることを楽しみたいと思っています。アーバンライフとでも言うのでしょうか。ですからコンドの場所にしても見晴らしが良いにこしたことはありませんが、緑が多く見えるようなところは返って寂しいと感じてしまいます。そういう意味では、空気が悪い、五月蝿いところでも大丈夫。

我が家の問題はヨメさんで、何度もここに書いているようにマレーシアには行かないで済めば行きたくない、ゴールドコースト大好き人間。それでも無理やりマレーシア行きを決定したわけですが、ヨメさんとしては頭ではそれを受け入れていても精神的にはどうしてもイヤなのでしょう。それが乾癬という病気になって現れたのはここに何度も書いたとおり。

乾癬とは見た目はアトピーみたいな感じでしょうか。体中のあちこちに湿疹ができて、それはそれは凄いことになります。ただこれは皮膚に現れてくるものの、どうも皮膚病ではないようで、免疫不全と言っても良いようです。でも免疫が低下しているのではなくて強すぎるようです。皮膚は奥のほうから新しい細胞が上がってきて、表面の古い細胞は落ちていくわけですが、このサイクルが非常に早くなる病気のようです。

これの決定的な治療方法はないようで、また原因としてはストレスが挙げられています。

まさに、マレーシアに行こうと決めてからこの病気が出てきました。

でもねぇ、だからといってマレーシア行きを止めるわけにはいかないのが我が家。

多くの方々のように、マレーシアで老後を楽しもうとか、ご褒美人生だとかというのと違っていて、我が家は経済的理由。ただマレーシアに行かないと食えないとかそういうことではなくて、子供たちは大学生で他都市に行っていて垂れ流すように金が掛かりますし、オーストラリアは税金も高く、そして物価もどんどん上がりましたし、生活は決して楽勝ではありません。

でもマレーシアに渡ってしまえば税金分まるまる浮くのですから、それを今後10年貯めただけでもかなりの金額になりますし、いつか日本に帰ったとしても我々の老後はそれだけでかなり助かる計算。

そして正直なところ、ゴールドコーストは良い所だとは思いますが、飽きたのも確か。ましてやここはリゾートですから今大学生の子供たちが卒業後ここへ帰ってきて働くことはまずありえないと思っています。やはり大都市でしょう。

ということはもう我々がゴールドコーストに居る理由がないってことなんですね。かといって、子供たちがシドニーやメルボルンで働いたところで私はシドニーメルボルンってあまり好きではないし、そこに住むことはまずあり得ない。

かといって、老後は日本と思うけれどまだ日本へ帰るほどジジーじゃない。

じゃ、どこか適当なところでフラフラしようと思うわけですが、どこがいいのか考えていくうちに残るのはやっぱりマレーシアなんですね。とにかく所得税無しになるのが私にとっては何よりも嬉しい。同じような恩典はシンガポール、香港もそうなのですが、シンガポールや香港は生活費がかなり掛かりそうです。ということでマレーシア。

ま、そういうことでマレーシアに行くにしても、夢と希望に溢れてワクワクしながら行くのとはわけが違っていて、というか冷めすぎかもしれないと思う部分もあるくらい。つまりどちらかというとテンションは低いですし、それプラス、マレーシア行きたくない病でもあるヨメさんの乾癬があるわけで、下手をするとマレーシアでヨメさんの病気が悪化してマレーシアを脱出なんてことも大いに考えられる。

住む場所ってかなり大事だと思うんですよ。

静かで景色も良くて空気も良いようなところが病人には良いのでしょうが、ヨメさんはそういう病人じゃありませんから、逆に日本で言えば駅前の繁華街に住んだほうが良いように思うんです。

退屈しようがない環境。

これが大事だと思うし、それを頭においてKLのコンド選びも考えています。

ですから繁華街に近いところ、いつでも気が向いたら歩いてでも遊びに行ける店が多いような場所。

となるとKLCC、ブキビンタン、あるいはミッドバレーの中しか思いつきません。私としてはこんなコンドがいいなぁと思うのがモントキアラとかダマンサラにあるのですが、繁華街という感じではないので難しいかも。バンサ、スバンジャヤも場所的には良いと思うのだけれど、やっぱりコンドの周りが静か過ぎる感じ。

それと買い物の便に関しては、我々はどんなにスーパーが近くても必ず自動車で行きますし、そうじゃないと荷物が積めない、持って歩いて帰るなんてことは絶対に出来ませんし、ましてやKLでは天気が天気ですから、自動車移動が中心の生活になるはず。ま、そんなことで近くにスーパーがある必要は無しという判断をするようになりました。

今現在借りているコンドも目の前に大きなショッピングモールがあるのですが、結局食料品じゃなんじゃ買いに行くときには歩いて数分の距離なのに自動車で行きます。私の車には台車が積んでありまして、駐車場から部屋まではその台車で買ったものを運びます。多分、KLでも同じパターンになるはず。どうにも少量ずつ頻繁にという買い物は性に合いません。

今の時点でここがベストだと思うコンドがいくつかあります。一つはK Residence。スリアKLCCと地下道で繋がっていて地下にLRTの駅があるコンド。下の階はK Avenueというショッピングモール(ゴーストタウンみたいらしい)。

一つはPavilion Residence。あのパビリオンの上にあるコンド。

一つはNorth Point。ミッドバレーの中にあるコンド。(ミッドバレーには他にもコンドがあるらしいがわからず)

この3つは雨が降ろうが嵐になろうが、外に出ることなく大ショッピングセンターにアクセスできるというコンド(そういう場所が他にもあったら教えてください)。そしてそれこそ歩いていける範囲にショップ、飲食店がゴマンとある。こういうところならまず飽きるということは無さそう。(Times Squareも良いかも)

でもねぇ、レントが高い。(笑)

Northpoint程度のレントなら問題ないのですが、その他二箇所は目が飛び出そう。とは言いながら、私にとって一番困るのは、ヨメさんがメソメソして「帰りたい・・・」っていう状況ですから、それを回避できるのであれば高くても仕方が無いと思っています。またオーストラリアのレントと比べれば格段に安いわけですし、ましてや税金が掛からず手取りが増えることを考えればヨメさんの好みを最優先しても良いとは思っています。

で、ヨメさんを呼んで、「見て見て、こんなコンドどうよ?」とユーチューブの動画(不動産屋が載せているコンド情報が結構ある)とか写真を見せて反応をうかがってみるのですが

「別にぃ、どうでもいいわ・・・・・・」みたいに気が乗らない返事。

あああ、前途多難だわ。

グズグズ面倒なことを言うのなら、じゃ、私一人で行こうかと思うことも無くは無し。私一人ならどこか適当なワンルームで十分だし。夫婦って無理やり、あるいは我慢しながら一緒にいる必要ってあるのかなと思う今日この頃。

どうもマレーシアには単身のロングステイヤーも多いようで、それぞれ家庭の事情があるんでしょうねぇ。

幸せそうなのは再婚組み? (笑)

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ