おから粉でフライを作ってみた

スーパーでBASAの安売りをしていました。1キロ8ドルかな。こんな安い魚って他にはないはず。

BASAとはナマズで、Doryとも呼ばれ、マレーシアではDoryで売られているはず。でもオーストラリアにはDoryって魚は他にいるわけでわけわからず。

私はこれをフライで食べるのが一番好きなんですが、今日はちょっと変わったことをしようと思いました。

今までは魚に大豆粉、卵液、そして普通のパン粉をつけてフライにしていました。今日もまずはそれから。

この量で切り身1枚分程度、原価は4ドル弱。かなり安い。

RX1R-04080

塩コショウとレモンだけで食べるのが好きなのですが、常備しているタルタルソースもやっぱり美味しい。この魚、日本人には合うと思うなぁ。

これでお腹がいっぱいになったのですが、最後に残った数枚で実験。

少々余った卵液におから粉を混ぜて、水で若干のばしてそれをバター液として魚につけて揚げてみました。見た感じはフリッターです。

この右側がそれ。

RX1R-04087

美味しい~~とは思いませんでしたが、決して悪くない感じ。やっぱりこの手は小麦粉とか片栗粉に慣れていますから、オカラ粉には違和感を感じます。

でも美味しくないわけじゃない。

今度は大好きな鶏の唐揚げをオカラ粉でやってみようと思います。これでそこそこ食べられれば良いのだけど・・。大豆粉(全く違和感のない)とオカラ粉と混ぜたらいいかも。あれれ?大豆粉だけでやったことあったかな?

大豆粉より低い糖質の含有量、それと食物繊維という点で私はオカラ粉を使いこなせるようになりたいと考えています。

1時間後の血糖値ですが、120.4mg.dl。ま、こんなもんでしょうか。パン粉を使わなければ110以下かもですね。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ