皆様、ご無沙汰しております m(_ _)m & 何をしていたのか

1年借りたコンドを出て新しいコンドに移るまでの一ヶ月間、Airbnbで過ごしていますが、この間、このブログの更新をしていませんでした。

以前、もしも1週間以上更新がない場合は「死んだと思ってくれ」みたいなことを書いた覚えがあるのですが、生きています。(笑)

実はブログの更新どころかPCを立ち上げることもなく、このブログを自ら見ることもなく、メールのチェック、コメントのチェックもしていませんでした。

こういうことってインターネットにアクセスするようになったこの20数年間の間にはなかったことで、完全にネットから遮断された生活をしていました。でもネットにアクセスできなかったわけではなくて、Airbnbへの引越しのドタバタの延長で、ちょっとネットや様々な情報から離れてみようと思ったのです。

マレーシアに渡ってから1年ちょっと経ち生活にも慣れてきましたが、今回の引っ越しをチャンスに、改めて自分を取り巻く環境、我々家族が進むべき道などをゆっくり考えてみたかったのです。

この二週間程度の時間はいろいろ考えるには十分で、マレーシアを選んだこと、マレーシアに渡ってきたこと、私が望む将来の我々の姿、そして長男をマレーシアに連れてきてしまったことも含めて、ありとあらゆることをゆっくり考えていました。そして、決して選んだ道は間違っていないことを確信し、将来の夢もしっかり、はっきり心に刻むことが出来たのは収穫でありました。

人生100年の時代が来たようですが、自分の命はあと1,2年なのか10年なのか、それともまだ30年はあるのか全くわかりませんが、歳を取るごとに自分の衰えははっきりわかるわけで、たとえ100歳まで生きたとしても、自分がやりたいことに邁進できる時間は長く残されていないことは間違いがなく、いつどこで自分が使い物にならなくなるかはわからないものの、将来に向かったレールをできるだけ敷きたいと考えています。

そのレールを息子たちが引き継いで伸ばすのか、ぶち壊すのか、あるいは全く違うレールを敷いて生きていくのかは私にはわかるわけもありませんが、私としては自分の自己満足だけだとしても、今後ますます大きく変貌するであろう世界を想像した時に、人はどうあるべきか、どうやって生き延びるのかの指針、あるいはその助けになるものをどうしても残したいと思うのです。

私が目をつぶると見えてくる日本を含む世界の将来は悲惨なもので、今後ますます貧富の差は大きくなり、ITやロボットが家庭の中にも入って我々の仕事や生活が一変するのは間違いがないものの、それで一般の人間が恩恵を受けることはないと思っています。

我々の世代は産業革命が起きた頃は知らないにしても「機械化の凄さ、それによる社会の大きな変化」は体験してきたわけで、今後はそれ以上の大きな変化が起きるであろうことは間違いがなく、今以上に進んで実用化されるITやロボットを扱い操る者、関連した世界で生きる者達のみが莫大な富を手に入れるだけ。

今でも弱者が救われることがない世界だけれど、それは今後もっと助長され、勝者はより多くの富を目指し、次なる戦いに備える。これは国とて同じで、強者を作る政策を推めない、あるいはそれをせずに福祉国家になろうとしたら国同士の戦いに負ける。福祉重視をしたくてもその原資が手に入れられない国になる。

働く人達の世界も大きく変わるはずで、かつて「金の卵」と言われた中卒者の集団就職も今は失くなったのと似たようがことが起きるんじゃないですかね。つまりそんじょそこらの大学を普通に卒業してもそういう若者の需要なんてなくなる。これは今でもその傾向ははっきりしているわけで、今はたまたま失業率も減ってきたものの、「仕事がない」と言われていた就職氷河期時代に雇う側(私の友人知人)は「欲しい人材が集まらない」と言っていたのを思い出します。

今、雇用状態が上向きだから良いけれど、だからこそ次の時代の人材を作らないと大変なことが起きるんじゃないですかね。

ま、こんなことを書き始めるといつになっても終わらないくらい書きたいことはあるんだけれど、とにかく、今以上に「生き残りが難しくなる時代」になると私は見ています。

そんな時代をどう生きるのか。

自分の子供達、まだ見ぬ子孫たちに私が何かしてやれることはないのだろうか。

ま、そこが私が一番気になるところで、私の人生の終わりが見えてきた今、彼らのために出来ることをやっておきたい。

その考え方に興味を持ってくれた長男には本当に感謝していて、「家業」として残し、育てることが可能なものを一緒に作っていきたいと思っています。

そんな計画が本当にそれで良いのか、どういう道筋で進んでいくべきか、今のままで良いのかどうか、そんなことをこの17日間、ずーっと考えていました。

どうにか具体的な目標達成のタイムスケジュールも出来上がってきて、この17日間の時間は無駄ではありませんでした。

後はスケジュールに沿ってまっしぐらに進むだけ。

もう迷いはなくりました。

そしてその足跡をこのブログに残しておきたいと思うのです。

それが多くの方の何かの参考になるのかどうかはわかりませんが、もしもたった一人だけだとしてもそこから「ヒラメキ」を得ることがあれば、それで私、私のブログの存在価値はあると思っています。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ