CIMBが年率6%の定期預金キャンペーン中。4月30日まで。

CIMBが定期預金(Fixed Deposit)で年率6%のキャンペーンを実施中。

ただし

○ 新規にPreferred memberになる人(25万リンギット必要)

○ 6%なのは3ヶ月間だけ。年率で6%ということ

○ 上限は50万リンギット

○ 4分の1はCurrent Accountに入れないとならない(?)

6%って数字にはびっくりしますが、あまりおもしろいキャンペーンじゃなさそうですね。

まず3ヶ月しか6%はつかないし、それも全体の4分の3だけですから。

なんだぁと思いますが、一般的には「定期」だけじゃなくて「Current Account」にもいつでも引き出せるキャッシュを入れておきますよね。だから、その「両方共CIMBに移したらどうですか?」というキャンペーン。

例えば40万リンギット持っていて、30万リンギットは定期にして、10万リンギットはキャッシュで持っていたいというような人向けってことですね。

このキャンペーンの詳細はここをクリック。

すでにCIMBにアカウントを持っている人向けには、同じような内容で「3ヶ月間だけ5%」というのもある。ここをクリック。

なんだかこの手のキャンペーンって「騙された感」がありますね。いや、決して騙してはいないわけだけれど、年利6%という大風呂敷を広げた割にはその条件を見ると「なんだぁ」って思う内容。

でもたまたま4月中にそこそこまとまったお金ができる人。そして「その一部」はいつでも使えるようにしておきたい人には良いのかもね。

他の銀行でもこういうキャンペーンをやっているのか全く知りませんが(これは偶然見つけた)、CIMBの昨今の動きを見ていると「短期資金がかなり厳しいことになっていて金集めをしないとならないのかな?」なんて私は想像してしまいます。

国の景気が良くて金利も上がってくると世界からお金が集まってきますが、マレーシアは長期的には不透明さがあって「政策金利は下げる方向」を向いている。これって昨今の中国の「金不足」と足並みが揃っていると思うのですが、銀行としては金利を下げたら余計資金が逃げていく。だから定期の金利も上げて資金流出を抑え、新たな顧客も囲い込まないとうまくないんでしょう。でも当然、長期の金利は上げられないし、このような短期金利を上げて釣るんじゃないですかね。私が先月CIMBで定期を作った時には「逆イールド現象」を起していました。つまり、長期のほうが金利が良いのが当たり前なのに短期のほうが金利が良かった。

ああ、この前書いた、CIMBの社債はどうなっているか見てみましょう。

クーポンが5.8%の「PERPETUAL」の債券ですが、こんな値動き。ちょっとここのところ債券の値は下がっていて「Yield(イールド:利回り)は上がっていますね。

画像をクリックすると大きく表示されます。(このブログの画像は皆そうなっていますが、更にもう一度クリックすると原寸大のかなり大きな画像になります)

参照:Bond Info Hub

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ