生還しました(笑)。1日入院、支払い12000リンギ(約32万円)&前立腺に関して女性も知ってほしい

どうもご心配掛けました。退院して家に帰ってきました。

簡単に経緯を書いておきます。

6月22日  尿に少量の血が混じっているのがわかった。

6月23日 午前2時  尿にかなりの量の鮮血+血の塊。
            一日中それが続く。

6月24日 午前2時  血の量は少なくなったものの、血の塊に変化。黒く固まっているものが増えてきた。

      午前4時  血の塊が尿道に詰まったようで、排尿できず。

      午前5時  パンタイ病院の救急に行く。

      午前6時  導尿管(カテーテル)を挿入し、排尿。ここからカテーテルはずーっとそのまま装着。

      午前7時  入院することに決め、個室に移る。

      午前10時 エコー検査。腎臓には問題なし。膀胱に多量の血の塊があるのを確認。

      午前12時 泌尿器科の専門医が来る。内視鏡検査、膀胱の洗浄を決定。

      午後3時  (本格的な)手術室へ。

      午後3時半 全身麻酔。その後のことはわからず。

      午後5時  手術室の控えから自室へ戻る。点滴と膀胱の洗浄は続く(点滴のようなものを使う)。

      そのまま、眠かったこともあり、うつらうつら過ごして、寝たり起きたり。テレビもスマホも見ず。

6月25日 午前6時  膀胱の洗浄済みの液は透明で血液は混ざっていない。

      午前11時 泌尿器科の担当医が来て、洗浄が終われば退院可能と言われる。

      午前12時 洗浄が終わったので、カテーテルを抜き、退院の準備が出来た。

      午後2時半 退院の手続きに時間が掛かる。最後に薬(抗生物質、痛み止め等)をもらい退院。

とまぁ、こんな流れでした。

で、今回の病院への支払いですが、12000リンギット、約32万円です。保険は無いのですが、正直なところ「え?嘘でしょ?」と思った。(でも7,8年前に「おしりに出来たオデキの手術」でシムダービーに行ったらなんと入院が必要で12万円ぐらい掛かった。その後、オーストラリアに帰ってから毎日医者に行き、傷口の消毒と手当で5,6万掛かった)(日本は自費でも安いのに・・)

内訳を見てみますと、まぁ細かいことがごっそり、使った薬や生理食塩水じゃ、シーツが何枚、タオルが何枚みたいなことがズラーッと書かれている。

やっぱり私は簡単に考えていましたね。過去に同じようなかなりの出血が二度ありましたが、それはその日だけで終わったので、今回も同じようなものだとたかをくくっていました。ところが24日になっても状態は変わらないどころか、血尿と一緒に出てくる血の塊が固くなり、それが詰まったようになってからは私も「これはいつもと違う」と思うようになった。

そしてとうとう、尿道が詰まってしまったので、私としては全面降伏。パンタイ病院の救急に向かったわけです。

専門医が、「内視鏡検査と膀胱の洗浄をしよう」と決めましたが、その時には「手術はしない」という話でした。ところが検査を実施する部屋はよくある「検査室」ではなくて、あの大掛かりな手術室で、私は素っ裸でそこに連れて行かれましたし、点滴を打ち、麻酔の専門医もいて「全身麻酔」。

手術後に担当医に説明を受けましたが、やっぱり出血していた場所は「前立腺」でした。

前立腺は過去に2回手術しており、一度目はオーストラリア、その後、3,4年経って「前立腺肥大の再発」がありましてオシッコの出も再び悪くなり、その頃流行りだした新しい手術方法の方が良いだろうと思い、日本へ行って手術しました。その手術法は、古くからの「前立腺を削って掻き出す」方法ではなくて、レーザーを使って「みかんの皮を剥がすように中身をすべて取り出す」という方法(HoLEP)でした。

これで完璧だと思っていたのは私だけで、今回の専門医が言うには、まだ前立腺は残っていてそれがまた大きくなったようだと。そしてその一部に大きめの「血管」があり、そこから出血していたのでそこを焼いたとのこと。

この時の手術の経過や、その前のエコー検査の「画像」をCDでもらっていますので、後で公開しましょうかね。(笑)

ただし、専門医にもわからなかったことがあります。

それは「なぜ、この出血が今、起こったのか」ということ。

前にそのキッカケはどうも「アリナミンEXプラス」かもしれないと書きましたが、マレーシアの医師がアリナミンを知るわけもなく、ただ私の説明である「肩こりや腰痛に効く」というのを聞いた時、「Blood thinner」つまり「血の巡りを良くする効果があるのかもね」とは言っていました。

これは前に二度目の「大量出血」をした時の「大量のにんにく」と同じ結果だったのではないかと私は想像しています。でも確たる証拠はありませんが、アリナミンの説明に「女性の生理が早く来る、経血量が多くなる」ケースがあると副作用が書いてありましたので、決して私の今回の出血と無関係だとは思っていません。

さてさて、これで一つの山場は超えましたが、将来はどうなるんでしょうか。これは誰にもわからず。

ただ、今回の泌尿器科の担当医が、将来的に「きっちり前立腺を削り取った方が良いね」とは言っていました。

私が日本で受けた新しい治療法の「HoLEP」はレーザーを使うのだけれど、非常に機械が高く、治療費も高くなるので彼は使わないと言っていました。そして「HoLEP」もグリーンレーザーだと出力が弱く、少しずつ焼き切るような手術になるので思うような効果は出せないとか。

彼はそんなに高齢な医者ではありませんが、昔から続く治療法が良いというわけです。これに関しては、その方法がよいから昔から世界中で行われてきたわけですが、「職人の世界」みたいで「技の伝授が簡単ではない」のは昔から聞いていました。だからレーザーを使うようになったのかもしれませんね。

彼は「私がやれば、綺麗に全て取り除ける。約束できる」と胸を張っていました。

実際に彼は、私の前立腺を内視鏡で見ているわけで、「左側はうまく取れているけれど、右側が残ったままでそこがまた肥大した」と図を書きながら説明してくれました。また最初のオーストラリアで行った手術の痕跡もわかると言っていました。でもそのやり方だと、2-3年で再手術になるのが普通だと笑っていた。

今回の治療も入れれば、私は3度の前立腺手術をしたことになりますが、私が思うことは「名医と言われる医者の手術もこんな程度なのか」ってこと。

私としては「完璧なこと」を期待しているわけですが、そもそも前立腺肥大の問題点は「排尿がしずらいこと」であるわけで、それが「緩和すればよいじゃないか」という点に、手術の目標があるのかもしれませんね。で、その手術だけで良くなってそれでOKな人もいれば、私のように再発するケースもあるんでしょう。

そして今回の私の場合は「排尿がしづらい」ことはなく、出血という形で再発したわけですが、こればかりは「起こってみないとわからない」としか言いようがないと思います。

ただ、歳を取りますと40代から「オシッコの出が悪い」ことを経験する人が増えてきますが、私としてはこれは放置せずにすぐに手術をしたほうが良いと思います。薬でどうにか出来るほど簡単じゃないんじゃないですかね。大きく肥大した前立腺がその真中を通る尿道を物理的に圧迫しているわけですから、薬で治すって出来ることなんでしょうか。

もしこれを女性が読んでいたら、「男は意外に怖がりが多く手術を嫌う傾向」がありますが、きっちり調べて説得するのは重要かもしれません。

ただ、私の経験ですと「ブロッコリーを食べるとオシッコの出が良くなる」のはわかっていました。これは「利尿作用で尿が増える」という意味じゃなくて「前立腺の圧迫感が緩む」という意味です。でもそういう記述はネットの中で見たことはありません。また「お酒を飲む」とオシッコの出が悪くなる。血管が膨張して前立腺の尿道への圧力も高まるんじゃないでしょうか。

これも放置すると、また場合によっては「全く尿が出ない」ことが起きて、救急車を呼ぶようなことになるケースも少なくないようです。私の祖父にそれが一度あったらしい。

それと、血液検査では必ずPSAを測ることですね。前立腺肥大だと数値が上がりますし、そして「前立腺がん」でも上がる。PSAだけではどちらかわかりませんが、もし「オシッコの出に問題がない」のにPSA数値が高いなんてことになったら慌てたほうが良いですね。

私も前立腺がんの検査を二度したのですが、これはバイオプシーと言って、「生体を検査」するんですね。

じゃぁどうやって生体サンプルを取り出すか。私の場合は、二度とも「肛門から器具を入れて、大腸から前立腺に向けて針を刺す」みたいなやりかた。

でもねぇ、前立腺に針を何本か刺して生体を取り出したところで、「その針がガンに当たる確率」ってどんなもんかなと思いました。それでガンが見つかれば、そのガンはとてつもなく大きかったのか、たまたま運良く見つかったのかとしか言いようがないんじゃないかと。

もしかしたら現在はもっと効率の良い方法があるのかもしれませんが、医者の立場も考えますと「完璧じゃないけれど、今はこの方法しかない」とのことなら、無駄かもしれないけれどそれを勧めるのだろうと私は思っています。と同時に、二度目の日本で受けた前立腺の手術HoLEPですが、医師が「これで完璧です」と言っていたのが忘れられません。

今回もこれで終わりではなくて、2週間後に担当医のクリニックへ行きますし、出血して止まらなかったり、排尿ができなくなれば、「また救急へ」とのこと。(笑)

私が最初にやった前立腺の手術のあとですが、「若返った~~~~」と思うほどオシッコの出が良くなりました。それまでは公衆トイレに行けば、後から来た若者が先に出ていくみたいな屈辱を味わっていましたが、それからは「出が悪そうなジジーのとなりに立つ」となんとも言えない優越感。(笑)

その話を父にしたところ、父も前立腺肥大の手術をしたんですよ。それがまた良かったらしくて、「お前、こんなに調子良くなるならもっと前にちゃんと言えよ~」と言っておりました。

えーと、これは書きづらいんですが、前立腺の手術をするとあっちの方も若返るのは間違いがないと思います。私の父が喜んだのもあっちのほうがじゃないかと思うくらい。

それと、「射精しても精子は膀胱側に出る」ようになります。だから岡本理研とは縁が切れる・・・・かもしれない。(笑)

 
 
 

       

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ