世界はロックダウンで【感染者を減らす】ことを諦め始めている

マレーシアを見ていると「MCOは効いている」と思います。

これは日本も同様で、「自粛要請は効いている」と思う。

でも目を世界に向けるとちょっと違うものが見えてきて、「ロックダウンは本当に効くのか」って思う。そして、それをいう学者も出てきている。

真実はどこにあるんですかね。

「ロックダウンが効いていないように見える」国も、ロックダウンをしなかったら【もっと酷いことになる】のかもしれない。

またロックダウンをしても、我々日本人が考えるような「三密に近寄らない」「手洗い、消毒をする」ことが出来ていないのかもしれない。

でもまさか【三密に近寄らない、手洗い、消毒をしても無駄】だとは思わない。

でも海外では、それさえも無駄と考えているような感じを受けます。

「やり方が悪いのだ」という考えは正しいと思うのですが、でも「出来ないものは出来ない」のが現実だとすれば、「ああしろこうしろ、あれは駄目これも駄目」なんてのは彼らにとってはただの「屁理屈」でしかないんじゃないですかね。彼らは彼らなりの「三密に近寄らない」「手洗い、消毒をする」をしても駄目なのだから、「これ以上、何をしろと言うのだ?」と思うのもわかる。

じゃぁどうするか。

「集団免疫を獲得するしか無い」

これは世界中同じで、「集団免疫を獲得するまでの【時間稼ぎ】をしている」だけですよね。医療崩壊しないように、死者を増やさないように、いつかワクチンも出来て「集団免疫を獲得できる日まで我慢する」という考え方でしょう。そしてもし「治療法」が見つかれば、時間稼ぎも楽になる。でも「感染しないようにする」には【集団免疫を獲得できる】まで待たなければならないのは同じこと。

だからロックダウン、MCO、自粛要請をするわけですが、「それをどう頑張っても感染者が減らない」「このままでは経済が持たない」となれば、「放置」「自然に任せて集団免疫を獲得する」という方向に行くしか無い。

どうも世界ではそういう動きになっているのを感じる今日このごろですよね。「結果が見えていないの【解除する】動きが活発化」している。

これはマレーシア、日本から見ると「ちょっと違うんじゃないの?」と思いますが、マレーシア、日本だって、第二波、第三波が襲ってきた時に、「またMCOです。自粛です」と何度も繰り返すことができるとは思えない。

でも私達には「New Normal」を守り、油断さえしなければ大丈夫だろうという【読み】がある。でもそれは「期待」でしかない。

でもそれしか出来ない。

でもその期待を持てない国々はどうするのか。どうなるのか。そして国と国が近くなった現代ではその影響はマレーシア、日本にもあるわけで、「対岸の火事」と忘れてしまうわけにも行かない。

遠い外国のことだけれど、それは「隣町だ」と思わないと世界は回らないはず。

でも我々にはどうすることも出来ず、「貴方達は貴方達流で頑張れ」としか言えない。

困りましたねぇ。

もしかしたら海外では「とんでもない数の感染者」「恐ろしいほどの数の死者」がでるかもしれない。

でも「いつか集団免疫を確保できるかもしれない」わけで、その時に、我々「マレーシア」「日本」在住は「集団免疫を持っていない」ことになる。

となれば?

それまで「海外との交流を絶つ」しかないんじゃない?でもそれも不可能。


私としては「すでに気は緩んでいる」し、「防御法は生活の一部となった」わけですが、今後は「感染者、ウィルスが大量に存在する中で【感染しない方法】を考えていくしか無い」わけで、あるいは「海外旅行には行かない」「外国人には近寄らない」様にしなければならない。

一体どうするべきかはわかりませんが、今はまだ「自分が住んでいる国、地域が気になる」ものの、やっぱり「世界に目を向けて生きる」ことをしないとどうにもならないんじゃないですかね。

私は「引きこもる」に一票を投じるしかないと思っていて、「世界を駆け巡る」なんてもうそんな夢も持たない年寄りになってよかったなんてことも考えるんですよ。でもこれからの若者、ビジネスマン、企業は「世界に対応する」しかないはず。

そういえばどこの国のどの都市だか忘れましたが、「積極的に感染して免疫を獲得しよう」という団体があるのをニュースで見ました。

うそ~~~と思うけれど、何の感染病でしたっけ。子供は症状さえも出ない、年寄はかなり危ない感染症があって、「まずは子供に積極的に感染させて、バリアとなってもらう」という考え方があるらしいじゃないですか。なんだったかなぁ。

ん?コロナも同じか・・・・。

 
 
 

No tags for this post.