中国国内で「日本人の介護」が始まるらしい

中国国内で「日本人の介護」が始まるらしい。

これを聞くと1980年代の日本の「シルバーコロンビア計画」を思い出します。当時の日本人の所得(一人あたりのGDP)は高く、退職者が海外に出れば素晴らしい老後が過ごせるという鳴り物入りの「通産省の計画」があったんですね。覚えている人はいますかね。

これが「老後を海外で過ごすブーム」のキッカケになった。第一次海外移住ブームですね。これが半端じゃなく大きな広がりになってオーストラリア、カナダ、スペイン、ポルトガル、中南米とかなりの人数の「退職者」が海外に出たのね。(この当時はマレーシアは一切話しには出ていなかった)

ただ通産省のこの計画は「日本は自動車だけでなく、自国の老人さえも輸出するのか」という批判も多かった。でも通産省の計画は「海外に新しい都市を作る」という壮大な計画だったのね。大学や病院、研究所、商業施設を作り、それを囲むように住宅地を作る。それも日本の投資によってです。

これを受け入れたい国々もあるわけで、日本の老人が住みやすいように「退職者用のビザ」を作る国々も出てきた。

オーストラリアもどこにそういう都市を作るかでかなり盛り上がりました。多分、ゴールドコーストとブリスベンの中間に出来るのではないかという話があって、先回りして広大な土地を買う投資家もいたし、多くの日本企業も進出しようとしていたのね。

そして通産省としては「おまけと言ってはなんだけど、年寄が住めるようにしてくれないか」というのがあった。計画の名前から言っても「シルバーコロンビア計画」ですから、本来は何が目的だったのかは疑問。

この頃に我が家もオーストラリアの永住ビザ(退職者用ビザではない)取得を考えていたので、もしそんな「日本による新たな都市がゴールドコーストの近くに出現」したら面白いことになるだろうとワクワクしていたのを思い出します。当然、大きな「日本人街」や日本人用の「老人ホーム」も出来るだろうし、オーストラリアで永住を決めた日本人には朗報ですから。

でもこれが実現しそうになった時に、日本のバブルが弾けたわけです。

そしてその新しい都市もゴールドコースト、ブリスベン近郊ではなくて、アデレードの方に決まった。

でもそれも決まっただけで、新たな都市づくりが始まったという話は聞いていません。

そうこうしているうちに、通産省のシルバーコロンビア計画を担当した部署も解散。

この部署にいた人たちが後の「ロングステイ財団」を作ったと聞いています。

ま、要は昔から「年寄を海外に出して面倒を見てもらおう」という考え方が政府の中にあったし、それは今も残っているってことなんでしょうね。

で、今回の話はまだ決まったわけではなくて、下準備の段階の様子。

でも日本では「株式会社シルバータイムズ」という会社が立ち上がり、その方向で動いているのは間違いがない様子。

株式会社シルバータイムズ

健康的な高齢化を目指して…

この会社の「ごあいさつ」のページを転載しますが、これを読めば、間違いなくそういう計画が「日中間で進んでいる」のがわかる。

ごあいさつ
当社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。この度、「日中積極健康高齢化協力企業」である株式会社シルバータイムズを設立いたしました。

2019年12月25日、中国成都市で開催された日中韓首脳会議(第8回日中韓サミット)で「日中韓積極健康高齢化協力共同宣言」が発表されました。この「共同宣言」を実現するにあたり、シルクロード計画研究センター理事長・中国第12回全国政協副主席陳元先生初め、日中両国多くの方々からのご支援ご協力を賜り、2020年「日中の積極的で健康な高齢化協力」の第一弾として、2020年5月に「日中健康高齢化産業促進協力」の契約が締結され、年内に岐阜市で「日中積極健康高齢化協力企業」を設立するという企業誘致の契約合意に至りました。

そして2020年8月に、まず中国で「中科合拓健康養老有限公司」という健康介護専門会社が設立され、10月には日本で100%中国資本である新会社「株式会社シルバータイムズ」を設立し、中国の介護会社として初めて日本に進出することとなりました。
株式会社シルバータイムズは健康中国研究センターの業務指導傘下企業として、介護施設の運営及び介護人材育成事業を中心とした、国際介護コンサルティング業務を行う日本法人です。将来的に中国での介護施設事業を展開するのに先立ち、まず岐阜県で介護施設を運営いたします。初期投資金額は2億円です。投資運営先は、介護付きの民間有料老人ホームを想定しております。既に施設を運営している企業の株式を取得し子会社化し、施設運営はそのまま子会社が引き続き執り行います。

当社は、介護先進国である日本の優れた介護ノウハウや運営マニュアルを活かして、近い将来に当社が運営している日本の「小規模多機能住宅介護施設」ならびに「住宅型有料老人ホーム」と共に、中国で介護事業展開することを計画しております。
具体的には、中国内に当社が運営する日本国内介護施設の海外別館を設立して、日本の高齢者が中国でも日本と同様の介護サービスを受けられることで、日本国内の介護人材不足の深刻化を解消することに役立ちたいと考えています。
また、介護事業のデジタル化を、重点的かつ積極的に取り込むことによって、アジア諸国の【積極的で健康な高齢化協力】に貢献していきたいと考えています。

当社の計画は、日本においては例が少ない、介護施設を基盤とした海外進出事業になるかと思われます。日本介護施設の中国別館建設、日本人高齢者の短期海外移住、介護人材の確保、介護保険の仕組み等業務を円滑に推進していくため、既に自民党幹事長代行・衆議院議員野田聖子先生、厚生労働副大臣・参議院議員三原じゅん子先生、厚生労働省大臣官房国際課、厚生労働省老健局、東海北陸厚生局、岐阜県健康福祉部、岐阜市福祉部介護保険課、岐阜県日中友好協会、岐阜新聞社、岐阜市国際課、岐阜市商工会議所、中国名古屋総領事館に報告しており、ご支持、ご指導を受けながら進行していきたいと思っております。

現在、健康中国研究センターは「日本人高齢者が中国で日本と同様の介護サービスを受けられる5年計画」を策定しております。まもなく、具体的な5年計画の内容が発表されると思われます。
これから株式会社シルバータイムズは日中両国政府のご支持を得て、関係者皆様のご協力ご指導のもと、当社の計画、そして健康中国研究センターが策定しています【日本人高齢者が中国で日本と同様の介護サービスを受けられる5年計画】を実現できると確信しております。
今後とも、ご支持ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

これに関するネットニュースがありました。

 

でもなんだかこのニュースを聞くと胡散臭い感じがしないでもないですね。

2021年には日本からの「第一陣を迎え入れる」とのことですが、どうなっているのか。そもそも日本の保険を「海外在住者に適用させる」には法律改正が必要だし、そのハードルの高さって半端じゃないんじゃないですかね。当然、中国のその施設に入る住人だけというわけにも行かず、マレーシアを含めて【日本国外に住む非居住者】に「国民保険」「介護保険」が使えるようにするなんて・・・、起こりえますかね?

上のニュースでは「厚生労働省も大臣官房」も【その様な計画は知らない】とのこと。岐阜県、岐阜市も「初耳だ」とのこと。

ガセネタか?

とも思いますが、ではすでに設立されている「株式会社シルバータイムズ」ってなんなのか?

ネットを検索してみると、日中の間で「日中介護サービス協力フォーラム」がすでに二度開催されたのは【経済産業省の官報】に載っている。

経済産業省は、中国国家発展改革委員会と協力のもと、日中間の高齢化対応の中での更なる協力推進と両国経済界の交流を後押しする…

概要は以下の通り。

1.背景・趣旨
日本政府は、「アジア健康構想に向けた基本方針」 (平成28年7月29日健康・医療戦略推進本部決定、平成30年7月25日改訂)に基づき、高齢化という変化に対応し、人々が健康に立脚した各々の人生を送ることができる社会的・経済的に活力のある健康長寿社会をアジア地域全体として実現するための取組を積極的に推進しています。

日中首脳会談(平成29年11月・ダナン及び本年5月東京)においては、高齢化対応の中で新たな協力推進と両国経済界の交流を後押しすることで一致しました。また、世耕経済産業大臣と何国家発展改革委員会主任の間で署名した「サービス産業協力の発展に関する覚書」に基づき、協力の第一弾として高齢化分野に関するシンポジウム等を開催することで一致しました。

これに基づき、経済産業省と中国国家発展改革委員会は、「第二回日中介護サービスフォーラム」を9月26日に東京で開催しました。本フォーラムには、日中の政府関係者、専門家、介護サービス事業者、福祉用具メーカーなど約370名が参加し、高齢化分野に関するシンポジウム、商談会に加え、同時期に隣接会場で開催されているHCR(国際福祉機器展)の視察が行われました。(「第一回日中介護サービス協力フォーラム」は、昨年10月23日に北京において開催。)

シンポジウムにおいては、日中の介護サービス・福祉用具に係る協力についてのMOUが11本交換されました。また、商談会においては、中国側186名、日本企業45社の参加の下で商談会が行われました。

本フォーラムの開催を通じ、日中の介護分野における協力が強化されるとともに、日本の介護サービス事業者や福祉用具メーカー等の一層の中国展開が期待されます。

これを見る限り、はっきり書かれているわけではないものの、「中国で日本人の介護をする」計画があるであろうことは簡単に想像できますね。日本企業が「中国で日本人向けの老人ホームを作る」のも計画の内なんでしょう。

実はもう何年か経ちますが、「マレーシアで老人ホームを作る」ことに興味がある日系企業も存在し、それの誘致に動いた人たちもいるのね。マレーシア企業との合弁の話もあって、かなり具体的な話を聞いたこともありました。

もし法律的に地ならしが出来れば、中国でもマレーシアでも「介護施設を作る」ことに興味がある日本企業って結構あるのかもね。

どうです?

中国でこういうのが始まったら行ってみます?

私としては「近隣諸国への明らかな侵略」をし、「人権弾圧」だけではなくて【ジェノサイド】と世界が認定するようなことを平気で堂々とやる中国で面倒見てもらいたくないと思うなぁ。尖閣だってそのうち取りに来そうだし、(海上保安庁と同じ)海警でさえ「攻撃を許可する」なんて法律を作るって、まさにそれは東シナ海で言えば「日本を攻撃するぞ」と脅かしているのと同じ。

あの国ってヤクザと全く同じだと思う。

でももし持病があって「臓器移植」が必要な人は、2週間もあればすぐにドナーを探してくれるらしいし、その臓器は生きている人から摘出するから活きも抜群ですと。そしてもし適合しなかったらすぐに代替の臓器も探してくれると。

これは中国の一つの産業と言っても良いくらい拡大していて、すでに世界中にお客がいるとのこと。

え?そんなの聞いたことがない?

これってもう陰謀論、疑惑のレベルではなくて、欧米諸国では国としてこれを大きな問題として取り上げているところもある。各国が今、「ジェノサイド」だと言うのはこの事も含まれている。

でも日本では国会で話されることもないどころか、報道さえされない。

一体、何が起きているかはこういう動画を見るのが良いと思います。そして検索してみてください。これを坐視できないと動き出した国々があるのもわかるはず。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ