ヘッジとポートフォリオ

今回の100年に一度と言われるような金融危機ですが、皆さんどうしたでしょうか。

私は偉そうなことをいつも言っていますが、何もせずに傍観するだけでした。

日本の株価暴落で痛手を被った方、また今後の日本に不安を持つ方もいらっしゃると思いますが、為替の点だけ考えれば日本円中心に持たれている方には良かったことになりますね。

私の資産は豪ドル中心ですので、打撃が大きいなんてものじゃありませんでした。高値で105円付けていたのに55円台に突入した時には目の前が真っ暗になりました。もし私が円と豪ドルと半々持っていたとしたら、豪ドルは下がっても円は上がって、トータルとしたは何も変わらない。

これ即ちポートフォリオなわけですが、私の場合、このポートフォリオをしっかり組んでおりません。性格的なものがあると思いますが、パフォーマンス重視です。でも結局こういうことがあるとパフォーマンスも何もないわけで、パフォーマンス重視なんてのは絵に描いた餅でしかないし、砂上の楼閣みたいなものだと思います。

でもねー、円で持っていてもどうやってそこから利益を生み出すのか、私には全くわからないのです。

ではせめてヘッジをしようとも思うのですが、これもまた簡単ではない。ヘッジだって資金が必要ですし、コストも掛かるわけですね。そのコストをケチるから泣くことになるのだというのもわかるのですが、ではFXで豪ドルを売るなんてことをやっぱりすべきだったのかどうか。オプションという手もありますが、コストがかなり掛かりますし、やぱりやるとすればレバレッジが高く資金が少なくて済むFXかもしれません。

でも日頃のお金儲けとしてのFXならまだしも、総資産をヘッジするほどの大きなポジションを持てるのかどうか。

コスト、資金は出すのもイヤ。恐怖にも勝てない。これじゃやられっぱなしになるだけなのはわかるのですが、今回は本当に何もしないで見ているだけでした。

でもせめて資産の3分の1でも5分の1でもヘッジしないよりはしたほうがいいですよね。これが私の今後の課題。って今更言ってもしょうがないですが、今回のようなことがあると本当に真剣に考えないといけないと痛感しました。後の祭り。

逆に、今日本円を多く持ってる人も今真剣に考える時だと思うんです。円が上がったと安心しているのはもったいないと思います。円の高騰で資産が増えたわけですから、それを防衛する必要があるんじゃないでしょうか。

もちろん日本に住んでいて、将来的にも海外に出ない、外貨を使わないのなら関係ないですが、移住であるとか、マレーシアへ渡るとか、すでに海外に出ている場合にはこの高くなった円による利益を守る必要があると思います。つまり、これ以上の円の値上がり益は捨てる代わりに、今の利益は確定するということを考えて良いと思います。

儲かっている時には何もしないで、どんどん値が落ちだしてから慌てるのが普通の人間だろうと思います。まさに私がそれでした。豪ドルが105円の頃は自分の資産を日本円換算してニヤニヤしてたんですから。で、下がりだしてから慌てて、あっと言う間に55円です。ほぼ半分の資産が実損は出ないものの円換算で飛んだことになります。

つまり、今、円があるならFXで円を売ると言うこと。円が上がれば損が出ますが、本体は利が乗るわけですから、プラマイゼロ。円が下がれば利が乗って、その分本体の目減り分を埋めることができる。

マレーシアで言えばここでリンギットを買うということになりますが、このリンギットってのが困るんですよね。国際通貨じゃないから自由に売買できない。FXがあるのかもわからない。だからといって現金で交換してしまったら、それはヘッジではなくなります。でも本体の円での運用益がたいしたことがないのなら、リンギットに替えて定期もいいかも。全額やるのか、半分やるのか、3分の1なのか。とにかく見ているだけはうまくなさそ。

って、言うのは簡単。実行は難しい。でも円を持ってる人は私からすれば本当に羨ましい。良いチャンスだと思うんですけどねぇ。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ