やっぱり駄目だわ タイムシェア

この前のスターウッドを使う裏技ですが、それもやっぱり駄目ですわ。私の場合は、どんな買い物をするときでも必ずそのお金を使ってしまう事によって失うであろう将来の利益を計算に入れてしまいます。もちろん100万単位の買い物の場合ですが。

エクシブもそういう意味では同じで、どんなに安くなったとは言え、ウン百万はするわけですから、そこから入るはずの利益が減った分を毎年の諸経費に足して計算しなくては駄目。そうすると1泊あたりの権利のコストが諸経費込みで2万円前後になるんですね。そして宿泊時には20000円程度のルームチャージを払うわけですから、素泊まりで1泊40000円になっちゃう。1,2泊でもこの金額じゃ面白くないのに、10泊したらかなり厳しい。ましてや高いと言われているエクシブの中で食事をしたら怖ろしい金額になる。きっと4人で使えばいいのでしょうが、二人というのが前提だとどうしても高くつく。

結局私みたいな性格はタイムシェアとかリゾート権利なんてのは合わないんですね。けちくさいことを考えるやつが買うもんじゃない。

たとえばポルシェを買うのに、いいねぇ、じゃ買おうかってポンと現金を出して買う人もいれば、頭金をどう捻出して、ローンの金利をどうしてこうして、青空駐車場は安いけれどそういうところにポルシェを置いておきたくないから屋根付きがいいけど、ここらじゃ5万するとか、そういうことをぐちゃぐちゃ考える奴はポルシェに乗るな!ってことなんですよね。それと一緒。

昔はこんなケチ臭くもないし細かくも無かったんですけどねぇ。

やっぱり細かい計算ばかりする投資を長い事続けたからでしょうか。それとも年齢かな?いやいや、きっと産まれ持った性格がもともとこういう性格なんでしょうね。だから数%の違いがどうじゃこうじゃとやる投資が向いているのかも知れませんし。

しかし逆に考えてみると、ポルシェでもタイムシェアでも良いですが、それを現金で買ったとしても、なおかつ自分の給料が毎月6万、7万減るとしたらどうします?それでも平気ですかね。大きなお金を使うって事はそこから産まれる金利が入ってこなくなるんですから、給料が減らされるのと同じ事を意味してるんですね。

普通なら、ちまちま稼いでも使うときはどーーんと使うってのが良いんですけど、なかなかそうも行きません。

ま、今更性格を変える事も出来ないし、世の中の優雅にお金を使って人生を謳歌している人の真似もできないし、私は私流でどうにかやるしかないと諦めます。

ということで、タイムシェアですが、私にとっての結論はだいたいでました。どんなに楽しかろうと、どれほど家族が喜ぶかも知れないけれど、どう考えても採算が合いません。

それなら、タイムシェアを買ったと思って、そのお金から産まれる収入を遊びにプラスして、なおかつホテルプログラムなりマイレージプログラムを活用すれば、かなり凄い旅行が出来るのは間違いがなさそうです。特に、多くの方はご存じないようですが、ホテルプログラムもバカにはできないですよ。私がインターコンチネンタル系でどれだけ得をしているかはここに何度か書いています。

ただし、ケチとして考えても使えそうなのは、RCIポイントを使った交換。これは私みたいなケチがどう考えてもこれ以上安く遊べる方法が考えつきませんし、見つかりません。

それとリゾートトラストがやっているサンメンバーズのチケット利用。これでRCIでどの程度の交換力があるのかわかりませんが、手数料を入れて3万そこそこで海外のリゾート交換が出来るというのは驚異的です。海外の人達のほとんどは何百万というお金を払い、毎年5-10万程度のメインテナンスフィーは払っているわけですから。中古が安いと言うのも、全体的にみれば中古を買う人はマイノリティーで、この20年の驚異的なタイムシェア業界の伸びを支えてきた人達というのは、まさにウン百万というお金を払ってきた人達なわけですもんね。

そういう海外のリゾートとサンメンバーズのチケット7枚(1値枚あたりのコストは1000円ちょっと)プラス3万そこそこで交換できちゃうってのはやっぱり安いですね。この31500円ですか。これって交換手数料込みですからね。私が買ったラスベガスのタイムシェアですが、これがいくら安いと言っても、一週間の権利のために年間320ドルは払うわけですし、これにRCIの会費、そして交換手数料を入れたら、これのコストって決して安くはないんですね。一週間の権利しかないんですから、一週間と交換したら一年に一度だけの交換ってことでしょ?その為に100ドル以上の会費と、160ドル程度の交換手数料を入れたら590ドルは最低掛かっているという事。サンメンバーズだとこれの6掛けということ。1週間ではたいした差はないものの、何週間、何ヶ月遊ぼうとしたらこの差はかなり大きくなる。

ただし、アメリカのRCIでは実際にはポイント制を使うわけですし、ラスベガスの物件は安くてもポイントが高いですから、うまくやれば他のリゾートで3,4週間は泊まれる権利と交換できるわけですし、サンメンバーズとは単純比較はできない。ましてやアメリカRCIの場合には他のメリットもあるわけです。

ま、そういうことでアメリカRCIの方は今のところ5万ポイント弱しかありませんが、どうにかこれを10-15万ポイントまで増やしていこうと思っています。あるいは、サンメンバーズをRCIジャパンで同じように使えるのなら、ラスベガスのは手放しても良いくらいですね。

サンメンバーズの中古ですが、これもいろいろあるのですが、エグゼクティブゴールドというチケット90枚もらえるやつを狙っています。その他枚数の少ない種類もありますが、結局業者の手数料とか名義書換料が高いわけで、枚数が半分だから半額で買える訳じゃないということ。

サンメンバーズのチケットでRCIジャパンを経由してそこそこのところと交換できたら怖ろしい事になります。90枚ってことは12週間と交換してもまだ余るんですから。

サンメンバーズのことを調べるのは、アスレさんという中古販売業者のHPが良いと思います。かなり細かく説明してあります。

アスレ  ←クリック

それとやっぱり何度も書きますが、レントの利用です。つまりタイムシェアの持ち主が自分で使わずにその権利を1週間分売り出すというもの。それはそれで巨大な市場があるわけで、それを利用するのがケチケチ遊び術としてはかなり有効だと思います。

日本のサイト。ハワイ中心。  ←クリック

暇な人はここを見ながら、どういう物件がいくらで出ているかよーーく見てください。そしてその物件をオーナーはいくらで買って、毎年どのくらいのメインテナンスフィーを払っているか考えてみてください。

私はこのレントの金額を見ると、オーナーの悲鳴が聞こえてくるような気がするんですよ。

海外ではこことか   ←クリック

この手の業者はいくらでもありますので、調べてみてください。中には毎年のメインテナンスフィーより安いレントも見つかります。オーナーはどんな思いでこういう値段を出しているのでしょうか。それも私たちが今それを見て、そこにまだ広告が出ていると言う事は、そのメチャ安い値段で出しても右から左に簡単には買い手が見つからないという事も意味しているわけです。怖ろしいと思いません?これはタイムシェアそのものを売ろうとしたときも同じですね。eBayの価格を見て、まさか!って思いません?1ドルでも誰も買わないのがごっそりある。

私はタイムシェアを買って、そういう思いだけは絶対にしたくないんです。

でも借りる側から言えば、のんきなもんで安ければ嬉しい。オーナーの苦悩まで考える必要はありませんから、有難くその1週間の権利を使わせてもらいましょう。

これらのリンクを押しますと、それぞれのカテゴリーにある情報満載のブログに飛ぶことができます。良いブログがたくさんあります。是非チェックしてみてください。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ