空を飛びたい

子どもの頃に空を飛びたいと思ってた人は多いと思う。って、スーパーマンじゃなくて飛行機ね。(笑)

私もそうで、初めて飛行機に乗った時の感動は今でも忘れられない。でもそれだけじゃつまらないんですよね。いつか自分で飛んでみたいという夢はずーっと持っていました。

去年ニュージーランドに行った時も、あちらではスカイダイビングが結構盛んであちこちでやっているようなので是非一度飛んでみようと思ったのですが、ヨメさんからの命令で取りやめ。でもやっぱり空を自由に飛んでみたいんですね。スカイダイビングは危ないなら飛行機はどうだ?ってことになりますが、私は飛行機の免許を取ろうと何度か考えたこともあるんですが、免許だけでも大変なお金も掛かる(オーストラリアは安いと言われているけど)し、その後飛行機に乗ることさえ大変。

ところが最近飛行機のカテゴリーにいろいろあって免許がいらない飛行機があるのがわかりました。いわゆる軽飛行機というよりもっと小さな飛行機。近年パラグライダーとかハンググライダーにエンジン付のがありますよね。あれも飛行機と言えば飛行機になるわけですが、免許はいらない。で、どの程度の飛行機までOKなのか調べたら結構まともな飛行機でも免許がいらないんですね。これは全く知りませんでした。

当然制約はあって、スピードがいくら以上出てはいけないとか、大きさにも制約がある。また飛んで良い場所もかなり限定的。でもおもしろいじゃないかと思うわけです。で、調べてみたらなんと我が家から1時間半の距離になんと3カ所もそういう飛行場や訓練施設があるのがわかりました。そして自家用機を持ってる人も結構いる。

飛行機と言っても小さな飛行機ですよ。セスナよりもっともっと小さい。こんな感じ。二人乗りです。

こういう格好いいのもある。

そうかと思うと、こんな手作りみたいなのもある。

で、私がやってみたいと思ったのはこの手。つまり飛行機というハンググライダーと飛行機の中間みたいなやつ。

スピードも100キロも出ないし、エンジンが止まっても大丈夫(ハンググライダーみたいに滑空する)だし、風を受けながら飛ぶなんて最高に面白そう。で、この手が一番お金がかからない。免許は存在しないのだけれど、協会があってそこが認定証をだしていて、20ー30時間ぐらいの練習で取れるとのこと。車の免許と同じですね。で、それがないと飛べないので実質的な免許のようになっているとのこと。

これ日本でもマレーシアでも結構盛んだそうです。やってみたいなぁ・・・・・

こんなオヤジがって思ったのだけれど、なんとこの遊びは高齢者が多いとのこと。なんとなくわかりますね。子どもの頃に戦闘機乗りに憧れた退職者が歌を歌いながら空を飛んでいるんでしょう。

家から一番近いところは1時間で行けるし、そこは海岸の近くで対岸はノースストラッドアイランドという巨大な砂の島。海岸に発着陸が出来てキャンプをしたり釣りをしたりする人も多いとのこと。

おもしろそ~~~~~。

ヨメさんがなんていうか考えると気が重いのだけれど、とりあえず体験飛行だけでも行ってこようかと。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ