出血した~

シモネタなんですが、出血してました。

前立腺の手術をしたのが4年前ですか、TURPという昔からあるオーソドックスな手術。ブリスベンのそこそこ有名な良い医者にやってもらったのですがあまり調子がよくありませんでした。

いや、こりゃ完璧だと思ってたのは2年間で、まただんだんと調子が悪くなってきたんです。

前立腺肥大の手術なわけですが、これってあそこの先っぽからそれこそ耳かきみたいな手術道具を差込み、大きくなった前立腺を内側から削り取る手術です。ただ前立腺すべてを削り取ることは有り得ず、肥大して膀胱や尿道を圧迫している部分を削り取るだけで、その人によって削る範囲が違うようです。

私の場合は手術後の検査で約35%ぐらい削ったようなのですが、その残りの65%がまた肥大を続け、また圧迫するようになってきました。多分、その手術でもっと大きく削り取っていればこういうことはなかったと思われます。

で、出血ですが、手術後何ヶ月何年経ってから出血することはあるようで、私の場合は巷で言われるほどの出血は今までありませんでした。たまーーに、血の小さな塊が出てくることはありました。また、一昨年ニュージーランドに行ったときに非常に寒い日がありまして、そのときに若干出血があった程度。それとてその時だけで次の日には止まっていた。

で、今回、また小さな血の塊が出ているのに気がつきました。お手洗いに行くたびにそれはそれは小さな直径5-6ミリ程度の血の塊が出ていました。まぁ、これはさほど驚くことでもないし、痛みもないし、そのまま放っておりました。

ところが昨日の朝、お手洗いに行ったらびっくり。真っ赤っかです。ギョギョっとしましたっけ。多分、量でいうと3分の1は血のはず。その後、お手洗いに行くたびに真っ赤っか。

ちょっと焦りました。多分昨日だけで、200ccぐらいの出血はあったんじゃないでしょうか。もっとあったかも。

これが毎日続いたらうまくないことになります。すぐに病院に行こうと思いましたが、これって内出血なわけで、止めようにも止められるものじゃないし、出血が酷ければ輸血をし、そして出血している部分を焼くことになるんだろうと思いましたが、とりあえずいつもの出血の量が多い程度かと思い、もう一日だけ様子を見ることにしました。

で、本日。

ほとんど出血はなし。助かった・・・・

また出血があるようなら病院へ行くつもりですが、今回はこのまま。やばいかなぁ・・・・

ところで前立腺の手術ですが、これには何種類も手術方法があります。私がしたのはTURPという一番普及している手術ですが、この3-4年、新しい方法が広まってきています。

上にも書きましたが、TURPは内側から前立腺のある部分を削り取るだけの手術。ところが新しく広まってきたのは、前立腺の内側すべて、つまり前立腺をミカンにたとえると皮と実の部分があるわけですが、その実の部分を全て取り除いてしまう手術。HoLEPと呼ばれるレーザーを使った手術です。これですと再発は理論上ありえませんし、出血もこの方が少ないそうです。そもそもTURPでなぜ中途半端な削り方をするかというとこの出血も関係しているそうです。TURPの場合は輸血が必要な場合も多くあり、出血の度合いを見ながら削り取る範囲を決めているようです。

で、私の場合、再手術が必要であるならばそのHoLEPを受けたいと思っているのですが、残念ながらまだオーストラリアでは普及しておりません。日本ではどんどん普及しているようですが、どこでもやっているというわけではなし。

家でも売れて時間が出来たら、日本でその手術を受けようと思っていた矢先の出血でした。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ