車が売れた~~

次男坊の乗っている車(名義は私)が売れました。まだ3年経っていなくて走行距離22000キロ。スズキのスイフトAT。しっかりぶつけた傷がついていますが、その分を差し引いて現状渡しで7000ドル(激安だと思う)。来週中には引き渡し。

次男坊がシドニーに行くのは18日ですが、どうも我々夫婦も行くことになっているようです。ヨメさんが一緒に行ってみたいと言い出した。

次男が入居するところは大学構内のカレッジで部屋にはなんでも揃っているからヨメさんが行って何かする必要もないと思うのですが、今まで家を出て住んだことがない次男坊だからやっぱり気になるのかもしれません。

次男坊が出て行けば今度こそ本当に夫婦二人だけの生活。

気が重いです。我が家は決して仲良し夫婦じゃないし、一気に老け込みそうです。

私の生きがいって子供だけで、その他にあれをしたいこれをしたいという願望なんてほとんどありません。その辺は女性的かもしれなくて、ヨメさんは真逆。放任主義だったし、早く家を出て自立しろと子供達が小さい頃からそれを言い続けていましたっけ。男は家事が出来なくては駄目という考え方で、小さい頃から料理や家事は教えていました(私もしっかりそういう教育を受けました 笑)。ところが私は出来ることなら子供にくっついてどこにでも行きたいくらい。子離れできない親の典型でしょう。あの若者特有の話題、笑い、ノリ、あんな中でできることならいつまでも生活したいです。

しかし子供達も大学生。何をしてやるってこともなくて、遠くから見守るしかありませんが、じゃぁこれから我々夫婦二人だけで一体毎日何をして生きていったらいいのか悩んじゃいます。

せめて共通の趣味でもあればいいのですが、ヨメさんは旅行も嫌い、人付き合いも嫌い、スポーツは嫌い、日に焼けるのは絶対に駄目。でもお酒は大好きで、テレビと韓ドラさえあれば幸せな人。まるでナマケモノかコアラか、あるいはお尻に根っこが生えているんじゃないかと思うくらい。ああ、引きこもりと言って間違いがないはず。

私としてはやりたいこと、行きたいところ、チャレンジしたいことなど無くは無くいのですが、それら全てヨメさんから却下されています。いや、勝手にやれば?私はやらないけど・・とのたまう。

かといって、じゃぁ、俺一人でやるよ、行ってくるよなんてほど私としても欲求が強いわけではなくて、このままだとヨメさんと一緒に引きこもりになりそうです。で、お互い別々の部屋で好きなことをするって感じでしょうか。

最悪だ~~~~~~~~~。

そもそも私に自立心がないのかもしれない。一家の大黒柱が何を言っているのかと自分でも思いますが、今までを振り返ってみても、何かを自分のためにやったという意識がまるでありません。好きなことをやってきたのは間違いがありませんが、その中心にあるのは決して自分ではなくて家族。ですから家族を犠牲にして何かをしたなんてことは皆無だし、私は我が家の下男、働き蜂、そんな存在だったような気がします。

これからは自分のことを考えて生きるのが良いのかもしれませんが、上にも書いたように、心底やりたいと思うことがないんです。しいて言えばやっぱり家族の将来、まだ見ぬ孫たちのことを考えて、まだやれることがあるならそれをやろうと思う程度。自分以外のものに尽くす自分を素晴らしいと思うようなナルシストではありませんが、自分のために生きることが下手かもしれないと思うところもあって、またそれはもしかしたら男の特性かもしれないと思ったり。

ゴルフじゃ釣りじゃと遊び三昧はもうとっくに飽きましたし、でも何をしたいか、するべきかははっきり見えてきませんが、まぁ、あわてることなく、心の中にポッと何かが湧き出るのを待つことにしようかと思います。

(温泉入って美味いもの三昧の生活ってのも良いけど・・・・無理)

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ