非課税は麻薬

マレーシアの物価は安いとか、MM2Hの所得は非課税であるとか言われていますが、実際に住んでみないと実感としてどんな感じかわからないですよね。

で、いかに物価が安いかはお住まいの方に任せるとして、私がいつも書いている税金のことですが、これがなくなることによるメリットってのは本当に誰も話さない。不思議だと思います。私はこここそがポイントだと思うんですよ。

その税金と関係して、いかに生活が変わるかというのを、残金に焦点を当てて考えてみるのも良いと思っています。これに関しては前にも書きましたが、税金分が丸々ボーナスとして手元に残るって本当に凄いことではないでしょうか。なおかつ今まで以上に生活費が安くあがったらその分も手元に残る。

日本にいたときにはカツカツだったとしても、マレーシアに渡ってたとえ日本にいるときと同額使ったとしても税金分が残るんですよ。

毎月いくら使ったというレポートを出してくれる方は非常に少なく、私はまだ数例しか見ていません。その額も実は予想通りで日本の3分の1ということはありませんでした。

でも税金分が手元に残っているんですから、それをマレーシアの生活費から引いて計算してもいいわけですよね?日本にいたら入ってこないお金なんだから、それを生活費に回したと思えば、トータルから税金分を引いても良い。

そうしたらどうなります?生活費はグーンと低くなるんじゃないですか?で、それを感覚的に日本の3分の1以下になるって言い方をしているんじゃないかと想像しています。

高額納税者の場合は嬉しくて悲鳴がでるような結果にもなりうる。つまり今まで支払っていた税金の額よりマレーシアの生活費の方が安いとか。この場合も銀行残高を見るのが楽しみになりますよね。今までの何倍ものお金が毎月凄いスピードで溜まっていくことになりますから。

結局ここだと思うんですよ。マレーシアへ渡った方が安いイメージを持つってのは。

つまり物価そのものが安いのは横においといて、実際の自分のお金の出入りを見てみると、日本にいたときより残高の増え方が大きく早くなるんだろうと思うんです。この残高の大切さっていうのは、それこそ今までそればかり気にしていた人が大半なはずで、収入が多いとか少ない、使いすぎ、倹約しすぎに関わらず、一番大事なのはバランスで毎月、あるいは毎年いくら残せるの?ってところだったはず。

で、マレーシアに行くと、物価は思ったほど安くないなとは思うものの、残高はどんどん増えていく現象になるんじゃないでしょうか。

こんなことを言う方にはいまだ会ったことはないのですが、計算上ではそうなるのがわかるわけで、実はそこが安く暮らせると皆さんが思う最大の理由じゃないかと思います。

私だって収入じゃ生活費じゃはどうでも良くて、結果はまさに残高で、やっぱり残高が増えるのが一番嬉しいですもの。

逆を返せば、もし今後マレーシアのインフレが進む、あるいはそれと同じ意味でもあるリンギットが上昇したとしても、あるいは生活費が日本と全く変わらないような時代になっても、マレーシアが無税である限り、マレーシアにMM2Hで住む金銭的メリットってなくならないんですね。

でもこの味を覚えたらもう日本へは帰れなくなるかもしれませんね~~。

麻薬と同じ。(笑)

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ