アメリカに望む事

また馬鹿な話ですが、いつも思っていることを書きます。

アメリカに望む事。

1 原爆は大量殺戮兵器であり、日本にそれを使った事に関して正式に謝罪する事。

2 イラク侵攻の総括。あれは一体何だったのかはっきりさせ、当初の理由が間違ったものであるならば、責任者の責任追及をする事。

3 東京裁判は戦後作られた法律を元に行われ、法が出来る前の事柄をそれで罰した。それが「法の不遡及」に反していないならそれの理由を明確にする事。

4 裁判は関係の無い第三者が行うのが当たり前。関係者のみ、それも勝った側が負けた方を裁くのは異常。法的拘束力は無いにしても是非現代の第三者があの裁判を行ったらどうなるのか、シミュレーションで良いからやって欲しい。

とりあえず最初の3つだけでもやってくれれば私としてはアメリカを心情的に受け入れる事ができそうですが、こういう無謀な事を当たり前とするならば、アメリカの言うことを聞く気は一切ありません。

でもねぇ、アメリカにも正義はあると思っているんですよ。自浄作用が生きている国だとも思っていて、それは「村山談話」をふしゅう、あ、いやとうしゅう(踏襲)する、あるいは戦前の日本人が目指したものを主張さえ出来ない今の日本よりはまともかもしれないと思ったり。

日本に最初の一発を殴らせるために仕組まれた真珠湾攻撃と言われていますが、そうであったのかもしれないという情報は実はアメリカサイドから流れてくる情報を元にしているものもあり、これって凄い事だと思うんです。日本なら絶対にそういうのは出さないはず。

また「アメリカが使った原爆は違法である」と言い出したのは実はアメリカの弁護士であり(東京裁判にて)、それを聞いて慌てて記録をストップさせ、なおかつその部分を削除させたのがオーストラリア人の裁判官。

近年のアメリカからの情報を見ていると私の目には正論と映る政府批判をする論者も少なくないし、過去においても大きな政治的スキャンダルをすっぱ抜く正義もアメリカにはあるような気がするんです。事なかれ主義が蔓延している日本とは違った、理想を追い求め、そしてそれを実行に移す土壌があるようにも思います。

しかしまぁ、困ったもんです。日本はどうなっちゃうのか。左翼丸出しの民主党は話の外にしても、自民党の保守系も怖がって大事な事は言えない腑抜けばかりにみえるし、でも言えば政治家である事も危ういわけで、国そのものが中国をバカにできないくらいの言論統制状態。まだ中国の方がいいかもしれないとも思うんですよ。統制しているのは共産党ですから。でも日本の場合は国民そのものが「それに関しては言うな!」という国。

核武装だってそんなことは国民皆で決めればいいことで、それに関して話す事もするなというのが当たり前の日本って言論の自由が全くないのと同じ。

私としてはどうして日本がこうも左翼化したのかはやっぱりマッカーサーのせいだと思っています。彼は民主主義を持ち込んだけれど、実は言論統制もし、マスコミをあやつり、日本を正当化したり連合軍を批判するような論調は一切出ないようにした。過去に日本が良い事をした、あるいは欧米の悪い話を書いた本は焚書。全て焼き尽くされた。戦前の日本は悪い国家でその関係者は公職追放で葬られ、日本中の要職に就いたのはそれまで日陰に追いやられていた左翼の人たち。大学の学長もそうで左翼教育が大学でなされた。これがまさに学生運動に繋がっていったのだろうと思っています。マッカーサーが持ち込んだのは偽りの民主主義。でも日本国民はアメリカの旗を振ってそれを向かいいれた。

マッカーサーが左翼だって言うんじゃありません。当たり前です。ただ彼は徹底的に右潰しをしたと私は思うんです。従って左が力を伸ばした。で、それがそのまま残って影響力を持った。面白いのは国民が自分たちが左に傾いているって意識が全く無い事。まぁ、誰でも自分が中心ですから、バカの大足、マヌケの小足、丁度良いのは俺の足ってなもんでしょう。(笑)

でもこれは私にも言えることで、私が真ん中、当たり前だと思うことが右翼思想だと思う人も多いだろうと思います。ま、右でも左でもいいですが、自由な討論が出来る世の中であって欲しいと思います。もちろん国会もです。

あの当時、ヘルメットをかぶり手ぬぐいで顔を隠し、ゲバ棒を持って革命を叫んでいた若者たち。彼らはゲバ棒を捨て、今スーツを着て日本の要所要所にいる。マスコミもそう。教育界もそう。だから民主党が日本を外国に売り渡すような政策を次々に出してきてもそれに反対する勢力が育たない。鳩山さんに至っては「日本の国土は日本人だけのものではない」と言い出す始末。じゃぁ、北京にでもNYにでも行ってここは貴方たちだけの土地ではないと言ってきて欲しいなぁ。

でも昨今、若者を中心に、なんかおかしいんじゃない?というのが分かって広がりつつある感じ。その反面、「尖閣なんか中国にあげちゃえばいいじゃないか」というホリエモンが未だに若者の支持を受けてる。

まぁ、右でも左でもどこへ行くのも、尖閣を中国にあげるのもロシアに北海道をおまけでくれてやるのも日本国民が選ぶ事だから選べば良いのだけれど、それを選ぶのは国民である事が大事で、日本の主権を放棄して外国の言いなりになるような政治家の言動を受け入れる事は私にはできない。

寂しいなぁ・・・・・・

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ