ヒルトンプレミアムクラブ

久しぶりにホテルのプレビレッジシステムの話。

各ホテルグループは飛行機会社のマイレッジクラブみたいなものを持っていますが、それとはまた違うプレビレッジシステムの話。年会費を払うと誰でも会員になれるシステムで、ヒルトンのHオナーズ(飛行機会社のマイレッジみたいなやつ)は全く関係ありません。

無料宿泊券をもらえたり、宿泊の割引、そして私が一番気になるのはレストランの割引。一人だと25%、二人だと50%、三人だと33%引きになるというアレです。

かつてヒルトンにはヒルトンダイアモンドクラブというのがあって、もしかしたらそれは今でも通用するのかもしれませんが、いつのまにやら新しいシステムが出来たようです。

それはヒルトンプレミアムクラブ。

これは日本のヒルトンでもやっているようですが、これらは全世界共通ではなくてある国なりエリア限定でそれぞれ内容が違う。かつては結構広いエリアで使えたのが段々とそれが狭まっているようです。特に日本国内の場合は独自のものがあって、内容としてはどんどんつまらなくなっている様子。かつてはヒルトンホテル内の寿司屋でも二人で行くと50%引きなんて恐ろしいほどの割引があったのですが、突然寿司屋は対象外になったり、そして今では割引率が全く魅力のないものになっていたり。

今回見つけたのはヒルトンアジアのプレミアムクラブ。対象国は中国、タイ、そしてマレーシア

内容としては

Accommodation Benefits:

10% discount on standard and promotional room rates and 10% discount on the following items when charged to your room account:
restaurants, bars, room service, laundry, mini-bar, telephone charges and business centre services. Non-Transferable.

Lounge/Bar Benefits:

Ten percent (10%) off total bill (not including surcharge, cigarettes and cigars) in the Lobby lounge & Bar. Non-Transferable.

Dining Benefits:

25% discount when dining alone for lunch and dinner
50% discount when dining with one guest (2 people)
33% discount when dining with two guests (3 people)
25% discount when dining with three guests (4 people)
20% discount when dining with four guests (5 people)

この最後のダイニングベネフィッツというのが私が欲しいベネフィッツ。

ここで注意しないとならないのは、どのホテルグループのプレビレッジシステムでも同じですが、参加ホテル、そしてどのレストランでも有効なのか調べることでしょう。自分の好きなホテルグループを選んでも、行きたいホテルが参加ホテルじゃなかったとか、レストランも同じで、そこでは通用しないなんてことになったら全く意味がありませんから。

また私はプライオリティクラブのプレビレッジにも入っているのですが、メルボルンでこんな経験がありました。中華レストランでのことですが、お約束通りに二人で50%引きにはなるものの、生簀に入っている海産物は駄目だとの事。

詐欺だ~~~、なんて思いましたがこんなこともあるので要注意。

かつては我が家の近くのホテルの日本料理屋でアワビじゃイセエビじゃと堪能したことがありますが、そういう料理、特に和食の50%引きってかなり威力があると思います。ホテルとしては赤字だと思います。ただし飲み物は対象外なので、のん兵衛は調子に乗ると結構高いものにつくかも。

で、今回の話はマレーシアをターゲットとして話しているわけですが、参加ホテルは

Kuala Lumpur

○Doubletree by Hilton, Kuala Lumpur
Hilton Kuala Lumpur ←これが重要

Kuching

○Hilton Kuching

Petaling Jaya

○Hilton Petaling Jaya

クアラルンプールのヒルトンホテルに関して言えば、

○ Chynna (中華料理)
○ Iketeru (日本料理)

その他レストランはいろいろあるわけで、飽きることはないと思います。どこでも二人で行けば50%引き。これって凄いですよね。このチャイナとイケテルは高級店ですからお客を連れて行くにも全く問題なし。ただし、自分の家の普段食としてはチト高すぎ。たとえ50%引きだとしても元が高いわけですから、地元の店の美味しくて安い店の方がコストパフォーマンスは高いと考えて間違いはないかも。

ただ、美味しくてもプラスチックの皿は嫌いな人も世の中には多いし、たまにはお洒落してお食事もしたいとなればやっぱりホテル内のレストランは良いと思います。日本に比べれば間違いなく安いですし、オーストラリアと比べても価格、内容共に段違いに良い。

マレーシア以外では

タイ

Bangkok

○Millennium Hilton Bangkok

Hua Hin

○Hilton Hua Hin Resort & Spa

Pattaya Chonburi

○Hilton Pattaya

Phuket

○Hilton Phuket Arcadia Resort & Spa

また、私は中国のことはわかりませんが

Beijing

○Hilton Beijing
○Hilton Wangfujing Beijing

Chongqing

○Hilton Chongqing

Guangzhou

○Hilton Guangzhou Tianhe

Hefei

○Hilton Hefei

Kunshan

○Doubletree by Hilton Huaqiao Kunshan

Shanghai
○Hilton Shanghai

マレーシア在住時には私は絶対にこのプレビレッジシステムは欲しいし、タイや中国に旅行に行くときにも是非使ってみたいと思います。ただ、これは上記の国、ホテルのみ。他国は他国、あるいはエリアで独自のものを持っていて共通ではない。

そうそう、料金ですが648リンギット。1年間有効。これの元を取るのは簡単だと思います。


ヒルトンプレミアムクラブのHP
 ←クリック

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ