一段落

まぁ、自分の凝り性も自分で呆れるぐらいですがそこそこの物を作る理屈、ノウハウを理解し、どうにか自分でも作れるレベルになりました。って、カメラ関係の話。(笑)

タイムラプスです。微速度撮影とかインターバル撮影をして早送りで動画を再生するような効果を出す方法。

これって動画をふつうにとって早送り再生のような感じ(fpsを大きくする)でエンコードしなおせばいいような気がするのですが、それだとカクカクしたり、画質が良くなかったり、なかなか思うようにはなりません。あくまで動画の延長であるわけですが、タイムラプスの面白さはビデオ機よりはるかに綺麗に撮れるカメラの画像が動画として動くところにあると思っています。ですから、とりあえずのタイムラプスは簡単ですがその次のレベルを目指すと大きな壁があるようです。

でもま、この辺まではどうにかできるようになりました。シネマサイズ(映画)と同じで、画質もそこそこだと思います。今までの中で一番綺麗にできたと思います。

画質もそこそこ良いですし、是非モニターのフル画面、そして1080HDで見てください。

でも私が目指しているのは星景です。星空が映っている風景写真、あるいはその動画。これはまだ思うようにできません。というか星空を綺麗に写すにはそれなりのカメラが必要で、私は高感度に強いカメラを持っていませんので、どうしてもノイズだらけ、なおかつ星もろくに写っていない写真、動画しかできません。

ここが思案のしどころなんですねぇ。

星景に凝っている人たちは皆さんハイエンドと言われるカメラを複数台持っているんですね。ニコンのD3とかキャノンの5D2。そして明るい広角レンズ。まぁ、撮影機材だけで100万円は普通みたいな感じ。で、そこまで機材に凝るとエディターもそれなりのものがやっぱり欲しいわけで、ソフトだけでも20万円以上のプロ御用達ソフトが欲しくなりそうです。私が今欲しいと思っているソフトはアドビのアフターエフェクトというソフトとTwixtorというプラグイン。これがあるといろいろ出来る。その他、フォトショップ、それ用のトパーズラボのさまざまなプラグイン。考え出したら止まりません。(笑)

でも私としてはそこまでやる気はなし。というか、正攻法ってのがそもそも嫌いですから、どうにかあの手この手でやってみようとは思うのですが、基本的に星が写せるカメラがない限りは無理。

ではどの程度のカメラが必要かという話ですが、私が主に使っているマイクロフォーサーズではかなり難しい感じがします。でも新機種のE-M5とかGX1ならどうにかなるかも。費用対効果が高そうなのはソニーのNEX-5Nかな。KISSもよさげ。バッテリーグリップが付くタイプが良いのでしょう。撮影枚数はかなりいきますから。

いつかこんな動画(↓)を作ってみたいです。このジャンルではこの方が世界のトップクラスだと思っています。素人さんのようですが、基の写真そのものが凄いから動画も綺麗。そしてこの方のすごいのはBGMも自分で演奏しているところ。自作曲という点では私もいくらでも持っているわけですが完成度が違うんですね。また、彼の感性の凄さにはちょっと普通の人は太刀打ちできないでしょう。ピアノが映像とマッチしていて、ちゃんと音楽と映像がリンク、コラボしている。本当に凄いと思います。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ