あの怪しい投資家集団

前の日記にちょっと触れましたネットの中でも不動産投資、海外投資のプロ中のプロと有名なカタカナのあだ名を持つ人。最近の彼の動向を調べてみたのですが、調べれば調べるほど頭に血が上ってきました。(笑)

なぜかあの一派はニックネームを持つのが好きなようで、カタカナの名で呼び合う様子。信者もその傾向があるのは見ていてわかると思います。

本名も明かされていますので、その本名で検索してもまぁ色々でてくることでてくること。彼が関わって訴訟になった事件は決して少なくない。

面白いのはそのニックネームで検索すると、ネット対策したとしか考えられないサイトがずらーーーっと並びます。つまり彼を崇拝する、尊敬する、あるいは最初は疑ったけれど実は凄い人だったみたいなサイト、ブログが上位に来ます。

これってバカだなぁと思うわけですよ。ネットを利用して儲けてきた彼らだからネットの重要性を良く知ってる。だからちょうちん記事を書くブログをたくさん作ってSEO対策しているんでしょう。つまり、検索時に上に並ぶように手を打ってる。

でもね、内容を見るとほんの数ページしかないようなブログで、その彼を持ち上げている文章だけが書いてあったり。そして彼の主催するクラブへ飛べるようなリンクがある。

これじゃ、我々仲間内で作りましたって宣伝してるようなもんじゃないですかね。ブログの名前は違っていても内容はほとんど同じの数ページしかないブログばかりなんですから。

でも彼のことを悪く書いているブログやサイトは狙いとおり、上位には来ない。

そこで検索語句に「裁判」とか「訴訟」なんてのをつけてみるわけです。するとでてきますよ、いっぱい。

こんなことは誰でも気が付くことだし、提灯記事しか書いていないブログをトップに並べたところですぐばれるのがわからないんでしょうか。こういう子供っぽさが彼のビジネスモデルにも出ていると私は思うわけです。また彼の自画自賛でカリスマ性を築き上げてきた経緯があるのでしょう、そういう評判を結構気にするタイプだというのが、そしてそういうカリスマ性を作るのが非常に有効に働くことを知っているというのが、このSEO対策やネット内での話の進め方で読めてきます。でもやっている内容は子供っぽいのね。すぐバレちゃう。

例えばトータル300万ドル程度のアメリカの不動産物件(8件かな)で頭金、その他、最初の投資金額が50万ドル弱で、あとはローン(これは家賃で返済)。そのローンは彼ともう一人の仲間が個人保証する。で、この投資案件をファンド化してその必要な50万ドルを広く一般から集める。そして予想配当は2年間で100%かな。倍になるって話し。

おもしろいでしょ?

何百億も持つ不動産王にしては随分小さなファンドだし、50万ドルぐらいの金をどうして一般から集めます?期待利益は2年で100%、つまり倍になるってことだし、ローンは彼らが個人保証するから投資家は安全ですと。

そんなうまい話なら自分でやれよ。

ま、調べるとこんな話がぞろぞろ出てきます。

どうして彼が、そして彼が率いる軍団が今も張り切ってやっていられるのか本当に不思議です。

儲かるから?

ま、そうでしょうね。ただ参加者らしきブログを探して読んでいますと、末端の一投資家で利益を出しましたってのは少ないように感じます。ほとんどが一味と言って良い様な人ばかりで、不動産投資で財産を作りましょう。私は実践中です。海外にも出ましょう。どこそこ(どこだかわかりますよね)の不動産は有望ですと、そんな良い話の羅列。

どんな考え方、どんな手法で投資しているのかの話はそこには出てこないんですよ。最近はあのカタカナあだ名の彼の名前は出さないほうが良いと思う人がいるのか、ちょっと一味とは思えない書き方をするところもあるのですが、内容はどこも一緒なんですね。だからすぐバレちゃう。

セミナーに来てみませんか?ってやつ。

これって私も若い頃にマルチにずっぽし浸かってマルチの虫と云われたくらいですからピンと来るんです。手法が全く同じ。あるいは最近はどうだか知りませんが、昔はいくらでもいた街角で声を掛けて儲け話がありますよ、とか、英語に興味ありませんか?(英語教材を売る)とかと全く同じ手法。あれをネットの中で展開しているだけなんですね。

で、そういう人集めに貢献している人は利益が出るんでしょう。セミナーで成約があればバックが来るのかもね。だからあのカタカナのニックネームの人を神様のように語るし、あるいは彼じゃなくてナンバーツーだか知りませんが同じくカタカナの名前(トランプのカードの一つ)だったり。

ま、E-Bookの販売から個人年金ファンド、海外不動産と幅広い商品群を持っていて一つの宗教団体みたいな感じさえ受けます。当然活発に動く信者も少なくない。

ま、それでも良いですよ。自分だけで儲ければ良い2年で倍になるような案件でも、皆さんと一緒に儲けたいのですという理念があるんでしょうから。そしてそれを有難い、神様のようだと思う人は一生懸命着いていけばOK。

ただ、過去に何をして来たのか、訴訟問題に発展した投資案件がどういうものであるのか、それだけはちゃんと見たほうが良いと思います。

あああ、それと非常に面白かったのが、彼のビジネスになんと前の日記にも触れたあの一世を風靡した光通信が資本参加しているのがわかりました。

錬金術師達は横のつながりが凄いのかもね。

ま、暇な人はいろいろ調べたら面白いです。経済小説のネタになるような話ばっかりですから。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ