windows8.1にアップグレードしてみた

マイクロソフトのタブレットPCであるSurface proを今使っていますが、Windowsを8から8.1にアップグレードしてみました。データ量が多いのでダウンロードに時間がかかりましたが、操作は簡単。ストアからアップグレードを選んだだけ。

でも私には違いらしい違いが全くわかりません。(笑)

8の時にデスクトップを使いやすいようにカスタマイズしたせいか、スタートメニューがちょっと変わったな、ぐらいのことしかわかりません。

かと言って、いろいろ調べて使いこなしたいという気持ちも湧いてきません。これが私にとってのWin8の一番の欠点で、どうでもいいやという感覚しか持てないのね。多分、小さなPCの限定的な視覚の中でいじっているからそう思うのかもしれないけれど、デスクトップでWin8は使いたくありません。きっと超初心者には使いやすいのかもしれないけれど、それだけに何がどうなっているのかが見えないのね。そのストレスって凄いものがあります。

PCを全くいじったことのないヨメさんにはWin8が良いのだろうとは思うけれど。

大きなアイコンをタップあるいはクリックするだけで良いし、細かい設定はしない。わからないことはわからないで終わらせる。そしてもちろんデスクトップ画面は使わない。PCに合わせて自分をカスタマイズする (笑)。そういう使い方をするならWin8は良いかもしれない。

ビデオ・DVDデッキは借りたDVDを見るだけで、録画予約も何もしないで使うのと同じみたいな。(笑)

しかしWindows8は嫌いですわ。昔からどうもマイクロソフトって馬鹿なんだか利口なんだかわからないところがあるような感じがするんですよ。使いやすいようにしているつもりなんだろうけれど、その方向性が違うように感じます。で、ちょっと何かいじろうとしたり、おかしなことが起きるとオタクか技術者レベルじゃないと何をどうしたら良いのかわからないような・・・・。そもそも右クリックというわけのわからん人間の動きには無い不自然なものを作ったのがマイクロソフトの間違いの象徴みたいな気がします。今じゃそれがないとどうにもなりませんが。(笑)

その点、Macは常に一般人を前提にして作っていると感じます。最近のMacは全く知りませんが、20数年前、Macに転向した時に3歳の長男が一人で動かして遊んでいたのが忘れられません。技術の差じゃなくてフィロソフィーが違うのね。

でもWindowsも凄くなったと感激したことがありました。やっぱりWindows98。これでやっとマルチメディアに対応したと思いましたもの。

これ覚えています?これを見た時に本当に感激して何度も何度も繰り返し見ていましたっけ。パーソナルコンピューティング時代の夜明けを感じました。(Macではなんてことのないアタリマエのことだったけど 笑)

Good Times by Edie Brickell

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ