ウクライナで核爆弾投下か?

まさかと思う話がネットの中を飛び回っています。

戦闘が行われているウクライナのDONETSKという街での大爆発が、核爆弾、核爆発ではないかとの話。

化学工場が爆発したようですが、その爆発が尋常ではないようです。

キノコ雲に見えますね。

またこのビデオを見てください。爆発地点と随分距離があるようなのに、衝撃波(?)が半端じゃないようです。

NATOの衛星が撮ったとされる写真も出回っている(嘘っぽい)。

e0171614_14172355

どこまで本当だかわかりませんが、気になるのは放射能。でもこれは小型の水素爆弾だろうという説が多い。水素爆弾は核分裂ではなくて核融合。そして放射能は出ない。

これが本当なら世界中が大騒ぎになるんでしょうが、その気配はない。爆発そのものもニュースにならない。でもウクライナでの紛争に関しては、現地の情報がいやに少なく感じるのは私だけでしょうか。

ウクライナはソ連時代、核開発、製造の拠点が随分あったと聞きますし、1991年当時は「世界第三位の核保有」があったとのこと。今回の爆発も、「なんだ化学工場か」と思いますが、ウクライナの「化学工場」って一体何を意味をするのかが私にはわかりません。

爆発があった街にある飛行場をドローン(小型のヘリみたいなもの)で撮影した動画もありましたが、これって紛争じゃなくて、戦争そのものに見えますね。

今年の1月に投稿されたニュース動画。

世界が狂いだしている感じがしますね。

 

 
    

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ