外人って気さくで良いなぁと思う瞬間

このコンドには外国人(オーストラリア人って意味じゃなくて)がたくさんいるのですが、エレベータに乗ると面白いんですよ。皆それぞれ母国語をしゃべりますから、「ここはどこだ?」みたいな感じ。

今日はカップルと一緒になりまして、聞いたことのない言語をしゃべっているように聞こえたので、

「何語をしゃべっているんですか?」

って聞いてみたんですよ。

すると

「スペイン語ですよ。彼女はベネズエラから。僕はコロンビアから。貴方は?」

「私は日本です。」

「へーー、何かスペイン語を知ってますか?」

「ノ、コンプレンド」(わからないというスペイン語)

これで一同大爆笑。他に乗っていた人たちも大笑い。

こういう雰囲気って良いなぁって思いました。

彼女たちがエレベータを降りるときには笑顔で「アディオ~ス」「チャオ~」なんて言葉をかわし、他の人たちもニコニコしながら「See ya」「Have a nice day」なんて皆が言葉をかわして降りていきました。

オーストラリアって元々こういう国で、道端でボケーっとしていると「Do you need my help?」なんて聞いてくるオッサンがいたり、地図を広げていれば「どこへ行くんだ?」なんて連れてってくれたり。そんなことが何度もありました。

そんな中で長年生活していますから、私もスーパーで年寄りとか障害者が車いすに乗ったまま買い物をしているのを見つけると、声をかけて商品を一緒に探したり、高い棚の物を取ってあげたり普通にするんですよ。

ベンチに座って、隣に誰かいれば自然に会話が始まるし。

でも日本に行くと違うんですよね。声をかけないどころか、目も合わせないようにしないとならない。前回日本に行った時には池袋のホテルに泊まりましたが、ロビーで隣りに座った日系のハワイ人夫婦と小一時間話し込んで楽しい時間を過ごしたのですが、相手が日本人だと「死んだふり」をしないとならないのね。(笑)

でも大阪は違ったなぁ。

私一人で電車の中で地図を見ていた時でした。隣りに座ったおばちゃんが「あんた、どこへ行くの?」と話しかけてきて、あーでもないこーでもない、あそこへ行ったら何を食べろのどうじゃのと、結構おしゃべりが面白かった。

こういう雰囲気って良いなぁ~~~~~~~。

そういう雰囲気をあたりまえだと思っている我が家の息子達が、高校生ぐらいの時かな、日本へ遊びに行って帰ってきた時に「日本人は死んでる」って言ったのが忘れられません。みんなニコリともしない石像みたいに見えたんでしょう。そして笑いかけても知らん顔されたりしたのかも。

「日本では知らない人に話しかけたり、笑いかけたら駄目なの!それが常識!」って私は子供たちに言いましたが、あれが日本の礼儀だとしたらなんか変だと思いますわ。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ