安保法案可決ですかぁ。この日は覚えておいたほうがよさそ

とうとう安保法案が可決しましたね。もちろん野党は採決に反対して、結果的には与党単独で可決。数の論理だからしょうがないと思いますが、後味が悪い感じがします。

国民の理解を得られていない。ここが焦点だと思いますが、今回の法案は「理解が難しい」あるいはそもそも理解できるわけがない内容だと感じます。まして反安倍のやマスコミや野党の一部も「恐怖を煽る」戦法を取っていたわけですから、理解を深めようという動きとは言えない。ま、なるようになったとしか言い様がないと思いますが、日本にとっては新たな世界に一歩踏み入れることになると私は考えていて、今後この法律をどう運用するのかが気になります。

私としてはこれに賛成というより、時代のニーズなんだろうと考えていて、逆にこの法律じゃやるべきことも出来ない部分があるという指摘もあって、決まったものの本当にこれで良いのかどうかも疑問。やっぱり良くわからない。(笑)

今日のこの強行採決を国民が後悔する日が来るのかどうか。それは良い意味でも悪い意味でも日本が歩き始めた第一歩ですから、この日のことは心に留めておこうと思いました。

可決したからこれで終わりじゃなくて、今日が始まりなんでしょうね。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ