MT4のインジ+テンプレートに関して【相場】

私のMT4のインジ+テンプレートに関して興味がある方だけ読んで頂きたい。

以前から、私はなんでもオープンですし、私が使っているMT4のインジケータやテンプレートを含むセッティングと同じものが欲しけれだお譲りしますと書いています。

それなのになんで出さないんだよ~~。(笑)

実は本日、新たな方からメールを頂きまして、譲っていただけないかとのこと。

今はちょっとドタバタしていますが、8月に入り、引っ越しも済んで落ち着きましたら準備しますので今しばらくお待ちください。

でも「出す」といったのになぜ今まで出さないのか。ここに関してちょっと書かせて下さい。

世の中には様々な手法があり、それにあったインジケータ、パラメータ、組み合わせがあるわけですが、当然、私のは私の手法に合うようにセッティングしてあります。そして私の性格やクセも考慮しています。なおかつ、私のはグチャグチャに見えますが、あれはあれでそれぞれのインジケータを見る優先順位があるんですね。またそれもその時々重視するのが違います。

つまり、私の道具箱みたいなものなわけで、その都度いろいろ使い分けているってこと。

ではその道具箱そのものをですね、そのままお渡ししても意味がないと思うんですよ。それぞれの道具をどう使うか、どういう場面で何を使うか、それがわからない限り全く使い道がないんですね。

結局、なんだかゴチャゴチャしててわけがわからない、で終わるんだろうと。今までも何人かの方とメールのやり取りで細かい話をやりとりしましたが、結局、それでどうにかなったかというと全く、全然、どうにもなっていないんですよ。そもそもそういうやりとりをして気がついたのは、それぞれの道具の特徴も理解しようとしないし、それどころか、私の基本中の基本である、「トレンド方向にしか出撃しない」「出撃は限りなく逆張りに近い順張り」というのも理解していない。何を見るべきかもわかっていない。そういう方々ばかりでした。

なおかつ、多くの方が、これなら勝てるんだと大きな期待を持っているんですね。でも私の手法はスキャルですが、一分間に何回も出撃する方も中にはいらっしゃって、そういう機関銃みたいなトレードでも、私の手法を使えば勝てると思っていたとか。

でもそうじゃないわけですよ。

機関銃の如くトレードするのではなくて、いかにここぞというところだけをピックアップするかが大事で、ちょっとでも怪しいと思ったら出撃しない、ちょっとでも思った方向に動かなかったら逃げる。そういう方法でしか無くて、このチャートのセッティングを使えば勝てるってことじゃないんですね。でもその大事なところをお伝えするのはメールのやり取りでは不可能だという結論がでました。

このチャートを使って、実際にどこで売買するべきか、自分がここだと思うところに印を付けてくれとか、あるいは実際に売買したならそこはどこなのか、どこで成功してどこで失敗したのか。その出撃撤退の理由は何なのか。それをチャートに添付して送って欲しいと私がお願いしても、面倒くさいのでしょう。きっちりそれをやってくれた人はたった一人もいませんでした。数字が並んだだけの売買データだけ送ってきた人はいましたが。

多くの方はハイハイ、ってなもんで、そのまんま。自然消滅ですよ。一生懸命になってる私はバカ丸出しでした。

結局ですね、これじゃどんなインジを使っても同じなんですね。変な癖があればそれを矯正しなければならないのに、そしてそこが何よりも重要なのに、それの重要性もわかっていない方ばかりでした。殆どの人が簡単に勝てると思ってたみたい。

もう30年近く昔の話ですが、何度かチャート分析の有料講習会に行った時代があるのですが、その頃を思い出すんですよ。理論をいろいろ学ぶのですが、講習の最後に質疑応答が普通ありますよね。それを聞いて愕然としたんですよ。「今、買いですか?」とか「どの株が良いでしょうか?」とか。この人達ってなんだろうって思いましたよ。それの読み方を勉強しに来ているのに、講師に聞くことは、「何を買えば儲かりますか?」という質問。

その時にですね、参加者を見ていましたら、その質問者だけじゃなくて、ほぼ全員が身を乗り出して真剣に講師の言葉を聞こうとしているのがわかりました。本音はチャートの勉強なんか真剣にやるつもりもないんですね。

私も株式新聞や週刊誌、月刊誌を買い漁った時代がありますからわかりますが(笑)、結局発想は同じなんですね。「金がほしい」「勝ちたい」という欲の塊になっている。

そもそも勝つために一番大事なのはそういう「欲」と「恐怖」をどう克服するかということであって、チャート分析なんてのはチャートを見て、そこに出ていることを重視することによって「欲と恐怖」を乗り越えるだけのものでしかないのかもしれないんですよ。そもそもどんなインジケータでもローソク足の焼き直しでしかありませんよね。つまり、インジケータの動きを理解すれば、ローソク足を見るだけでインジが表すパターンは見なくてもわかるようになるんですね。逆に、インジケータを見ればローソク足がどう動いているのかもわかる。所詮そういう関係でしか無いと思うんですよ。

どのインジケータが80のラインを上から下に抜いたら売りだとか、赤の線が青になったら書いだとか、そういう見方をしていたら勝てないという、そういうことそのものをチャートが教えてくれると私は思うくらいで、その道具を使えば勝てるんじゃないんですね。

ちょっとその辺の説明が上手くなくて申し訳ありませんが、今の私は、所詮、私のテンプレートを使っても勝てないだろうと思っているということなんです。そういうのがわかりましたので、テンプレートを出すのを渋っていました。出しても意味が無い。でも私としては厳選してこれ以上使いやすいものは無いぐらいに思っているわけで、「なんだこれ、全然勝てないじゃんか」とはやっぱり思われたくない気持ちもあるわけです。

また出すと言って出さない間に、やっぱりやる気がある人は私のチャートの左端に出ている欄を見て、どんなインジをどんなパラメータで使っているか調べるんですね。私もそういうことは積極的にやるタイプで、どうしてもわからないのがあると連絡してきた人もいます。基本的にはそのぐらいのチャートに対する意気込みがなければ駄目なんだろうとも思うところがあって、あえて何か言ってくるのを待っていたなんてやらしいことを考えたこともあります。でも真剣味もなく、簡単に考えている人ばかりで嫌な思いをしたことのほうが多いのでそれで良いと思っていました。

でもま、約束ですから出します。少々お待ちください。

ただし、有料で作ってもらったもの(赤矢印)。市販のインジケータ(黄色矢印)もありますが、それは割愛させてもらいます。

---------(後記)-----------

真ん中のは有料で作ったもらったものではありません。他のインジケーターと間違えていました。

2015-07-29_03h16_07

きっと、なんだこんなものと思われると思いますが、こんなものでも私の飯の種で非常に大事なものなんです。これらを選び出し、どういう組み合わせでどう使うのか、そのノウハウを得るためには膨大な時間も費やしています。そのことに関して、リスペクトしてくれとは言いませんが、私の大事な大事な子どもたちと同じ思いを私は持っていることは忘れないで頂きたい。このMT4のセッティングは私が長い間使っていたCQGやeSignalよりよっぽど見やすく(自分の中では)完成度が高いと思っています。

そしてどういう対象商品、どういう時間帯、どういう動きならどのくらいをT/P、S/L目標にするかとか、その辺の事もしっかり考えてちゃんと使えば、こんな程度のチャートでもだれでも勝てるはずなんです。

それと前に書いていたことですが、私達がマレーシアに居を移してから、落ち着いたら「特訓セミナー」をやるとここに何度か書いたことがあります。1週間でも2週間でもあるいは1ヶ月以上かかろうが、マレーシアに来ていただければ実際に売買しながら勝てるようになるまで特訓しますと。

これってやったことはないのですが、多分大丈夫だと思っていて、本気でやる気のある人にはそういうチャンスを作って良いとも思っていました。もちろん無料ですが、条件がありました。それはもし勝てるようになったらいつかその方法を私の息子たちに教えてほしいと。(笑)

ところがですね、あれからいろいろありまして、我が息子の日本での就職を止めさせまして、トレーダーとして育てることにしました。それはこのブログにも書きましたが、やっぱり私にとって、そしてダボ家に取って大事なのは、もう目も弱くなり、頭の回転も悪く、そして身体もピピっと反応しなくなった今、息子に全てを伝えたいと思うようになったのです。でもそれが可能かどうかわかりませんが、息子もその気になりましたのでそうする方向で進んでいます。

私の優先順位としてはそれを第一にやらなくてはなりませんので、他の方々に特訓セミナーをやれるかどうかわかりません。ただ息子とは話しているのですが、彼の友人でも将来に行き詰まって悩んでいるようなのがいたら、トレーダーとしての生き方もあると、どうにか教えてやれと。またもし余裕ができたらの話ですが、アメリカに良くあるタイプですが、ネットでもリアルでもトレーディングルームみたいなものを構築して、そこで皆でああじゃこうじゃ言いながら実際にトレードをして切磋琢磨するような場を作るのも良いだろうと。ですから、いつかチャンスがあるかとは思いますが、私としてはとにかくマレーシアに行くこと。そしてゆっくりじっくりそして確実に息子を育て上げないとならないこと。これを優先しなければならないことはご了承ください。

またこのブログで知り合った方で、相場で財をなして数年前にシドニーに家族で移住してきた方がいます。何度かお会いして「朝まで討論会」をやりましたが(笑)、その方は私とはまるで違う手法で、性格も全く違う。そして半端じゃない理論派の方でその方も「教えられることは教える」というオープンな方ですので、いつかその方ともジョイントしたらなにか面白い方向性が出せるのではないかと思っています。息子も弟子入りさせる予定でいますが、真剣にやる気のある方がいらっしゃったら、皆で何かしら面白いことが出来るかもしれませんね。

でもその方は「他人に同じことを教えるのは多分無理」という持論を持たれています(笑)。ただし、成功するのには絶対条件があって、それは「好きであること」とおっしゃいます。私もそうですが、テレビを見るくらいならチャートを見て研究するほうが好きというタイプですし、そういう変わった人もこの読者の中にはいらっしゃるようで(そういうコメントを頂いた)、技術は伝承しなければ意味が無いと私は思っていますし、トレード環境は昔に比べたら格段に良くなっていますし、ネットさえ繋がっていれば生きていける世界ですから、なんらかの結果を出したいと思っています。

相場の悟りと言ってはなんですが、欲と恐怖を乗り越えたところに何かフト見えるものがあるのかもしれません。でもそれがわからない限り、同じ道具を使って何十年頑張っても勝てないんですね。私の持論は「敵は己の中にあり」でそれに気がついただけでも勝てるようになると思っています。損切りが出来ないとどうにもならないのは誰しも知っているはずですが、なぜそれが出来ないのか、これは永遠のテーマだと思いますが、その原因は自分の欲と恐怖なんですね。たったそれだけのこと。気がつけば簡単に克服できますが、気がつかないといつか地獄を見る。これがトレードの世界だと思います。でもその差って大したことじゃないんですね。

ま、あまり細かいことを書いてもしょうがないですが、これが私の考えている根本的なものです。

ダラダラと書きましたが、真剣にやれば絶対に勝てますので、是非頑張っていただきたいと思います。結局マラソンと同じなんですね。諦めた人から脱落していくだけ。ただ走り続けるには大きな失敗は許されませんし、チャートとは別に建玉法もしっかりしたものがないと技術を身につける前に脱落するはず。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ