慰安婦問題の日韓合意は馬鹿げてる

年末の突然のニュースをホテルで聞いてびっくりしました。本年度中の解決をしたいと言っていたのが本当になりましたから。

私としてはまず両国が折れることはなく、合意してこの話は終わりにしようなんて絶対に無理だと思っていましたから。でも合意した。

ニュースを聞くと平和裏に合意したようですし、アンケートでは評価するという日本人が多いという。でも本日、日韓両外相共同記者発表の内容を見て唖然としました。あ~~~~あ、この国は本当に・・・・・・

結局、適当なところで妥協すれば良いのにという日本人特有のいい加減さがまた出たのだと思います。

公式文書は外務省のホームページから見れます。日本語はここ。(クリック)

岸田外務大臣の弁だけ抜粋します。

日韓間の慰安婦問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,日本政府として,以下を申し述べる。

(1)慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。
安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。

(2)日本政府は,これまでも本問題に真摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算により,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。

(3)日本政府は上記を表明するとともに,上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。
あわせて,日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

日本的感覚でこれを読めば、まぁ妥協点としてはこんなもんだろうと思うかもしれません。

でもこれってかなりいい加減な言葉の羅列なんですね。これの英語版を見てみます。ここ(クリック)

自分は詳しいことは何一つ知らない外国人だと仮定してこれを読んでください。

The Government of Japan and the Government of the Republic of Korea (ROK) have intensively discussed the issue of comfort women between Japan and the ROK at bilateral meetings including the Director-General consultations. Based on the result of such discussions, I, on behalf of the Government of Japan, state the following:

(1) The issue of comfort women, with an involvement of the Japanese military authorities at that time, was a grave affront to the honor and dignity of large numbers of women, and the Government of Japan is painfully aware of responsibilities from this perspective. As Prime Minister of Japan, Prime Minister Abe expresses anew his most sincere apologies and remorse to all the women who underwent immeasurable and painful experiences and suffered incurable physical and psychological wounds as comfort women.

(2) The Government of Japan has been sincerely dealing with this issue. Building on such experience, the Government of Japan will now take measures to heal psychological wounds of all former comfort women through its budget. To be more specific, it has been decided that the Government of the ROK establish a foundation for the purpose of providing support for the former comfort women, that its funds be contributed by the Government of Japan as a one-time contribution through its budget, and that projects for recovering the honor and dignity and healing the psychological wounds of all former comfort women be carried out under the cooperation between the Government of Japan and the Government of the ROK.

(3) While stating the above, the Government of Japan confirms that this issue is resolved finally and irreversibly with this announcement, on the premise that the Government will steadily implement the measures specified in (2) above. In addition, together with the Government of the ROK, the Government of Japan will refrain from accusing or criticizing each other regarding this issue in the international community, including at the United Nations.

ここが重要です。

with an involvement of the Japanese military authorities at that time, was a grave affront to the honor and dignity of large numbers of women,

「an involvement of the Japanese military authorities」 ってなんですか?日本軍が関与したと認めたわけですよね。ではどう関与したんです?私が外人だったら「やっぱり(巷で言われている)強制連行は本当でとうとう日本がそれを認めたのか」と考えます。そして「large numbers of women」って何人なんですか?「ああ、やっぱり20万人か」って思います。

つまり韓国の言い分、世界で騒がれている内容をそのまま認めたってことになる。でも外務省的発想だと「強制連行も20万人という数字も認めていない」っていうんでしょう。そりゃその通り。それに関しては何も書いていないんですから。

結局ですね、それを認めれば韓国はもうこれで何も言わないという条件を飲んだってことですね。最終的には安倍さんが判断したことですが、これは外務省がもちろん主導で進めたことで、結局、宮沢元総理の謝罪、河野談話、村山談話をそのまま踏襲してるってことですよね。外務省は一体世間で何が問題になっているのかというのをまるでわかっていない。でも日本語で読むと日本人らしい表現で、こんなもんかな?と思ってしまう。これってユネスコの時と同じじゃないですか。英語で読むとニュアンスが違う。外務省はそんなことはわかっていて言葉を選んでいるのに腹が立ちます。

外務省は外務省の判断があって、それは国民が大騒ぎしているのとはまるで違うってことがはっきりしたし、これで世界中での騒ぎが収まると思ったらバカとしか言いようが無い。外務省は、日本vs韓国のことしか頭にないんでしょう。アメリカを始め世界でどういうことになっているかに関しては知らん顔をする。

そりゃ韓国政府は今までみたいに言わないでしょう。では海外ではどうなります?「日本が認めた。金も出した」と報道される。つまりですね、アメリカ議会での決議やあちこちの慰安婦像を認めるってことになる。それどころか「慰安婦象設置に関して日本は(日本人は)反対できない。それどころか協力するべき」と言われてもしょうがないんですね。アメリカにおける慰安婦像の設置に反対しても、結局は「政府が認めたことだ」と言われて跳ね返されて来ました(グレンデール)が、また韓国の言い分にお墨付きを与えてしまった。

でも1965年の日韓基本条約で解決済みという点は守った。外務省って自分のことしか考えていない?

ただ日本大使館前の慰安婦像に関しては何らかの動きがあるでしょう。あれはそもそも国際条約違反であり、韓国の国内法違反でもあり、本来なら「韓国が撤去する」と言えば終わる話なのに韓国政府は放置している。でも外務省は日本の面子としてあの大使館前の慰安婦像に関しては撤去してくれと言った。韓国は努力すると言えば終わりで、民間団体がやっていることをどこまで抑えられるのか。また政府は努力している形を取れば良いだけのことで、民間団体は「日本政府が正式に認めたぞ」とこれから声を大にして騒ぐであろうと考えるのが妥当。まさかと思うなら、上の英語文をよーく読んでくださいな。

安倍さんがよくこんな内容でOKしたと思いますわ。慰安婦象設置反対、それの撤去、朝日糾弾で動いている人たち、海外で子供が虐めにあって困っている人たち、海外に真実を知らそうと頑張る人たち、そういう人たちの努力も思いも全てぶち壊した今回の合意。

そしてこの合意を評価する大半の日本人。

これって狂っている、絶対におかしいと思う私が少数派?

慰安婦の問題なんか面倒だから適当なところで手を打って、もうガタガタやるのはやめてくれってこと?

今頃、河野氏も村山氏もニタニタしていることでしょう。そしてアメリカのホンダ議員も。そしてこれからはもっと張り切って、そして大手を振って活動できると喜んでいるであろう福島瑞穂。

ああああ、どうしてこんな日本になってしまったんだ?

そういえば岸田氏は韓国と妥協しろとずーっと安倍さんに言い続けていたという噂があります。岸田氏に安倍さんが折れないとならない自民党事情、取引でもあったんですかね。あるいはアメリカからの天の声か・・・・・。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ