マレーシアでの車の購入:ディーラーは全くやる気なし

マレーシアで車を買う予定ですが、出発が遅れたこともあって、また注文してから数カ月待ちは当たり前のようなので、マレーシアに行く前に注文をしようと思ったんですよ。

買うつもりだから詳細を教えてくれと、前にコンタクトを取ったディーラーに連絡を入れてもらったんですが・・・

な~~んの返事もなし。

こんなもんですかねぇ。

どうもMM2Hの特典で買う車の場合、営業マンに旨味がないみたいな話を聞きました。もしかしたら扱いが営業マンじゃなくて会社になるとか?

それにしても自分が儲からなくても会社や営業所としては目標もあるだろうに。

これもまた、This is Malaysia なんでしょうか。

参ったなぁ・・・。

あの車は買うなってことかな?

実は私が買おうと思っている車種ですが、ハイブリッドが出たんですよ。で、ご存知のようにハイブリッドは特典税制があってかなり安くなるんですね。ハイブリッドじゃないやつをMM2Hの特典で買うのとほぼ同じ価格。激安です。

これってどう考えるべきかちょっと悩んでいます。将来的に安いハイブリッドが出回るとなれば、全く価格が違うノンハイブリッドは「好きものしか乗らない車」ってことになるんじゃないかと。つまり中古価格がハイブリッドにかなり引っ張られるような気がするんです。だって3-5年落ちの中古車と同じ価格でハイブリッドの新車が買えちゃうんですから。

これはトヨタのカムリも同じで、競合車としてホンダのアコードがありますよね。で、去年だったかカムリがハイブリッドのみになったんですよ。(2.4リッターがなくなったという意味。2リッターはハイブリッドではない)トヨタマレーシアのサイトを見るとハイブリッドしか出ていない。で、価格はというと、アコードと今までのように競っているのね。つまり、税金が安いカムリと、税金がしっかり掛かっているアコードの戦いになっているということ。

カムリでもアコードでもどっちでも良いやと思うのであれば(2.4リッタークラスの場合)、またハイブリッドに抵抗がないのであれば、カムリを買うほうがかなりお得ってことじゃないですかね。じゃぁそのカムリを免税で買えばもっと安くなるのか、なんて考えても駄目。免税とほぼ同じ特典がハイブリッドにあってすでに安くなっているんですから。

私はハイブリッドって運転したことさえなくて、車好きとしてはイマイチかな、みたいな気がしています。ハイブリッドだからってチンタラしているわけでもなくて結構早いのは知っているんですが、車重も重いし、加速感がまるで違う。

私が買おうと思っている車種のハイブリッドもかなり早くて、カタログデータでは0-100km/hでもコンマ3秒しか変わらず。私は加速が悪い車って嫌いですが、この程度の差なら全く問題なし。つまりですね、免税で買えないとしたらこのハイブリッドに決まりとなるかもしれない。だって定価で30%以上安いんですから。

これは免税で買えない人も同じことを考えるだろうと思うし、ノンハイブリッドの中古車価格がかなり引っ張られると思うんですよ。

3リッターのストレートシックス+ターボだ~~、なんて喜んでいるやつはそれを手に入れるためにとんでもない額の損がでるのかもしれない。

でもハイブリッドはハイブリッドでもプラグインハイブリッドってやつで充電しないと駄目なタイプ。だから駐車場には特殊な電源装置が必要となって、コンドを点々とするような人には買えない。

ただし、世界のハイブリッド市場を見るとこのプラグインハイブリッドを各社出していて、かなりの売れ行きなのね。だからトヨタもホンダも危なくなるんじゃないかと自動車評論家は囁いている様子。どうも世界の潮流が変わりつつある様子。

そもそもクアラルンプールで運転するなら小型の方が良いし、スズキのスイフトじゃ小さすぎるにしても、私の本音としてはカローラとかシビッククラスが一番使いみちがあると思うわけです。マイビーも凄い売れ行きらしいけれど、そうだろうなぁと思うし。

ちっこいのを免税で買うのが一番利口かもしれない。で、やっぱりあの車がほしい・・・と思えば激安のハイブリッドを買えば良い、ってことになりますかね。ハイブリッド車の減税措置がいつまで続くかわかりませんが。この措置も本来は2015年で終わるはずだったし。

また優柔不断なジジーの悩みが始まる・・・・。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ