「トレーディング環境」の進捗状況

マレーシアに何をしに来たかというと、お金を稼いで貯めるため。(笑)

それなのにトレーディングの話はこの3ヶ月まるで出てこないし、どうなっちゃっているのかと気になる方も若干名はいるはず。

トレーディングがスタートしますと間違いなく「引きこもり状態」になりますので、その前に、マレーシアでのストレスのない衣食住環境を作らなければなりません。

って、いつも食べる話ばかりじゃないかって声が聞こえてきそうですが、ま、衣食住の中の「衣」は安物の着たきりスズメですから良いし、「住」も想像していた以上の環境を得ることが出来て、そして我らが「ディーリングルーム」になるはずの小部屋も「ファミリールーム」と呼ばれているリビングとは別の空間があり、それをほんのちょっといじるだけでOK。普通の家なら「AVルーム」「子どもたちがゲーム、映画を見る部屋」って感じですかね。どちらにしても「住」もOK。

問題は「食」なんです。マレーシアにある多くの料理を「楽しむ」という考え方は我々にはまったくなくて、新しいもの、未知なるものを追い求めるのではなく、「今まで通りのストレスのない食」を確保するのが私達の目標。

最初はあれもないのかこれもないのかとちょっと焦りましたが、売っているところもわかってきましたし、「無いものは日本でもどこからでも取り寄せる」方法を取ることにしました。我々の欲しいものがマレーシアにあるのか、それを探し回る時間の余裕もありません。

それこそ「伊勢丹」に売っているものだとしても「日本からの通販」で簡単に買えれば私としてはそちらを選びます。これを言うと「え?」って言う人がいるんですが、皆さんが日本に住んでいても同じでしょ。いちいち百貨店には出かけずに通販で買うのが普通になった現代です。

マレーシアでも同じで半日かけて伊勢丹に行くのは苦痛以外の何者でもありませんし、伊勢丹で揃うものも微々たるものでしかありません。また価格的には日本は「アマゾン」という最強の味方がおりまして、なんでも格安で買えますし、転送業者を通してマレーシアに送ってもらうにしても1週間もかからない。

もうすでにイギリスから鍋類、日本から食料品、調味料、マレーシアのLAZADAやアメリカから調理器具、その他雑貨はTescoを使うようにしてどうにか日常の必需品調達のルーチンも出来上がりました。それどころか、普通の店では買えない「あれやこれや」のルートも開発できまして、まず食生活では全く問題なく、今まで通り、そして我々が望むものはいつでも手に入る状況になりました。

ここがいちばん大事なところで、これが上手く行かないと日々のストレスが溜まりますが、ま、今のところは問題なく先に進めそうです。

ということで、トレーディング環境ですが、まだ必要なPCも入手しておらず、ゴールドコーストにいたときと同じPC環境もなく、こちらで買ったノートPCでどうにかネット環境にアクセスは出来るという程度。

ただ、一番気になっていたのはモニターで、複数のモニターが必要ですが、私と息子とモニターばかり何枚も使うのは効率も悪そう。コンドの電力の容量の問題もありますし、最初から狙っていた「4Kモニター」を入手しました。

これは読者の方から「ここで売ってるよ~」と教えていただいたもので、LAZADAで買いましたが、この業者、この4Kモニターしかなさそうで、とりあえず1台買いました。42インチというPCのモニターとしては巨大と言ってもいいくらいですが、4K表示しますとこれでも「文字が小さすぎる」んですね。

つまり、普通の24インチ程度のモニターをつかっているのと同じようにするには2倍の48インチはないと文字が小さすぎることになります。

でもま、文字が大事なところはズームアップし、チャートを並べるところは文字や数値は読みませんのでこれでOK。

4Kモニターということは普通のモニター4枚分の表示域があるので、かなりの情報量を一枚のモニターで映し出せるのは良いと思っています。

このモニターの大きさ、解像感、そして置く位置、距離などをまず確かめて、これなら行けるぞというのがわかったので、あと2台、追加注文をして昨日届いたばかりです。

4Kが3枚で、最大HDモニターの12枚分の表示領域がありますが、4Kを2Kに使っても問題ないわけで、大きく見たいものは大きく、細かくても良いものは細かい状態で、どうにかできそうです。

ただ4Kモニターをストレス無く表示させるにはそれなりのPCパワーがないと駄目で、メインのPC選びにちょっと今、戸惑っています。

自作PCはやめようと思っていて、DELLでもHPでも出来合いのものを使う予定ですが、スペックが希望と合わないんですよ。でも合うものもあるんですが、それって「ゲーム機」なんですわ。

ま、ゲームほどPCパワーを要求されるものってないわけで、それにすればよいのですが、この手のPCって見るからに「ゲーム機」なんですわ。意味がわかりますかね。ケースの形状が派手だったり、いろいろなLEDライトがあったり、ディーリングルームに置くとかなり違和感があるようなPC。

でもこれしかなければしょうがないので、それにする予定。この場合もまずは1台購入して動かしてみて問題がなければもう一台入手する予定。

4Kモニター3台、高性能PC2台なんて、どのくらい投資しないとならないか心配だったのですが、今の時代、激しい競争でかなり安くなっているのね。42インチの4Kモニターが2200リンギットぐらいで買えるのですから驚きどころじゃありません。

私が長年使っていたDELLの30インチもかなり高くて、4Kで42インチだとなれば30万円ぐらいのことを言われてもしょうがないと思っていたんですよ。ところが6万円。良い時代になりました~~。

ま、そんなこんなでPCを入手し、ディーリングルームにも机だのなんだの入れないとなりませんし、PC環境を作り、そしてなおかつチャート、データの入手、チャートの調整、そして新たなブローカーとの契約、これまた自分が思うとおりにすんなり注文が通るブローカーなのかとかいろいろありますので、それらもクリアし、実際にトレードがスタートするのは1月いっぱいは掛かるんじゃないですかね。

KLに上陸してから3ヶ月ですが、この間、一切チャートは見ていません。あの大統領選のときの動きも、日経平均が18000円を超えたのもまるで見ていません。世の中で何がどう動いていたのかもさっぱりわからず。

でも私たちはスキャルパーですから、世界の動きの大勢を見る、知る必要は全く無く、目の前の小さな動きだけを取っていく職人みたいなもんですから、世界がどう動いても全く関係なし。気楽なもんです。

ただ一つ気がかりなのは、息子のこと。

彼がどこまで出来るのか・・・・・・・。

ま、頑張ります。

「このままでは終われない。まだ夢の途中、諦めない・・・」

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ