どうしようもなく「低品質」なコンドの電化製品

今借りているコンドそのものにはかなり満足しています。立地も部屋からの眺めも、コンドの作り、管理にも問題らしい問題は見当たりません。

でも部屋の調度品が・・・・・。

最初からレントに出すつもりでオーナーは買ったに違いないと思っています。売り出された時に「標準的な内装」みたいなのがあって、他の部屋にもほとんど内容が同じってのがありますから。

そして電化製品。これは販売時にデベロッパーが厳選した電化製品が組み込まれている。

なんだかんだ言ってもこのコンドが建って10年は経っていますから、あの当時の「レベル」を考えればこんなものかと思ったり。

でも「酷いレベル」ってこともない。ま、こんなもんだろうと。

ところが洗濯機や乾燥機、そしてテレビなどはオーナーが自分で選んで買うんですね。

我が家のコンドで問題になるのはこの洗濯機と乾燥機。

私たちは家具類にはこだわりがなくて、自分が所有して長い年月を過ごすなら別ですが、1年か2年しかすまないのならこれでも良いか。つまり「イケヤレベル」でも我々としては問題なし。

ところが洗濯機や乾燥機ってほぼ毎日使うものじゃないですか。こいうのが低品質だと非常に困るんですね。

我が家の洗濯機、乾燥機は決して時代遅れの製品ではないものの、高機能、高額のものでもない、普及型。普及型と言っても日本のメーカーの普及型ならまだ違うと思うのですが、メニューも単純でいろいろ選べないし、本当に最低必要な機能があるだけというもの。

それでもちゃんと動けばまだしも・・・。

洗濯機は水もれがあって、ウェットキッチンがまさに文字とおりのウェットになるくらい。すぐに修理屋に来てもらって直したのですが(オーナーの支払い)、次の日にはまた水もれ。(@_@)

乾燥機は熱い空気をダクトで家の外に出すようになっているのですが、そのダクトがハズレていてどうやっても繋がらない。これも修理屋に頼んだら、何か本体とダクトの間に入れるべきパーツがあるようで、それを入れたら問題なし。

問題なしと思ったら、すぐにダクトが破れてしまいました。すぐに修理屋を呼んだのですが、このときは無料。

これで一段落かと思ったら、またダクトが破れた。

修理屋を呼ぶのも良いのですが、今回は自分で梱包用のテープでぐるぐる巻きにして応急処置しただけ。

コンドそのものは本当に良くて気に入っているのですが、シーリングファンがイヤに五月蝿いので修理屋に来てもらったら、ネジというネジが全てゆるゆるだったり、他のロングステイヤーみたいに水もれがして大騒ぎなんてことは我が家の場合は全く無いのですが、電化製品の質の悪さには閉口しています。

ヨメ 「しかしあっちもこっちもよく壊れるわよね~~」

ダボ 「そういう製品をよく作るよな」

ヨメ 「なんでかしらね~」

ダボ 「でも考えてみれば、これだけ簡単に壊れるってことは部品も売れる、新製品も売れる、修理じゃないんだと雇用も生まれて、経済活性化に貢献しているってことかもだな」

ヨメ 「なるほどねぇ。(笑)」

ダボ 「日本も見習うべきかもだ。(笑)」

なんて冗談を言っていました。

でもこういう一般製品のレベルが低いのはオーストラリアも同じで、我々は結構それに慣れていたはずなのに、マレーシアでは新たな驚きがある。

これも結構慣れてきましたが・・・。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ