「ハズキルーペ」はやっぱり違うわ。素晴らしい~~。

去年の今頃ですが、「ハズキルーペ」を買ったとブログに書きました。そして当時に「ハズキルーペもどき」も何本か買った。

ハズキルーペって眼鏡のようなルーペ(拡大鏡)で、非常に便利。ヨメさんはいつのまにか「老眼鏡」は使わずにハズキルーペばかり使うようになりました。

ところが使用頻度が高いと壊れることも増えるわけで、それも考えて上で「ハズキルーペもどき」も買ってみたわけです。この「もどき」ですが、そこそこ良くて、でも価格は数分の1。かなり安い。Amazonでいろいろ売ってる。

ところがですねぇ、これを使い続けていると「やっぱりハズキルーペのほうが良い」のがわかるのね。見え方もそうだし、そして「壊れやすさ」も違う。ハズキルーペの価格の数分の1でも壊れやすさが数倍なら全く意味がないわけですが、いくつか買った「もどき」は簡単に壊れたと言っても良いくらい。真ん中から折れたり、レンズが外れたり。そして見え安さはハズキルーペの方が数段上で、「もどき」の中には「見ているものが歪む」物もありました。

当然、これらは眼鏡ではなくてルーペ(拡大鏡)ですから、歪んで見えるのは当たり前と言えば当たり前ですが、やっぱりハズキルーペはそれを軽減するためにいろいろ考えられているんじゃなかろうか。

だからやっぱりハズキルーペだね、と我が家では決まりましたが、どんなにハズキルーペがもどきより良く出来ていても、使う人がアホだと意味がない。

ヨメ 「ハズキルーペって良いわよね~。よく見えるし、壊れないし。でもさぁ、この前、買い物に行った時に失くしちゃったのよ。どこを探しても見つからない」

ですと。(T_T)

ば~~~か、としか言いようがない。orz

ということで再びハズキルーペ。Amazon。去年買ったときより安くなっているみたい。

これ、良いと思うわ~~~~~。

私はと言うと、長年、「安物の老眼鏡」をたくさん買って、家の中、鞄の中、車の中のあちこちに置いてあったんですよ。今でも10個程度は持っているかもしれない。

ところが、ある時、NSKに行った時に、普通の眼鏡屋でまた「安い老眼鏡」を買おうと思ったら、「オーダーメイド」でも安いのに気がついた。じゃぁ、作ってしまおうと思って作ったのですが、これが予想以上の出来。前にスリアKLCCの伊勢丹の中にある「日本の眼鏡店」で作ったものより全然安くて、調整もうまく行っていて、なんでこれまでこれほどよく見えるようになるのを知らなかったのかと悔しい思いをしたぐらいです。私の場合は左右の必要な強さは違っていて、それプラス乱視。これをきっちり調整してくれたNSKの中の眼鏡屋。

丁寧な店だし、安いし、今まで(の安物)とは別次元で良く見えるし、何個か作ることにしました。安いフレームが2個。ちょっと高めのが2個。

全部で4本。これで400リンギちょっと。一本平均3000円弱ぐらいです。もちろんフレームもレンズも込み。

これらを買ったのは去年の10月で、まだ7ヶ月ぐらいですが、一本も壊れていないし、失くしていないし、絶好調。(笑)

ヨメさんにも作れば?と勧めたのですが、ヨメさんはハズキルーペの方がよく見えるからそっちの方が良いと。そりゃそうだ。ルーペ(拡大鏡)なんだから。

でも彼女は、ハズキルーペを掛けていると、他人から見たら「異常に大きな目玉になる」というのにまだ気がついていない様子。(笑)

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ