「GSOMIA継続」を決める直前に、韓国は【中国と防衛協定】を結んだ

あれだけ「強がり」で「俺が俺が」の国、韓国が、私はGSOMIAの継続をするとは思っていませんでした。

そもそも文大統領は就任前からGSOMIAには反対でしたし、韓国で「共産主義革命」を起こして北朝鮮と「赤化統一」するのが彼らの夢だとすれば、日米とは距離を置いて、中国には寄り添うフリをして、いつの日にか「いかなる国の圧力にも屈しない、栄光ある朝鮮民族国家」を作ろうとしているんでしょう。そのためには【核】は絶対に必要だし、韓国は(必要があるとは思えない)原子力潜水艦(弾道ミサイル発射可能タイプ)を持とうとしていることからもそれが見える。

理屈は全く通らないにしても、日本のせいにして「GSOMIAの解消」ができるのなら、そのチャンスを逃すほうがおかしいと思うくらい。

でもかな~~り強烈なアメリカからの圧力があったんでしょうね~~。

でも日米ともに、「韓国を疑っている」のは別に今始まったわけでもなく、前から「韓国に渡す情報にはフィルターがかかっていた」と自衛隊OBは言っている。ましてや昨今の動きから言って、GSOMIAの解消をしたいのは日米じゃないかと思うくらい。

でもそれじゃ「日米韓」の団結にヒビが入るのを世界に知らしめることになるし、少なくとも体裁だけはブルーチームの一員であるという韓国の意思表示を迫ったんじゃないかと。またGSOMIAって【情報保護協定】であって、「情報を得るため」というより、【得た情報を他に流してはならない】ところに主目的がある。

そういう意味では、もうすでに今の時点で多くのアメリカ製近代兵器が韓国にあるし、情報も秘匿しなくてはならないものがごっそりあるんでしょう。だからGSOMIAをやめると、その情報が外に流れる心配もあるんじゃないですかね。

しかし韓国としてはここでGSOMIAの継続を決めてしまうと、中国に対しても北朝鮮に対しても益々、合わせる顔がなくなるのに、それでも韓国は継続を決めたというのに不可解なものを感じます。

ところが~~~~~~~~~~

継続の決定前に「韓国は【中国と防衛協定】を結んだ」とのこと。日本ではこれが報道されていないらしい。

やるじゃないですか~。

それでバランスを取ったつもりだろうけれど、【中国と防衛協定】って「どこから東アジアを守る」つもりなんですかね。

アメリカは「GSOMIAの破棄」以上に、この防衛協定にブチ切れると思うんですが、どうなんでしょうか。

全方位外交と言うかオオカミ少年みたいなのは韓国のお家芸だけれど、これって「どの国からも信用されない」ってことになるんじゃない?

でもま、それは昔も同じで、それを平気で歴史的にやってきたわけだから、韓国としては当たり前のことでしか無いのか。

問題は、どっちつかずってのは韓国だけではなくて、他のアジア諸国、そして世界に広がっているってことでしょうか。

どの国も、どちらにつくべきか考えている。

ある意味、日本がやっていることを見ると、同じ様に悩んでいるように見えなくもない。中国にはおべっかを使うばかりだし。

 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ