円安が凄い。ん?ドルが買われているのか?

日本での「COVID-19」の蔓延に嫌気がさしたのでしょうか。円が売られてドルが上がっている。

USD/JPY

私の感覚としては、「不安が始まったレベル」でしかないのに、それにしては随分売られたなぁという感じ。

でも実際に、日本円で資産、資金を持っていると「危険だ」という兆候はまだ出ておらず、これは一過性の動きじゃないかなんて思っています。

もし本当に日本がヤバいとなったら、こんな動きじゃないわけですが、その時が来るのかどうかはわからない。

また、日本がヤバい時には、日本は世界一の債権国でお金は海外に出ていますから、それを「日本に戻す動きが大きくなる」わけで、それがいつも言われているリスクオフで、円高の動きになる。

日本からお金が逃げるなんてのは経験したことがないのでさっぱりわかりませんが、「逃げる資金」と「戻される資金」が相殺されるのかななんて思ったり。

「COVID-19」に関して、別の日記では「命を守れ」と書いていますが、経済的に考えますと全く違う考えを持っています。

「初期は風邪と同じレベル」「重症化すると危ないけれど、それは限られている」とするならば、【弱者は見捨てて、風が通り過ぎていくのを待つ】のが経済的に一番負担は少ないはず。意外に日本政府はそれを狙っているのかもしれませんが・・。

結果的に、年寄じゃ弱者は大変なことになりますが、日本の経済的な負担は少なく、時間が解決するんじゃないですかね。

ただその間に、サプライチェーンがどうなるのかってのは全くわからず、今、中国から部品が入らない、野菜も入らないと騒ぎ出していますが、「日本国内のサプライチェーンも崩れる」ことがあるとかなりややこしいことになりそう。

でも将来のことはわからないわけで、こんな時の投資判断はそれこそギャンブルになりかねませんし、「混乱はチャンス」であるのは間違いがないものの、まともな人は静観が正解なんだろうと思ったり。

ただ、デイトレ、超短期トレーダーなら通常より大きなトレンドが出来ますし、ボーナス時期が来たと思って頑張るのはアリだと思います。

我が家が気になるMYR/USDを見ています。

ぎょえ~~、凄いことになってる。ドル高、リンギット安。

すぐに我が家のお金を管理している長男に聞きました。

ダボ 「お前、米ドルをリンギットに替えるって話はどうなった?もう替えたのか?」

長男 「いや、まだだよ」

ダボ 「何やってるんだよ。替えようって決めただろうが」

長男 「額はそんなに多くないし、リンギット安トレンドだから慌てなくても良いと思って・・・」

ダボ 「でもなぁ、【やると決めたことはすぐやる】のが約束だろう」

長男 「そうなんだけど・・・」

ダボ 「でも、替えなくて大正解。チャートを見てみろ」

長男 「ぎょえ~~~」

ってなもんです。

両替をしようと決めた場所は、矢印の位置。

「下げトレンドの中の【一息ついた場所】だけかもしれない」と書きましたが、そのとおりになってしまいました。

長男が両替しなかったことでお小遣いができちゃいましたが、これって駄目なんですよね。何よりも大事なことは「決めたことをやる」のであって、「偶然、儲かったとか結果オーライは失敗と同じ」という認識が大事だと思っています。ということで、月曜日には銀行に行って両替してきます。

また、ちょっと大きな額を交換するチャンス到来かもしれませんので、それに関しては別途、長男と相談して今後の方針を考えることにします。

さて、日本円は?

MYR/JPY

円安だけれど、大きな動きではない。

これってやっぱり、ドル高なんですね。他の通貨を対米ドルで見てみると、軒並みドル高になっている。

気になったのが、中国の影響を一番受けると言われている韓国。危険水域だと言われている1200Wを越えてしまっている。いまのまま推移、国内のウィルス感染が広がり、中国の影響も大きくなるとキャピタルフライトが加速して悪夢のIMF危機が再び起こるかもしれない。当時は日本も手助けをしましたが、次回はそれはなさそうで・・・。

また、世界におかしな風が吹くとすぐに売られる豪ドルですが、また酷いことになってる。

去年、イヤ、一昨年か、豪ドルを全て米ドルに替えたのは大正解。

かつては「豪ドルと心中をするつもり」といつもこのブログに書いていたこともあったのに、世の中の移り変わりは早いし、波に乗り遅れるととんでもないことが起きるのがよくわかります。

でも将来のことは「自分勝手な予想」は出来ても、どうなるかはわからない。

少なくとも出来ることは、「何かおかしい・・・」と思った時に行動することだけですが、それとて生半可な読み、勇気、決意じゃ出来ない。

ああああ、生きるのって本当に大変だわ。

どちらにしても、表題の「円安」ってのはちょっと違っていて、「米ドル高」が起きているってこと。だから最初にダラダラ書いたのは全て的外れ。すいません。

じゃぁ、どうして突然のドル高が起きたのか?

申し訳ないですが、この数日間、「COVID-19」のことばかり気になって、世界情勢は全く見ていません。アメリカで、世界で何が起きているのかさっぱりわからず。

これからちょっと調べることにします。

あらら、円はユーロやスイスフランに対しても大きく売られているなぁ。

ちょっとそれぞれの通貨の関係をもっとしっかり見ないと駄目ですね。

今の時点ではわけわからず。

どちらにしても、円はうまくない状態みたいだわ。デフレスパイラルの再来ってことか・・・・・。

日本売りの始まり?

こういう時には「高橋洋一教授」の解説を聞きたいなぁ。どこかにないだろうか。

 
 
 

No tags for this post.