北朝鮮はどうなっているか

28日には何か発表があるのではないかと言われていましたがそれはなかったですね。でも何か起きているのは間違いがなさそうで、アメリカも「手術をした」のは言っている。

日本ではトランプ氏が「前の情報は間違えている」と言ったと報道されていますが、トランプ氏は「incorrect」言ったのであって、「正確ではない」といっただけで、間違えている、問題が起きたわけじゃないと言ってるんじゃないですね。非常に含みがあることを言っている。

ニュースでもいろいろ言われていますが、公のニュースだと「想像」は言えないし、「不確かなこと」も言えない。かと言ってネットの中で言われている「噂」まで聞いてしまうと糞味噌一緒になると思うわけです。

で、ここは龍谷大学の「李相哲教授」の解説を聞くのが良いと思っています。

26日の情報ですが、この時と変化はないと思います。

金正恩に異変、28日までに重大発表か!(2020.4.26)


どうなる?金正恩後継体制!(2020.4.26)


金正恩は“重体”か“死亡”かトランプは何か知ってる?


中国と北朝鮮の国境に、大規模の中国人民軍が集結しているのも間違いが無いようで、これは何のためかは誰にもわからず。万が一の時に「北朝鮮からとんでもない数の人民が中国に向かう」ことは考えられるわけで、それに対処するためか、クーデターに備えているのか、自ら北朝鮮に入ってなにかしようとしているのか。

北朝鮮で何が起きても関係ないと思う人も多いかもしれませんが、難民が出るようだと日本も関係ないなんて言えませんし、もしお坊ちゃまが死んだとしたら、後継者がいないわけで、すんなり妹の金与正氏で収まるわけがない。それによっては動き出す国もあるはずで、またそれを止めようとする他の国も出てくるはずで、大きな問題に発展する可能性はかなり高いと思っています。

どうなるかわかりませんが、「万が一の時には何が起きるか」の想像ぐらいはしておいても良いんじゃないかと。

 
 
 

No tags for this post.