やっと日本からのEMSが届いた

日本からマレーシアへのEMS小包2個口ですが、やっと届きました。

7月30日に日本で引き受けされたものは8月17日に到着。18日間。

8月1日の分は8月21日に到着。20日間。

どちらも同じ郵便局で引き受けされ、同じ宛先です。そして両方とも(運良く)通関はスムーズで課税されることはありませんでした。課税されてもおかしくない内容ですが。\(^o^)/

ちょっと不思議だなと思ったのは、2つとも「全く同じ日の同じ時間に【同じ国際交換局からマレーシアに送付】」となっているのに、マレーシアに到着した日にちには差があること。

でもマレーシアに到着してからは2-3日で配達されたのは同じ。

詰まっているのは「国際間の動きのみ」なのは間違いがない。

また読者の方からメールで情報を頂いたのですが、東京からと中部地方からの発送では「中部地方からの方が早く配達された」とのこと。

日本から海外へ送る「国際郵便局」は東京、中部、大阪とありまして、「混み具合がそれぞれ違う」ってことなんでしょう。

また国際便というと、私達は「日本とマレーシア間の旅客航空便」を考えてしまいますが、旅客を乗せる一般的な航空便の他に「貨物専用便」も飛んでいるはずで、また【成田-クアラルンプール】というように直行便だけでなく、「他の都市、他の国を経由するケース」もあるんじゃないですかね。国際郵便局から出て航空会社に送られる時に、航空会社間での効率化が図られているのでしょうし、それは郵便局とは別のシステムなので郵便局のトラッキング情報には出てこない。

多分、そんなことになっているんじゃないかと想像しています。

次の日本からマレーシアに送る必要がある品物がすでに転送業者に届いていますが、早く着くDHLの料金を調べましたところ、とんでもない料金なので諦めました。アマゾンから直接送ってもらうときは安いのにね~。ま、しょうがない。

 

No tags for this post.