「東京ラブストーリー」を30年ぶりに見た

フト、昔、流行った「東京ラブストーリー」を見たくなりました。1991年の放送。30年も経ったんですねぇ。

なんで見たいと思ったんだろうか。

歳を取って得るものも多いけれど、失うものも多いのは自覚があって、特に「自分の心の中にしっかりあったもの」が段々と消えていく寂しさがあるからかもですね。

アマゾンプライムビデオにありました。海外からだとVPNサービスを使わないと見れませんが。

いや~~~、良かった~~~~。

感動が戻ってきた~。

それと時代は30年前で、街の雑踏や当時の格好、食事、遊び方とかが「自分の時代」だと感じました。あのときのままの自分で止まっているのがわかる。(笑)

でも「恋愛」とか「友情」で自分の心がどう反応するかというと、やっぱり「過ぎた日々」でしかないのね。

感動はするけれど、それは「昔を思い出す」だけであって、今の自分の生活にそれはない。

そういえば、あの当時、「心は身体のどこにあるのか」がピンポイントでわかったのを思い出しました。胸が痛くなる時に「心はここにある。間違いがない」なんて思うことがあるのね。

でも今はあの頃の痛みを感じることはない。どんな痛みだったのかも忘れてしまったような・・・。

でも不思議なもので、ドラマを見る以上にこの主題曲を聞くと「あの時」が戻ってくる。

音楽って本当に不思議だと思う。一曲一曲に「写真」と同じ様に「思いが詰まっている」のね。

いや~~~、これは良いわ~~~~。

 

まだ30代の頃の自分に会えたというより、あのときの自分に戻ったような気がする。

自分の身体も頭も、そして精神もどんどん老化して駄目になっていくし、生活環境もすごいスピードで変化するけれど、あの時に自分の命をかけて守ろうと誓った人も子供たちも今、身近にいる。

実は今、何も変わっていないのに気がついた。

こんなだった私達。

神様ってやっぱりいるんだろうと思う。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ