中国がとうとう自ら墓穴を掘った

中国を中心とした世界情勢に興味がある方がどのくらいこのブログの読者にいるかわかりませんが、私は今、非常にややこしい状態にあると思っています。台湾問題もそうで、どんどん煮詰まってくる感じがしています。尖閣も同様。

そして西側諸国は一つにまとまりつつあるように見えるし、中国はそれを崩せるのか。

そんな時に、中国が「反外国制裁法」を制定した。

これは外国から制裁を受けた際の報復制裁を規定したもので、制裁に協力した者も対象とする法律。

Newsweek日本版

6月10日、中国で「反外国制裁法」が制定された。外国から制裁を受けた際の報復制裁...…

中身は結構厳しくて、外国の制裁に加担した場合はかなりの罰則がある。

●中国が外国から不当な制裁や内政干渉を受けた時は、中国への制裁を決定・実行した関係者(個人や組織)やその親族を中国政府がリスト化して「報復リスト」を作成し、罰則を与えることができる。

●罰則の内容は主として「入国拒否や国外追放」、「中国国内の財産凍結」あるいは「すべての中国企業との取引禁止」(筆者注:すべての中国企業に対して、当該個人または組織との取引を禁じる)などが含まれている。これらの対抗措置は国務院の関連部門によって決定される。

●いかなる組織や個人も、外国が(筆者注:たとえばアメリカが)中国の公民や組織に対して行った差別的な制裁の実施を支援してはならない(筆者注:例えば日本などの特定の企業がウイグルの綿を買わないなどの行動によりアメリカの対中制裁を支援すること)。

● 関係する組織や個人が規定に違反し、中国人民や組織の合法的な権利や利益を侵害した場合、中国人民や組織は人民裁判所に訴訟を起こし、侵害の停止と損害の賠償を要求することができる。

●中国国内の組織と個人は反外国制裁法措置に従う義務がある。それに従わない場合は、法的責任を追及される。

つまり中国との関係を良く保ちたいとするなら、(例えば)「アメリカの言うことを聞くな」ということ。

では企業が中国側に立てば、当然、アメリカからその企業も制裁対象となる。

企業は「どちら側に立っても制裁を受ける」ことになりやしませんかね。

となれば、「どちら側に立てば【傷が浅いか】」を計算するわけで、果たして中国側に付きたい企業や個人がどれだけいるんでしょうか。

私はこれは毎度の習近平の「自信過剰」から生まれた法律だと思うんですよ。でももしかしたら、私は中国の底力を読めていないのかもしれないけれど、例えば日本企業にしても、中国を選ぶ企業がどれほどありますかね。中国だけに大きく依存している企業ならそれもわかりますが、日本の大手企業は世界を相手にしているわけで、例えばトヨタやパナソニックが中国側につくとは考えられない。

またアメリカの制裁対象となれば、それに日本も追従しないとならないのは戦後のお約束で、そうなれば日本企業が日本国内でも排除されたり制裁対象になる可能性は高い。そうならないように経済界は動くにしても、日本国内の中国批判はそれなりに強いわけで、日本企業が「商売は別」だと逃げ切れるとは思えず。

習近平は歩み寄りを見せるかと思ったら、反撃のパンチを打ってきた。

これって墓穴を掘る事になるんじゃないですかね。

習近平の本気度が見えてくれば、中国から離れる企業はかなり増えるんじゃなかろうか。西側諸国は西側のサプライチェーンの構築を考えているのに、習近平はそれが加速するようにしてしまったとしか思えない。

彼にしてみれば、「強く出れば相手は引くだろう」と思っている様子が常に見える。ま、戦狼外交は中国の常で、いつでもどんなときでも強気。そのくせ、強い相手には口だけで、弱いと見るとオーストラリアにしたようにとことんイジメる。韓国も同様。

しかしそれを世界に対してやると公言し、法制化してしまうと習近平も引くに引けなくなるんじゃないですかね。

まさか習近平が戦争をしたいなんて思っていないと思うのだけれど、なんだかわざと「そうするより仕方がない方向」へ自ら持っていこうとしているようにも見えるんですよ。我らが中華人民共和国を追い込んだのは奴らだと、大義名分も出来るわけだから。

でも戦争の危機感が強くなれば、私は習近平は引きずり降ろされると思っていて、今でも中国国内の内紛は激化しているという話も聞くし、結局、中国国内でも彼は墓穴を掘ったとしか言いようがないと思うんですよ。

逆に、習近平を追い込んで失脚させようとする側の甘言に乗せられてしまったのかもしれないけれど、どちらにしても彼は墓穴を掘った、一歩踏み出しすぎたようにしか思えず。

そしてもしそれに習近平が気がついた時、その時こそ、「退路はない」と彼は外に打って出る決断をするんじゃないですかね。台湾を併合出来れば歴史に残るヒーローとなるんですから。そして今までの彼の失敗はすべて帳消しになる。

本当にあの国はトラブルメーカーだと思う。

でも十数億人の国民をまとめ、食わすにはああするしか無いのかとも思ったり。

ウイグルの内情を知ると恐ろしいぐらいで、本当に民族浄化はどんどん進んでいる様子。ウイグルもチベットも南モンゴルも自分たちの国を取り戻し、香港にも約束通り自由を保証し、いつの日か台湾も独立国として世界が認めるようになってほしいなぁ。それにはアジアに大きな影響を与えてきた日本の責任、やるべきことも多々あると思うのだけれど、日本って・・・・・、私には腑抜けに見える。ま、マッカーサーにそういうふうに作られてしまったのは間違いがないにしても、日本人は大和魂も日本人のプライドも大事なものは全部捨ててしまったとしか思えず。

かつて日本は世界史上、初めて国際連盟(国際連合ではない)で「人種差別撤廃」を世界に提言した国。あの頃の心意気を持った日本人はもういないのか。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ