【ちょっと重要】日本からのEMSは順調。全く問題なし。トラッキング情報の問題点。

古いエントリーが表示されているかもしれないので、是非、「投稿日」を確認してください

日本の通販で買い物して、それをマレーシアに転送してもらうのは我が家では生活の一部で、日本からのEMSに問題が起きると非常に困る状態。

最近、複数のブロガーさんが「日数が掛かっている」「止まっている」と書いているので気になっていました。我が家もちょうど日本からマレーシアに送ったばかりで、今回は「常備薬」も含まれていて、遅れると困るなぁと。

マレーシアではコロナ対策でかなり厳しい行動制限が掛かっていて、POSも税関もちゃんと動いていないだろうことは想像できます。

ところが~~~。

我が家のEMSは二個口でしたが、普通に、4-5日で問題なく到着しました。

今回は「高い確率で課税される【キッチン用品】」がありましたので、それだけはまとめて別口で送ったのですが、それも【課税されることもなく】到着しました。ラッキ~~。\(^o^)/

EMSが送られてくる場合、必ずトラッキングをしますが、これが結構問題があるんですよね。

日本から送られてくる場合は、【郵便局】か【Pos Laju】、あるいは両方でトラッキング情報を見るのが普通ですが、郵便局の方では出てこない情報があるのね。情報量は間違いなく少なく、特に問題なのは【税関で課税のために止められた】ケースです。

郵便局のトラッキング情報ですと、【税関で止まっているなぁ】というのがわかるだけ。(一番下の画像)

ところがマレーシアサイドのPOSでトラッキングすると、【POSに連絡をしろ】とメルアドが一緒に出ていることがある(一番下の画像)。つまり、税関で止まっているから【通関手続きをしろ】ってことなのね。これって郵便局の情報だけを見ているとわからない。出てこないですから。

POSの情報に書いてあるメルアドに連絡をすると「通関の手続き方法」が返事で返ってきます。自分で税関に行ってやるか、POSに通関を委託するか選べと。委託する場合は、「インボイス」と「委託します。手数料などは支払います」と書いてまたメールを送る。

私はこの作業が無駄だとわかっていますので、POSに連絡をしろというトラッキング情報が出ていた時点で、そのメルアドに「インボイスを添付し、通関の委託をPOSにします。手数料は支払います」と書いて送るようにしています。

これだけでメールのやり取りが一部省けるのでその分、早くなる。

ところがですね、POSも結構いい加減で、その情報が出ていないケースも過去にあったんですよ。だから私は、トラッキング情報を見て、税関で数日間止まっているのを確認したら、【自分で税関に行く】のが多かった。これが一番はやいのね。

マレーシアのこのシステムにはおかしさがあって、トラッキング情報も「書かれている内容が、しょっちゅう変わる」のね。なんでいつも変わるのかととても不思議です。

そして私達にしてみると、POSはPOSで一つの事業体と考えがちですが、トラッキング情報を出す元締めと、それをネットでトラッキング情報を【見せる部署】と違うのがはっきりわかります。

なぜか?

それは私は、トラッキング情報を見るときに、【郵便局もPOSだけではなくて】、【17Track】というサイトで見るから。【17Track】で見ると、「大元のトラッキングデータ」を「正確に、そして早く」見れます。(POSに出るより早いこともある)、

ここはEMSだけではなくて、世界中の宅配便のトラッキングが出来るサイトで、【早くて詳細がわかる】のね。

マレーシアのことはPOSが一番早くて正確だと思うでしょ?でも違うんですよ。17Trackの方が早くて正確。

私が思うに、POSのトラッキングデータを出す場所はちゃんとしているけれど、それをネット上で表示する部署がタコなんだろうと疑っています。

私はこのサイトを一番信頼しています。

17TRACK is the most powerful and inclusive package tracking …

この17Tackでは、「マレーシアで表示されるトラッキングデータ」と「発送地で表示されるトラッキングデータ」と両方表示されるんですよ。これを見れば、POSと郵便局の両方のデータを見ることが出来るということ。

え?POSと郵便局と内容が違うの?って思うでしょうが、違うんですよ。

日本の郵便局のデータのほうが少ないのが普通なんですが、日本のデータには(上に書いたこととは逆の)【POSでは出ないデータも出る】ことがあるのね。

例えば、【通関が終わった】と。これってとんでもなく重要でしょ?でもPOSの方にはまだ通関中という表示しかなかったり。

例を上げます。画像をクリックすると大きく見やすくなります。

上がPOSで、下が郵便局で表示される内容。かなり違うでしょ。郵便局のほうが量が少ないのがわかる。

ところが赤枠で囲んだところを見てください。6月17日は「通関が終わっている」のに、その非常に大事な情報がPOSの方には出ていない。

だからPOSの情報だけ見ていると、上のケースでは18日にならないとどうなっているのかわからない。で、税関では止められなかったんだとわかったときに、突然配達される。でもその表示も出ずに、どうなったんだろうと思い続けることも多い。

でも郵便局の方を見ていれば、「止められなかった \(^o^)/」というのがすぐわかるわけです。

そしてここが重要なんですが、逆に、税関で止まった場合は、その情報は郵便局には出てこないそしてPOSの方には「メールを送れ」と出てくる。

過去にあった例でいうと、こういうふうに表示されます。

ややこしいでしょ?

でも「17Track」でトラッキング情報を見ていれば、一体どうなっているのかすぐにわかるということ。で、POSと郵便局の方は、気になれば見る程度。

ああ、日本から海外に送るEMSですが、第2地帯(オセアニア、北中米、中近東、ヨーロッパ)へ送る場合、とんでもない値上げがあったんですね。特別追加料金の適用ですと。6月1日から。

例えば、今までは36,500円だった料金が24,000円の上乗せで60,500円とか。とんでもない値上げ。

詳細はこちらから。

郵便局 | 日本郵便株式会社

郵便サイトのお知らせを一覧でご覧いただけます。過去のお知らせも掲載しています。…

この値上げは特別追加料金ということですが、第2地帯(オセアニア、北中米、中近東、ヨーロッパ)だけで、マレーシア、シンガポールなどは従来どおり。

皆様の参考になれば幸いです。

「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ