ソフトバンクの【社債】は万が一の時にどうなるのか

このブログでは過去に「ソフトバンクのドル建ての社債」に関して書いたことがあります。

そしてそれをキッカケにしたのかどうかは定かではないものの「ソフトバンクの社債を購入した読者」もいるんですね。

そしてその社債を今でも持っているとしたら、「ソフトバンクって危ない」という噂も出ているので気にしている方もいらっしゃるかもしれない。

ただソフトバンクの社債と言っても普通の社債もあれば、劣後債、永久債もあるわけで、一言でまとめることは出来ないと思います。

ソフトバンクが大きな赤字を出しているのは間違いがないものの、それをどう考えるべきかの動画がありましたので紹介します。

とりあえず、持っている社債の種類、償還日のチェックが必要。また永久債でもCallされる設定があるはずで、それを確かめて今後のことを考えるべきかと。

今現在でも「利回りは高い」はずですが、それすなわち社債の価格は安いわけで、現在価格を調べてどの程度の含み損益が出ているのかをチェックするのも大事ですね。

それによっては「とりあえず撤退」を選ぶのも良いかもしれない。

また今から買うという選択肢もあるかもしれませんね。

誰が買うんだ?なんて言う声も聞こえてきそうですが、買う人がいなければ社債の価格は付かないわけで、そんな事はありえませんし、リスクをどう考えるか、問題はそこのみ。

買い増し?

う~~む、そこまでの度胸は私にはない。(笑)

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ