カレーを食べたい。低糖質のカレーって無いもんだろうか。自分で作れ?

糖質制限食は自分で作るわけですが(ヨメさんにどれだけ説明してもポイントを理解してもらえない)、そもそも料理なんかわけがわからく科学実験のつもりでやっているだけの私ですから、バリエーションが無くて困る。

で、カレーが好きですから、カレーがあれば随分助かるなぁと。

でも私はカレーといえば、カレールウを使ったものしか作ったことがない。

そしてカレールウは糖質が多い。困ったのぉ。

どうしてもカレーには小麦粉が必要で、これって重さで言えば「70%が砂糖と同じ」ようなもんだから、出来る限り使いたくない。小麦粉を使わなかったら美味しくないとは思うものの、そこはある程度は我慢できるはず。でもいつもはカレールウとは別に小麦粉とバターを炒めてブラウンルーを作っていれるくらいだから、小麦粉が入っていないカレーってかなり不味そ。

カレーってスクラッチから私でも作れるんだろうか。でも肉野菜スープに市販のカレー粉を入れれば良いなんて、そんな簡単じゃないですよねぇ。

どうも世の中には「糖質制限カレー」なるものが売られているようで、それを買うほうが利口かな?これはレトルト。

この商品の内容物を見てみるとこんなことが書いてある。

レトルトだから肉も入っているわけだけど、内容物の種類が凄い。

原材料:牛肉、ソテーオニオン、ビーフ調味エキス、固形トマト、ブイヨン、カレー粉、トマトペースト、中濃ソース、バター、異性化液糖、マンゴチャツネ、野菜調味エキス、香辛料、生姜、バナナピューレ、おろしにんにく加工品、チキン調味パウダー、たん白加水分解物、食塩、ローストオニオンペースト/増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル)、酸味料、甘味料(ステビア)、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・りんごを含む)

これを見ただけで、自分で作るのなんて無理だと思いますよねぇ。

でもこのレトルトカレー一人前の糖質は7グラムですと。

7グラムだったらそのままでも良いし、半人前ぐらいを使って、牛肉を足して、ご飯の変わりに豆腐やカリフラワーを使うようにしたら結構良いかもだな。

レトルトじゃなくて、カレールウを調べてみると意外に糖質は多くなくて、一人前、大体7-9グラムぐらい。でもこれに野菜類の糖質がプラスされるから結果的にはそこそこの糖質量になっちゃいますね。当然、ご飯を食べれば爆発的に凄い糖質量となってしまう。

でもこれを使ってスープを多めにして「カレー粉」を足して延ばして使うようにしたら結構ごまかせるんじゃないかな?カレー粉自体の糖質量は100gあたり2-3グラムだから良いかもしれない。

まずはその辺の実験からですね。

玉ねぎは糖質が多いから使いたくないけれど、炒めた玉ねぎを使わないカレーなんて食べたことがないし、どんな感じなんですかね。当然、玉ねぎは具材としても使えないし、人参も駄目。う~~む、じゃぁ、何を入れるんだ? I have no idea だわ。

とろみはサイリウムハスクかグアーガム、キサンタンガムを使えばいいかな?

う~~~む、ますます不味そうだ・・・・。(T_T)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ぎょえええ~~。また断水ですかぁ?旅行に行くチャンスか?

7/23 9:00 ~ 7/26 9:00

とのことですが、今回はモントキアラは入っていない様子。間違いない?

どうしましょうかねぇ。モントキアラが断水でなければ全く関係ないし、前回みたいにどうにかスケジュール内で終わればコンドに溜めてある水、自分で用意した水でどうにかなるのはわかっていますが、私はマレーシアにおいては「過去の経験を重視しない」考え方を持っています。何が起きても不思議じゃない国だから。

モントキアラには関係ありませんが、ふとある計画が頭によぎりました。

ヨメさんに「また断水だってよ。3日間も。どうする?」と言ってみましょうか。

前回はゲンティンハイランドに避難して大失敗でしたが、「またどこか行く?」と聞いてみましょうか。

「うん」と言ったら、ランカウィとかレダン島に行こうかと話を続ける。

こういうときじゃないと旅行に行こうなんて話になりませんから。

う~~む、嘘をついてもしょうがないか・・・。

でも本当にモントキアラは大丈夫なんでしょうね。私は3年もKLに住んでいながらどうも地名がよくわからんのです。そもそもKuala Lumpurがどこからどこまでなのかも知らないし、Petalingってどこよ?みたいな。Shah Alamは大体わかる。モントキアラに住んでいながら、ここが本当にMont Kiaraなのか他の大きなくくりでいうと違うのかどうかも知らない。(笑)

今回の断水の詳しい情報は「クアラルンプールのローカルな街から」(石坂 俊氏)のブログを見るのが良いと思います。(ここをクリック)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

やっぱり美味しい「酉玉@パブリカ」。焼き鳥を食べ過ぎたけれど「糖質制限食」としては完璧

ひさしぶりに息子と「酉玉@パブリカ」に行ってきました。

今日はなぜか息子とともに「XXXをしっかり食べたい」という思いが強く、いつもは幅広くいろいろ食べるのですが、今日は「好きなものを集中的に食べる」ことに。

席に座ると必ず出てくるこれをつまみながら、ハイボールで始めることに。ハイボールは「糖質制限食」としてはOK(蒸留酒はOK)で、日本酒、ワインは駄目。焼酎もよいのだけれど「酉玉@パブリカ」の焼酎の品揃えは駄目なのでハイボール。でもケチなのでウイスキーは一番安い「サントリーの角」。学生時代を思い出します。

絶対に、絶対に外せないものは「そろばん」で、これは首の肉「せせり」の一部。

息子は「5本は食べられる」と言っていたのですが、「お前、馬鹿か」ということで3本。私は2本。(笑)

そして「心残り」。これはハツ(心臓)に付いている血管というべきか。息子は3本。私は2本。

そしてそして、そしてこれがなければ酉玉には行かないと思うくらい大好きな「提灯」。「キンカン」と呼ばれる未成熟卵が美味しいのね。息子も私も2本ずつ。

で、結局はいつものいろいろを食べることに。ただ、いつも書いていますが、「酉玉@パブリカ」に行く時には珍しい部位を食べたいわけで、焼き鳥と言うと当たり前の「正肉」とか「ネギマ」「手羽」「ツクネ」の類は一切食べません。

これも私の大好物の「もみじ」。脚ですね。あんな細い脚から良く肉(ゼラチン質)だけ切り離せると思うし、とっても不思議。でも美味しいんだよね~。

中は火を入れすぎずトロンとした「レバー」。

その他、写真はないけれど「拳骨(膝の軟骨)」とか・・・あとなんだっけ。写真を撮らないと思い出せず。(笑)

ああ、欧米人が「オイスター」と呼ぶ、腰の肉。そして・・・・、なんだっけか。

今日はハイボールも5杯ぐらい飲んで、結構、酔っ払っちまった~~~~。

いつも「焼き手」の力ちゃんとおしゃべりをしながら食べるのだけれど、今日は、酔っ払った力も借りて、ちょっと聞きづらいことを聞いてみたんですよ。

「前と比べて、火を入れるようになったんじゃないか?」って。

焼き鳥って焼き方が命なのに、その焼き手に「焼きすぎじゃね?」みたいなことを聞くのは失礼なんてもんじゃないのだけれど、前々からちょっとそんな気がしていたし、酒も入っているから聞いてみたんですよ。すると・・・

「意識していなかったけれど、言われてみればそうなっているような気がする」

ですと。

それからいろいろ話が広がったのですが、やっぱり「日本人が好きな微妙な火の入れ方」ってマレーシアでは「生だ~~~」ってことになるようで、「焼けていない」と返されたことも過去には何度もあった様子。また「しっかり焼いてくれ」と言われることもあると。「焦げてパサパサ」でもそれを好む人もいると。だから「客を見ながら火の入れ方は考える」のだそうだけれど、確かに前に比べて深く焼くようになっていると思うと。

ちなみに、良く焼かないのを「浅く焼く」。しっかり焼くのを「深く焼く」と言うそう。

それを聞いて、ゴールドコーストのステーキを思い出しました。私は「レアで」と言っているのに「ウェルダン」で出すような店が昔は多かったんですよ。当初は我慢していましたが、あるころから「これは焼き方が違うよ」と【焼き直し】をお願いするようになりました。そしてある時、焼き直してもらったのにまたウェルダンが来たんですよ。

この店のシェフはアホかどこかおかしいのかと思ったのだけれど、彼にしてみると「レアでステーキを食べる人はいない。それって生肉じゃないか」ぐらいに思ってるのね。当時のオーストラリア人って全員が「ウェルダン」みたいで、「血の滴る赤い肉」なんて食べる人は異常だったんでしょう。でも私はその時、「これも違う」と再度、焼き直しをお願いしました。

そしてウエイトレスに言ったんですよ。「日焼け程度の焼き方でも良いのだ(Sun burned)」って。(笑)

そうしたらレアが来た。\(^o^)/

と同時に、レアじゃなくて「ブルー」と言ったほうが通じるのもわかった。生肉って青く見えることがあるじゃないですか。あれのことなのね。でも私が欲しいレアって決して「生」じゃないわけで、オーストラリアでステーキの焼き方を頼むのには結構苦労しました(かなり昔の話し)。

これって本当に難しくて、「ブルー」なんて言ったら、本当に生そのものみたいなのが出てくるかもしれないし、私が良く頼んだ「レア」ってのも、そもそも彼らが焼きすぎるのはわかっていたから「レア」というだけで、日本、あるいは日本人シェフがいるところでは「レア」とは言わずに「ミディアムレア」。でもこのブログの私の低温調理関係を読んでいる人はわかるだろうけれど、私が本当に好きなのは「レア」と「ミディアムレア」の真ん中ぐらいなんですよ。こういうのってちゃんとしたステーキハウスに行けば通じるし、シェフとの人間関係も必要なのね。「この客、面倒なことを言うなぁ」と思うであろうシェフもいれば、私が一度頼んだだけで、「その後は、焼き方は一切聞かずに完璧に焼くシェフ」もいて面白い世界だと思います。

ま、そんなことを思い出しつつ、焼き手の力ちゃんには失礼なことを言ってしまったけれど、彼自身、気がついていないことがあったのかもしれないし、今後に期待したいと思うし、焼く前に一言、「ミディアムレアでお願い」ぐらいのことは言っても良いのだろうと思いました。そしてああいう腕のある焼き手って「同じことは二度聞かない」のが普通だから、もしかすると今後は何も言わなくても、かつて感激した「酉玉」の絶妙な火入れで出してくれるかもしれない。またそうじゃなかったら、「私には【火が入りすぎかも】」ぐらいのことは言っても良いと思うんですよ。マレーシア人が「しっかり焼いてくれ」というのと同じ。(笑)

しかし結構、飲みました。ハイボールでしたが、薄すぎるなんてこともなく、濃すぎ~~と思ったくらい。でも5杯はお代わりしちゃったかな。

最後はこれまた摩訶不思議な美味しさがある「金針菜」を食べたら大満足で、打ち止め。

良く食べたし、良く飲んだ~~。私は糖質制限中だからいろいろ食べられないのだけれど、焼き鳥なら全く問題なし。\(^o^)/

なぜかこの「酉玉@パブリカ」に行くと、普通の焼き鳥で食べる部位は一切頼みません。決して嫌いなわけじゃないけれど、この店には「他の店にはない特殊なもの」がいろいろあるわけで、正肉じゃのネギマじゃ手羽じゃと食べると、酉玉らしいものが食べられなくなるからなのね。で、もし普通のネギマじゃ正肉じゃのを食べたいときにには「炭家」とか「鶏鬨」「ふく田」の方に行こうと思う。

おしゃべりをしている中で、私は「実は大好きな部位があるんですよ。でも焼き鳥屋では見たことがない」という話をしたんです。これって肉屋でも売っていない部位で、「鶏ガラにくっついている部位」なのね。肋骨にくっついている「膜みたいなペラペラの部位」が好きなんですよ。これって部位の名前も知らなかったんだけれど、「一羽丸ごと焼いてある鶏には必ず付いている部位(当たり前か)」で、焼き手の力ちゃんいわく「エンガワ」ですね、と。

これって「横隔膜」らしい。ハラミですかね。鶏にもハラミがあったんだ~~~? (笑)

これは息子も大好きなようで、彼が行った日本の焼き鳥屋ではそれがあって、またそこは自分の席で焼肉屋みたいに焼く店だったようで、そればっかり食べたことがあると。

で、力ちゃんいわく、「うちにもそれはありますよ」ですと。でも今日はない、と。

聞いてみたら、一週間に二度、4本ずつしか取れない量だそうで、もちろんメニューには乗っていないし、それを頼む客もいないと。

じゃぁどういう時にそれを出すの?と聞いたら、やっぱり私達みたいに「変わった部位」が好きな常連さんがいるそうで(日本人)、そういう客に(注文がなくても)美味しいところがありますよと出すらしい。

「俺達、そんな経験はないぞ~~」と言いましたところ、それがある時に私達は来たことがないはずだと。ジグソ~~~。

ということで、「4本は確保できる日には電話をくれ」とお願いしました。

「明日でもいいよ」と言いましたところ、息子が「来週すぎにしてくれ~~」と。(笑)

次の楽しみが出来た~~~~~~~~~~~~~~~~~。

こういう楽しみが「酉玉@パブリカ」にはある。

いい店だと思いますわ。

ちなみに「好きな部位を(私以上に)集中的に食べた息子」は帰り際に「胃の調子がおかしい」と何度も言っていました。

当たり前だろうが、アホ~~~~~~~~~。

「でも好きなものは、もう食べたくないって思うほど食べるのも大事なことなんだよ」ですと。

って、私の言葉を盗むな~~~。アホ~~~~~~~~~~~~。

ちなみに、食後、一時間の私の血糖値は95.4。100以下なら全く問題なし。ケトン体も順調に出ているケトーシス状態。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

年に一度はこのブログのソフト「WordPress」に悩まされる・・・

このブログはレンタルサーバーを借りて、Wordpressというブログソフトを使っているんですが、数あるテンプレートを使っているうちは全く問題なく誰にでも使える。

ところがちょっと細部をいじろうとすると突然、闇の中に迷い込む。

それでもどうにかやりかたを調べて思うように変えるじゃないですか。その時はそれで良いんですが、時間が経ってからまた同じことをしようと思うと、「前に何をどうやったか全く思い出せない」のね。歳は取りたくないもんだ。

今回は、前から持っていた「独自ドメイン」にこのブログを移そうと思ったんですが、これが簡単にはいかないんですわ。

昔はこういうブログソフトなんて使わずに、HTMLで書かれた文書ファイルを特定のフォルダーにぶちこんで、それを読み出すだけでしたから、「引っ越し」は簡単だったんですよ。全部まとめてコピーしてしまえば良い、みたいな。

ところがこのWordpressってこういう文字情報を「データベース」の中に持っていて、それを呼び出すようになっているんですわ。だから「個別の日記はどこにある?」なんて探しても出てこない。じゃぁそのデータベースごとコピーすれば良いんじゃない?と思うけれどそう簡単には出来ていない。

とりあえず、独自ドメインの下にWordpressの初期状態のブログを作って、そこからいろいろやろうと思ったんですよ。

ところがその新しいブログを立ち上げようとすると、「お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。」と表示されるだけで、Wordpressの中に入れない。

このエラーメッセージって前にも見たことがあって、どうにか直したんじゃなかったっけ?と思って過去ログを見てみると、あったあった。ありました。

そして「今後また同じことが起きた時のために」ということで、備忘録もあった。

○ WorePress上のプラグインを全て「停止状態」にする。

○ php.iniを削除する。(レンタルサーバーにログインして行う)

○ PHPバージョンを変更する。(レンタルサーバー上で行う)

○ 新しいphp.iniを作成する(レンタルサーバー上でそれに関するボタンを押すと自動で作られる)

○ WordPressが異常なく作動するのが確認できたら、必要なプラグインを「有効化」する。

この時、PHPのバージョン、あるいはWordPressのバージョンによって動かないプラグインが出てくるケースが多く(古いものがアップデートされていなかったり)、動かないものはアップデート版が出ていればそれに変える。あるいは他の似たようなプラグインに載せ替える。

今になってこれを見てみると不思議で、Wordpressが表示されないのに一番最初の「プラグインを全て停止状態にする」ということがそもそも出来ないじゃんか。ファイルマネージャーにアクセスしてプラグインを全て仮のフォルダーに移しておけばよいのだろうと思って、それをやってPHPも変更し、新たにphp.iniも作った。

さて、動くかな~~~~~~~~~~~~~?

駄目。動かない。同じエラーメッセージが表示されるだけ。

前回は「その時にPHPバージョンに対応していないプラグインがあった」から動作がおかしくなったのだけれど、今回はプラグインは関係ない。

じゃ、何が悪い?

そんなことは全くわからず。

新しく作ったブログにアクセスも出来ないんじゃ、今のこのブログのデータを移すこともできない。また移すにしても総データ量は17Gあって、借りているサーバースペースは30Gしかない。つまり同じものを作れる余裕がないってこと。だからデータは外部に保存して(バックアップはグーグルドライブに取っている)、「移動」しないとならないわけだけれど、元データがサーバーの中にない状態でそれをやるってなんだか怖い。

うまく動かずにもとに戻すことも簡単にできないとなると、最悪の場合、大惨事になるかもしれない。ま、その時は全部綺麗にしてバックアップを展開すれば良いんだろうけどさ。

またそれが終わったとしても「これからはこちらにアクセスしてくださいね~」じゃなくて、旧ブログのURLにアクセスしてもそれが新しいブログの該当ページに「自動的にリダイレクト」するようにしないとならない。あるいは文中に表示される画像も、もうその場所にはないわけで、膨大な数の日記の中にあるこれらのURLも全て変更しないと表示されないことになる。これらがちゃんと出来ないと、ネットの中にすでにある私のブログの紹介とか引用とか、あるいはグーグルが集めてきたアクセス状況とかそれが全部パーになって、「過去の遺産を引き継げない」事が起きる。だから301リダイレクトとかいうのをちゃんとやらないとならないらしいのだけれど・・・。

301リダイレクトって何よ?

もうお手上げ・・・。 (T_T)

わかる人にはチョチョイのチョイで出来ちゃうんだろうなぁ・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

Youtubeで「収益を得よう」と考える人が知るべきこと & 誰でも出来るってのは本当かもしれない

最近、小さな子供でも「将来はユーチューバーになりたい」というのが増えているとのこと。

これはジジーの私でもわかりますわ。好きなことをやってそれで収入もちゃんとあって生きていけるならこんな良いことはない。また有名になることもあるなんてのも心がくすぐられるんでしょう。

実際に「日本語というマイナーな言語」を使って「日本人相手」のユーチューバーでもトップクラスは年収10億円を超えていると言われているし、数千万単位の収入となるとかなりの数の日本人ユーチューバーがいるんですから、その気になる人も多いのはよく分かる。数百万単位なら「誰でも稼げる」という人もいるくらい。

これは企業も同じで、「ユーチューブで利益を出すのが目的」としてチャンネル運営をやっているところも増えてきた。私が見ている分野では「料理関係」にそれが多いように思います。これも国際化していて、料理は世界中に視聴者がいますから、最初は「英語の動画」でやっていたのがそれと「同じ映像を使って」「日本語のしゃべり・文字に変更」し、日本人相手に動画を流したり。

でも一体全体、「どういうシステムになっていて収益が出る」のか、そこを詳しく知ることが出来ないんですね。ユーチューブはそれを公開していないし、実際に利益を出している人たちもその「内容を公開してはならない」ことになっている。

でもま、当たり触らずで「基本的なこと」を説明する人たちもいて、我々もおおよそのことはわかる。

そしてこれって、「自分もやってみよう」と思う人は絶対に知らないとならない内容なのね。

要は「広告収入」なわけですが、どういうふうにしたら「広告が入れられるのか」「より良い単価を得るにはどうしたら良いか」があるわけで、これを知らずして「単に動画をアップロードするだけでは収益に結びつかない」んですね。では「広告をたくさん入れればよいか」(どんな広告をいれるかはYoutubeが決める)というとそれは違っていて、「広告ばかりの動画を誰も見たいとは思わない」のは当たり前。このへんの調節が上手い人はどんどん「単価も上がり、広告収入が増える」ってことなんでしょう。

また有名になってくるとユーチューブの広告だけではなくて、「企業案件」というのが増えてくるのも見ているとわかる。そこそこ有名なユーチューバーは「商品説明」も面白おかしくやるし、ユーザー目線で説明しますから、我々も真剣にそれを見るわけです。こんな市場を企業が見過ごすわけもなく、直接ユーチューバにアプローチして「当社の製品を扱って欲しい」となる。これの広告費も結構大きいようで、「詳しい15分ぐらいの商品説明」を「それに興味がある人達」が「100万回見る」ということになれば、「これの効果ってテレビの広告どころじゃない」わけです。細部に渡った説明もするし、見ているだけで良し悪しの判断が付くのね。だからすぐに「よーし、買ってみよう」という行動に結びつく。そもそも数十万、百万単位の視聴者を「(たとえば)15分間、自社の製品に注目させる」ことなんて他の方法では不可能なんですから。百貨店の「実演販売」に数十万人が集まって興味を持ってみているのと同じ。

また近年、それぞれ個人がやっていたユーチューバーが集まって、「集中管理をしよう」という動きが出てきたのね。そして「マネージング」もやる。つまり、「このユーチューバーにはこのジャンルの広告が良いのではないか」と判断すれば、その会社が企業にアプローチして広告を取ってきたり。またそこに登録してるユーチューバー同士が「コラボ」と称して「一緒に動画を作る」なんてこともやる。有名なユーチューバーとコラボをすれば、有名でないけれど将来性がありそうなユーチューバーの視聴者数も上がるわけですから。そして当然、「どうやったら収益が上がるのか」「どうやったら視聴者数が増えるのか」「やってはならないこと」などの情報交換も頻繁に行われている様子。

でもそういう内容は公開されないし、初心者には闇の世界。

この世界を説明している動画もあって、これを見るとかなりのことがわかると思うし、これを知らずして「ユーチューブで収益を出そう」なんて漠然と考えていても遠回りをするだけじゃないんでしょうか。

しかし残念なのは、私が見ている多くのジャンルの動画でも、60代以上のジジババは皆無だってこと。(笑)

50代だとそこそこいるのはわかるのだけれど、「心をつかむ」ってことがわかっていないなぁと思う番組がほとんど。ある意味、真面目すぎて、「内容にコダワリすぎ」だと感じます。感性がユーチューブに追いつていないのね。多少、いい加減でも「視聴者の心をつかめばなんぼの世界」なのはまさにタレントと同じ。

逆に低年層は驚くほど低くて、「子供がおもちゃで遊んでいる動画」をきっとお父さんが撮影して出したのがとっかかりなんでしょう。そのおもちゃに興味がある子どもたちがそれを見るんですね。「パパ~~、僕にもあれを買って!!!」ってなるんでしょう。だから子供なのに「年収ウン千万」なんてのが出てきて、それも決して少ない人数じゃないのね。

自分になにか特技がある人は、ユーチューブに挑戦するのもアリだと思うなぁ。特に調理関係で「他人に教えるぐらいの技術がある人」は面白いと思う。お菓子でもパンでも同じ。

この日本人もユーチューブの有名人。

ただ一つ言えることは、「自分を売り込む」「親近感を感じる」ようにしないと数字は伸びないのね。良い動画なのに数字が伸びないのはいくらでもある。

これは私がいつも見ているユーチューバーの番組も、もちろん内容が良いから見ているのだけれど、「その人を好きになったから」ってのが大きいのね。「ファン」を作るのが大事なのは間違いがない。タレントと同じ。

だから「料理番組」でも、どんなに内容が充実していても「本人が見えてこない動画」は数字が伸びない。逆に有名タレントが「俺のネームバリューがあれば数字も上がるだろう」なんて思って始める人も多いみたいだけれど、数字は思うように伸びていなかったり。「視聴者に寄り添う感じが大事」な世界だと私には見えます。いわゆる「友人」「仲間」が「良いこと、楽しい情報を教えてくれる」ような番組だって感じ。上から目線の動画なんて叩かれるだけ。

またある程度、視聴者も増えてくると、ユーチューブから離れて「独自のサークル、コミュニケーションを取れる場を作る」ユーチューバーも出てくるのね。あるイタリアンシェフの動画が好きで見ているのだけれど、彼いわく、「視聴者どうしの小さな輪も出来ている」というのね。だからそういう視聴者たちが集い、横のつながりを持ち、情報交換をし、楽しめる場を作り出して行こうとしたり。

このユーチューブを中心として「新しい文化」が出来つつあるのが見ているとわかるし、非常に面白いと思います。

若い人たちが羨ましいな~~~~~。(笑)

私が若かったら、「旅行ユーチューバー」をやってみたいな。世界各地を回って、抑えるべきポイント、注意点、そして穴場の紹介。もちろん【英語】で世界市場を狙う。(笑)

こういうことをやり続けてごっそり稼いでいるユーチューバーも今ではかなりの数、存在する。

そして売れっ子たちの共通点は「素人とは思えないほど【映像】と【音質】にこだわる」のね。これは日本人ユーチューバーも同じ。最初は自分でシコシコやっていたのが売れっ子になると「カメラマン」「編集要員」「マネージャー」なんて雇うようになるのを見ているとわかる。当然、一人でやることに拘る人も多いけれど、きっちりした動画を作らないと「新参者にすぐ抜かれる」という恐怖心を皆が持っているような感じがします。

例えば彼もそう。見ているとわかるのは、「綺麗でスタイルの良い女性と一緒」ってのも大事なのね。それだけで興味を持つ視聴者がいるし「画が美しい~~~」。長く彼の動画を見るとわかることは定期的に女性が変わるってこと。これって「彼女」に見えるけれど(彼は動画中にガールフレンドという)、雇っているんじゃないかと思ったり。それとも「美女の恋人をとっかえひっかえの状態」なのか。(笑)

「タイのトップ10ビーチ」

私がいつも見ている「カズちゃんねる」ってのがあるんですよ。昔は田舎のさえないアンチャンがどうしようもない動画を出していたんだけれど、なんとなく彼に惹かれるのね。それが何年かするうちにトップユーチューバーの仲間入りをして、今じゃ親族も含めて、6,7人で動画を作ってる。もちろん年収は1億を超えているのは間違いない。数億円レベルのはず。

私が見出した頃の「カズちゃんねる」の動画。

もしこれからユーチューブをやってみようと思う人が、このレベルの動画を出したら「完璧に黙殺されるだけ」なのは間違いないと思います。

それだけユーチューバーも進化しているわけだけれど、間を縫ってどんどん新しい人が出て伸びてきているのね。面白い世界だと思います。

最近のカズさんの動画はこんな感じ。お得な旅行の紹介。これは企業案件というやつね。企業から広告料をもらってその商品やサービスを紹介する。これって見てもわかるように、最初は広告だなんて思わないわけですよ。旅行かぁ、良いなぁ、なんて思って見ていると最後に「このサービスを使うと格安で旅行ができる」と出てくる。私も日本に住んでいれば「このサービスを利用しなきゃ損」ぐらいに思いますわ。旅行に興味がない人はそもそもこの動画を見ないわけで、最後まで見ている視聴者は「かなりの確率で顧客となる」んじゃないですかね。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ