ああ~~、ため息

マレーシアの事をいろいろ調べようと思ってあちこち首を突っ込んで情報集めをしていますが、しかしまぁ、なんて言ったらいいのでしょうか。日本人ってすぐ仲間同士で集まって、異質な物を排除しようとする動きが出てくるんですねぇ。

まぁ、そんなことは世界中どこへ行っても同じだと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、私にしてみるとこれって日本人のお家芸じゃないかと思ってしまいますわ。

小さな山それぞれにはボスザルがいて、その周りに仲間がウロウロ。憲兵隊みたいなのもいて、他の猿たちの動きを見張っていて、気に入らないと逐一文句を言う。

戦争時代の言論統制がどんなであったか一番よく知っているような人たちがそれを平気でやる。所詮、自分が気に入ることをやりたいだけのことで、他人はオマケなんだろうと思います。

随分前の方のスレッドで、そういう集まりに対してかなり過激なことを書いたけれど、結局その通りであると再確認するケースばっかり。

私みたいに自由であるかどうかが非常に気になる人たちも少なからずいるけれど、利口な人は口をつぐんでほとんど何も言わない。馬鹿な私はチクチクいやみっぽいことを書いているけれど、そんなのは全く相手にもされない。道化ザルが一匹いるだけですわ。

おおにしさんに紹介されて読んだ本の中に、マレーシアにはロングステイを支援する団体がいろいろあるけれど、それぞれにボスがいて好きなように仕切っているみたいなことを書いてあったけれど、まさにその通り。あの著者はちゃんと見ているなぁ、と思ったものの、そんなことは見ざるとも日本人がいっぱいいればそういう状況になって居るであろう事は簡単に想像できる。やっぱりなぁ、って感じですわ。

やっぱり思うことは、ボランティアの主体はどこにあるか、これが大事だってことだと思います。相手のことを思ってやっているのか、それともボランティアをやることによって自己満足を得たいだけなのか。見た目は同じようでも、まるで違う。私としては、自分のためにやる行動をボランティアだなんて言って欲しくない。見せかけのボランティア精神に賛同して動いている人たちは、そのボスの自己満足の手助けをしているだけということになる。あるいは同じ部類なのか。

私はそんなのはまっぴらゴメンですわ。

マレーシアに渡ったら楽しいことがいろいろあるけれど、面白くないことが一つ。それは日本人との付き合いだった。なんてことにもなりかねない。

ゴールドコーストにも昔から日本人会には距離を置いている人がいて、というか、そういう人の方が多かったですわ。でも、私としてはそういう人たちが言うような、よくある日本人的な嫌な臭さがない日本人会だと思っていましたから、そういう人たちを無理矢理誘って入会してもらったこともありました。そうしたらまるで想像していたのと違ったなんて言う人もいた。その人は後に日本人会の中の活動家の一人になったけれど、やっぱりその集まりの基本的な所が大事だと思います。駐在組が威張っていたり、永住組がわけわからんことばかり言ったり、オヤジが真ん中に居座ってにらみを利かせているような集まりにろくな物はない。

うちの嫁なんですが、実はマレーシアには行きたくないっていうんですよ。ゴールドコーストが一番良いって。彼女にしてみるとこの17年間の間に友達づきあいでかなり苦労をしてきました。あるグループから追い出されて孤立したこともあったし、こういっちゃなんですが、女性って陰湿なところがあるでしょ。ある時なんか、あまりにもそのグループの中心人物のやり方が異常だったもんで、女性だけの小さな集まりでしたが私が怒鳴り込んだ事もありましたわ。私自身も含めて大人げないことが結構あって、嫁はそれに疲れているようです。

この17年間に知り合った少数の親友以外と付き合おうとさえしませんし、マレーシアに行ったらいろいろな日本人のサークルがあって退屈しないぞと言っても、そんなのに近寄りたくもないと言います。

最近、マレーシア下見のスケジュールを立てて居るんですが、ある一日はクアラルンプールの日本人会にも行こうと思っています。情報収集ですが、それさえも行きたくないと言うくらいです。私に、一人で行ってくれば?と他人事みたいに言います。

私が今感じている、マレーシアの日本人社会のごちゃごちゃの話をしたら、絶対に行かないと言い出すのは間違いがなさそう。

ま、マレーシアに渡ってもそこに居続けるようなことは無いだろうし、出来ないし、小旅行を繰り返しながら勝手気ままに生きようと思います。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ