最近強く思うこと

古いエントリーが表示されているかもしれないので、是非、「投稿日」を確認してください

人間誰しもそうなのかもしれないけれど、誰かの話を聞いたり、世の中の事件にしても、それを考える時に「もし自分なら」というのが根底にあるというのを強く感じます。

当たり前でしょ、って思うかもしれないけれど、私は全くそういう風に考えないんですよ。「貴方だったらどう思う?どうする?」と聞かれれば自分だったらこう思うとかこうするとか考えますが、一般論が話題になっている時に自分の基準とそれを比べることしかできないって、私にしてみるとどうにもならないほどアホじゃないかと思えるんです。話がまるで進まない。

例えばアメリカの話をする。それはアメリカの話であって日本は関係ないのに、日本だったらあーじゃこうじゃという思考方法を取る人が多い。これって凄いおかしな思考方法だと思うんですよ。それじゃアメリカを理解することは出来ないし、北朝鮮にしても日本だったらという基準で考えたらそれこそ全くわけがわからないはず。

あるいは殺人事件があったとする。私としてはどうして殺したのか、一体殺人者は何を考えていたのか、そこが一番気になるんだけれど、そういう思考方法をする人って意外に少ない。あいつは殺人を犯した酷いヤツだで終わらせようとする。イジメも同じ。自分の価値観で判断して理解できるわけがないだろうに。

自分には無い物、知らない物の方が世の中にはいっぱいあるわけで、そういう未知の世界の話をしている時に自分の価値観や自分の環境と比べたら理解することさえ難しいはずなんだけどなぁ。

言い方を変えると、相手の立場になってものを考えることが出来ないというのはこういうことかもしれない。

で、それが顕著なのがお年寄り。

最近、自分の親も含めてお年寄りと話すことが多いのだけれど、完全に自分の世界にはまっていて、自分の知らない世界のことは無視、あるいは理解できないことでも自分の経験に無理矢理合わせて判断する。そして回りは無視して自分がしゃべりたいことだけをしゃべる。まるでトンチンカンなことが多いのだけれど、本人はそれに気がついていないんだなぁ、なんて私は冷めてその人を眺めているようなことが多い。

そもそも自分に関係ないことに興味がないのかもね。だからわけわからんことを平気で言えるようになるのかも。

これはチャットでも思うのだけれど、そういう傾向って家庭に入っている奥さんにも感じる。本当に世の中を知らない専業主婦ってのがいるようで、それもそれを何十年も続けていると外のことがまるでわからないのね。で、全てに関して自分の知っているものと比べて判断するようになる。でもその判断基準ってのが自分の狭い家庭や身の回りの基準だから、どうも話がずれてくる。日本しか知らない人が海外を理解しようとする時も同じことが起きる。知らない国を自分の近所と比べて考えようとしても無駄。

まずは自分が持っている判断基準である定規を捨てて、さらの状態で物事を理解しようして初めて未知の物を理解できる可能性があるはずだけど、そうする人って本当に少ないと思う。だから話をしてても面白くない。この人ともっと話をしたいと思う事って意外に少ない。物事を理解する方法として「自分と比べる」ってことしかできない人と話をしても全然面白くないんですよ。自分はそうは思わないけれど、そういう考え方が存在するのは良く理解できる、っていうタイプの人って私の回りには少なくて、話しに広がりがないから面白くない。でも自分が理解できない考え方は存在してはいけないという頑固者ならいくらでもいる。私のオヤジがそれ。話をしてもその人が固執している価値観がわかるだけ。そこからの広がりも発展も皆無。

その点、若い人は発想が自由で面白いと思うことが多い。

でも、そういう自分も結局はどこにでもいるオヤジと同じで、自分の枠からはみ出ることにはトンチンカンにならざるを得ない。逆にその件は自分の得意な範疇だなんて思うのもただの錯覚だったりする。ま、それが世の常なんだろうけれど、せめて自分の引き出しは一杯持っていたいし、頭は柔らかく保ちたいと思う。

考えるということは自分の脳で考えるわけだけれど、自己を消したら何を理解できるのか、そんなことが気になる今日この頃。そういえば前に私と同じ歳のオヤジとこんな話になったんだけれど、私は自分の先入観、自分にいつの間にか擦り込まれた垢の様な価値観を一つずつ時間を掛けて剥がして最後は裸の自分、何もない自分になりたいなんて言ったんですよ(その時に初めて世の中の真実が見えるようになるんだろうとマジで信じてます)。そうしたらそのオヤジはまるで逆だと言った。彼は職人気質の人で、何もない自分に一つずつ知識や経験、正しい価値観(そんなのあるのか?)をどうにか取り込んで、考え方もこれが俺だというのを作る努力をしてるとのこと。まるで頑固になるために生きているような気がしたけれど、それが普通なのかと思ったり。やっぱり私が変なのか。

頑固で偏屈な年寄りにだけはなりたくない。そんなことを思いつつ歳を取って、俺は頑固でも偏屈でもないと信じている老人になるのが一番恐い。確率高そ。 (笑)

しかし自分の親でさえも、心の底までわかり合えることはもう一生無いんだろうな、なんて思うとやっぱり悲しい・・・。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ