南京大虐殺再び

前に南京大虐殺に関してこの日記に書きました。

南京大虐殺   ← クリック

私としては、南京大虐殺は無かったと考えていたのですが、私がインターネットで調べた限り、やっぱりそれはあったと考えるのが妥当だという結論に達しました。ただ、中国側が言っているような30万人規模ではなく、2万人強だろうと思っています。

この日記に秘密コメントが付きまして、私は勉強不足だというお叱りを受けました。南京大虐殺はなかったという主張です。そしてそういう主張をする方はかなりの%で存在するんですね。

そのご意見をここに出すことは、秘密コメントでありますから出来ませんが、私が考えることだけ書かせてもらいます。

あの日記を書いた後、興味があってもっと調べてみたのですが、調べれば調べるほど、南京大虐殺はあっただろうという考えは強くなっています。あった、いやなかったという意見が書かれたサイトはいろいろあるのですが、私にはそれらをどう読んでも、無かったと主張する方々の論拠の方があやふや、的外れであると感じます。

前の日記にも紹介しましたが、私としてはこのサイトが非常にわかりやすいと思いました。

ここ  ←クリック

このサイトのオーナーは、真実を知りたいという動機からそれを作ったと書いています。私の気持ちも同じで、まず真実を知りたい。

ただ、これも気をつけないとならないわけで、真実を知りたいだけだと言いつつ、一つの方向へ結論を導く手法があるわけで、これはマスコミがいつもやる方法だと思うのですが、自分に都合の良い情報をピックアップし、不利な情報は出さなければ、おのずと方向は決まってしまいます。

それを念頭に入れて情報を読むべきだという大前提を保持した上で情報を読んでも、私には南京大虐殺があったという結論がでます。無いと主張する方々の意見には、あるわけがないじゃないか、中国のプロパガンダだという観念的な先入観があるものが多く、その手の発想、期待の集大成で結論を導き出していると感じます。

私の考え方を変えたのはやっぱり従軍手記です。自分が書く日記もそうですが、一体何を見たのか、何をしたのか、それは年月が過ぎても変わることのない、その人にとっての事実だと思います。初日に3000人を越える人間を殺した。次の日に1万数千人を殺した。そう日記に書いているのに、いやあれは勘違いで人数はそんなにいなかった、いやそもそも何も無かったなんて後日言い出すとしたら、どちらに信憑性があるのか。猫を見たと思ったけれど後で考えたらあれは犬だったなんていうのとはわけが違います。

そういう意味で、私はNHKのドキュメントは無理矢理のこじつけがない内容だと思ったし、史実に限りなく近いと思っています。

それと面白いと思うのは、無かったと主張する人の多くが30万人も殺すわけがないとしつこく繰り返し言う点。私はこの点を聞いただけで、この人はちゃんと人の話を聞いていないと感じるのです。なぜか?30万人殺したと言ってるのは中国側であって、日本国内で虐殺があったという人達で30万人説を唱える人はいない。いや、私には見付けられませんでした。私も前の日記で30万人という数字は受け容れられないのは書いています。つまり、30万人という点においては、虐殺があったという人達でも認めていないんですね。だれも言っていないことを、そんな事はないと騒いでる焦点ボケの人が虐殺無かった派に多い。

これは私としては議論の対象にならないわけで、そういう馬鹿なことを言い続けること自体、その人の持つ全ての論拠さえ疑われると思うのです。無かったと思うなら、あったという側の主張を一つずつ潰すべきで、言ってもいないことを騒ぐべきじゃない。中国の言う30万人はおかしいにしても、そこばかり突いて虐殺そのものが無かったという論理は私としては受け容れがたい。

また、そんな虐殺があったのならどうして蒋介石も毛沢東も沈黙してそれを許したのかという意見もあるようですが。これは私としては全く意味がわからずです。蒋介石は当時の首都である南京にいて、陥落直前に兵を残して飛行機で逃げたわけで、南京及び周辺に残された兵隊こそが日本軍と戦っていた蒋介石の軍であったはず。当時毛沢東は何をしていたんでしょうか。私にはその辺はわかりませんが、まだ彼は後に戦うことになる蒋介石の軍よりひ弱で、各地でゲリラ作戦を繰り広げていた程度ではないかと想像しています。どちらにしても首都陥落で勝負は付いたわけで、大虐殺が行われたというのはその直後の話ですね。捕虜を大量虐殺したのがこの事件であって、戦闘で何十万、何百万死のうがそれだったらこれほどの問題にはならないはず。

また私が虐殺と言う言葉を使うのは、殺された人達は決して兵士だけではなかったし、その殺人は違法という意味です。南京が陥落するときに多くの兵士は城壁からロープを使って逃げたり(防壁が退却の障害になった)、また敵前逃亡ということで自軍に殺された兵も多くいた。これに関する日本軍の報告もありました。また多くは兵服を脱ぎ捨てて民間人の恰好で逃げた。あるいはまだ多くいた民間人の中に紛れ込んだ。これらは便衣兵と呼ばれ、当然それの掃討作戦が行われた。

ここでも一つ問題があります。便衣兵、いわゆるゲリラの様に民間人に紛れて戦闘をするのは単に姿を変えた兵隊であり、戦争時には殺害しても良いことになっている。でも厳密に言うと、それは戦闘目的の便衣兵であって、逃げるために民服に替えた兵隊は便衣兵でもなければゲリラでもない。戦闘意欲があるのかないのかという点が考慮されると聞きます。

また一歩譲って真の便衣兵狩りだとしても、民間人との区別がちゃんと出来たのか、そこがこの事件の争点の一つだろうと思っています。私はそれはなされていなかった可能性が高いと「想像」しています。

そして便衣兵、残兵狩りをして捕まえたのが2万数千いたというのが南京陥落後の数字で、民間人が混ざっていたにしてもそれは建前上捕虜。では捕虜はどう扱うべきなのか?

彼らを揚子江沿岸に集めて殺しちゃったのがこの南京虐殺と言われる事件だろうと思います。決して南京市街で兵隊だろうが民間人だろうが手当たり次第に殺したっていう話じゃないんですね(数十~100人単位ではあったという報告はある)。

まぁ、やっぱりやってはいけないことをやったと私は思うわけで、中国側がこれをどれほどまで誇張したにしても、事実はあったのだろうとしか私には思えません。

中国が言う30万人ですが、南京市街から郡部まで拡げて南京という言い方をするのであるならば、便衣兵、残兵、民間人を含めて、また期間を前後長く取って計算に入れれば、そのぐらいの数字にはなるのかもしれないと思っています。ただ、これはあくまで想像であって、正確な数字を把握することは不可能。中には、人口が20万人しかいなかったのにどうやって30万人殺すんだ?という否定論法がありますが、20万人は南京市街の人口。これに南京防衛のためにどれだけの兵士が投入されたのかはわからない。また市街を越えて周辺の郡部も計算に入れると百数十万人の人口があったという説もあります。それプラス兵隊。

ま、想像の話は別にして、少なくとも2万を超える大量の捕虜(民間人含む)をたった二日間で南京近郊の幕府山揚子江沿岸(南京)で違法に殺害(虐殺)したのは間違いが無いと私は考えています。そしてこれは極秘裏に行われ、箝口令が敷かれた。だから同じ日本兵でも殺戮の実行部隊以外はその事実を知らない。俺はあの時、南京にいたけれど大虐殺なんか無かったという兵が多くても不思議はない。ただ、それだけの数の捕虜がいたことは明かにされていて、移送中に逃走したと発表したらしい。南京に住んでいた民間人の家族達も殺されたことを知らず、他の都市へ移送されたと信じていた。だから海外からの特派員がいたのにどうしてこの大量殺人が語られないのかは想像ができます。彼らが見たのは南京市内の小規模な殺戮で、まさかあの2万を超す捕虜が2日間で一気に抹殺され、死体は全て揚子江に流されたのを知る人は少なかったのでしょう。ただ、その後数ヶ月で何かあったらしいと嗅ぎつけた外国人ジャーナリスト達の調査が始まったという記述もありました。それがこの問題が世に出てきた切っ掛けかもしれません。

従軍していた将校の従軍日誌にはその記述がなかったり、あるいはその二日間のページだけ破かれていたり。しかし多くの下級兵士の日誌にはその殺戮に参加したことが書かれている。だから中国サイドもその殺戮が行われた時点では確かな情報は掴んでいなかったのでしょう。だからこそ世界がそれを知るのは遅れたし、それがこの事件を怪しむ切っ掛けになっているのだろうと私は考えています。

繰り返し書きますが、私がこれが実際に起きたと考える理由は近年になってやっとボチボチ出てきた従軍日記と、その内容とつじつまが合う殺戮に参加した兵隊達の証言です。これらが出てこない時代には誰も信用しなかったろうし、もし今でもそれらが存在せず、あるいは偽物臭さがあるとしたら私は南京虐殺は無かったと思うはずです。私としては、従軍日誌を公開してくれた本人や遺族、そしてこれに関してしゃべれば地元の軍人会(同じ経験をした同じ部隊の人が多い)に迷惑がかかる、あるいは地元で干されたり、右翼からの命さえも脅かされる恐怖にまさる公表する勇気を持ってくれたことに感謝しています。

これが私が考える南京虐殺の焦点なのですが、きっと誤解もあるでしょう。そして当然反論もあるでしょう。議論をしたい方、文句を言いたい方はコメント欄に書いて頂いても結構なのですが、私には議論をするだけの素養がありません。ただ、私はこう思うということを書いただけです。でもこれに関するコメントを書かれるのは一向に構いません。また、言いたいことを好きに書きやがってと思われる方は、是非ご自分の説、あるいはどう思うかはご自分のブログに私のように好き勝手に書いて頂いて、是非そのURLを教えてください。是非参考にさせて頂きたいです。

また大虐殺はなかったと主張する方で、その人の言うことが筋が通っていると思うサイトがあるなら是非、是非、紹介してください。私だって大虐殺なんかなかったと本音としては思いたいのですから。

暴行、強姦、略奪、無差別殺人等、これに関してあったのかなかったのかという話でしたら、私はあったに決まってるだろうと思っています。「坂の上の雲」は良い映画で大好きですが、あの兵隊としての美しさとそれとは正反対の残虐さは一枚の紙の裏表で、異常な行動は間違いなくあったというのは私の今までの人生で聞いてきた様々の証言から確信しています。人肉を食らうことさえ頻繁に起きていたと考えるくらいです。またそれは日本軍だけの話じゃなくて、どこの国も同じだろう、日本よりもっと酷い国もあると言いたいのですが、それはやめにしても、戦争とはそもそもそういう物だろうと思うのです。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ