公開質問書がだされた。28日に返答

新たな進展がありましたので、ご報告します。

「直ちに人体に影響が出るレベルではありません」に関する公開質問書。

「3月24日、全国168の市民団体は共同で、公開質問書を提出しました。福島瑞穂議員の尽力により、28日(月)厚生労働省が回答することになりました。同日、市民の記者会見も行います。」

28日、つまり明日ですが、厚生労働省の回答、記者会見があるとのことで注目したいと思います。

と、同時にこれをどれだけのマスコミが報道するのか、それに関する各社、コメンテイターの解説をジックリ聞いてみたいと思います。

公開質問書は管総理大臣宛で、

内容はこれです  ←クリック

内閣総理大臣 菅 直人 様

福島第一原発の事故発生以来、貴殿や枝野官房長官は政府の記者会見におい
て、現在の被ばく線量は「ただちに人体に影響がでるレベルではありません」
と繰り返しています。その意味について以下に質問します。
1.「ただちに影響がでるレベル」とはどのようなレベルなのか、またその影響
とはどのような人体的影響なのか、具体的に説明してください。
以上について3月28日に文書で回答するとともに、説明の場を設けてくだい。

2011年3月24日

[公開質問書の共同提出団体 168団体]

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ