初体験

初体験っていろいろありますよね。アレとかコレとか。

で、本日、私は初体験をしました。この歳で初体験です。

私の歯は丈夫で、決して綺麗ではないのですが子供の頃から学校で表彰されたり、大人になってからも大したトラブルも無く、クラウンを着けたのが一つあるだけ。

でも先月、親知らずが痛くなって一本抜いたわけですが、この2,3日、どうも右の下側、奥歯周辺に痛みを感じてその親知らずを抜いたのが原因かと思っていました。その内治るだろうとタカをくくっていたのですが、今日、歯を噛み合わせるとかなりの痛みを感じたので歯医者に行くことにしました。

痛み止めと抗生物質でももらえば済むだろうと・・・・・。

ところが~~~~~~~~~

下の奥歯ですが、抜いちゃいましょうよ、なんて恐ろしいことを歯医者のバカたれが言い出しました。グラグラですと。

嘘だろ~~~~~~、と思っていたところ、鏡を渡されグラグラしている様子を見せてくれました。

なんでこんなことになったんだ?

歯は丈夫で素晴らしいのだけれど歯茎が駄目だそうで、いわゆる歯周病なのでしょう。歯茎が落ちて骨も溶けてる(?)とのこと。

嘘だろ~~~~~~~(再び)

抜かなくても良いけれど、いつまで経ってもグラグラのままだよ、なんてニコニコしながら先生は言うし~。

じゃ、抜いてください・・・・と、消えそうな声でお願いしました。

歯を抜くのってペンチで引っ張って抜くんですね。グラグラしてると言っても抜けそうなぐらいにグラグラしているわけじゃないし、そりゃとんでもない力を込めて抜かれました。もちろん麻酔の注射を打ってからですが、あれって拷問を受けているような感じ。

先生は抜くのが快感みたいにニコニコしてるし・・・・・

で、考えてみたら、永久歯を抜くのって私にしてみると初体験。初めての経験です。親知らずは抜いたけれどそれは所詮いらない歯であって、ちゃんと上下揃って今までしっかり働いてくれた歯を抜かれるのはなんとも言えない気分でした。悲しいやら寂しいやら、そしてやっぱり歳を感じました。

こうやって気が付くと入れ歯をするようになっているんだろうと・・・・・

やだね~~~~~

でも歯って若い頃からちゃんと手入れをしていれば大丈夫みたいですね。ちゃんと綺麗に磨いて、しっかり歯垢や歯石もとっていれば歯周病にはならないし、歯も抜けるなんてことにはならないとのこと。

今更悔やんでもしょうがないけど、今の延長線上には総入れ歯の自分がいるかと思うともう少し真面目に考えておくべきでした。

で、今後どうするか相談したのですが、とりあえず表面の歯石はちゃんと取れているものの、歯茎の奥の方に入り込んでいる歯石を放置したからこうなったのだと言われ、じゃぁ、それも綺麗にしましょうという話になりました。

来月からその治療が始まりますが、そもそも歯茎の奥の方の歯石ってどうやって取るんでしょうね。その治療のパンフレットみたいのをもらいましたが、普通に歯石を取るあの器具を奥のほうまで押し込んで削り取る図が描いてありました。

ほんとかよ~、痛そうじゃんか~~~

でもやるっきゃないのでやってみます。

ところで、抜けた歯の跡をどうするのかと聞きましたところ、インプラントにするにしても骨が駄目になっているからそれも同じように抜けちゃうかもだよ、なんて言われました。でもちゃんと治療してからなら大丈夫だろうと。

でもこれもおかしなもんで、歯周病が治ったところで、そして歯茎が正常になったところで骨が再生するわけじゃないんだから、後でやるなら大丈夫ってのも私には理解不能。

ま、そんなこんなで歳を感じてがっかりした初体験レポートでした。終わりっ。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ