摩訶不思議なJAL

今回の日本一時帰国はいつものJALではなくてLCCのジェットスターを使いました。理由は、JALなら溜まったマイルを使って特典航空券が手に入るのだけれど、シドニー経由の便しかなく行きはシドニーに一泊しなくてはならない。ジェットスターならゴールドコーストから成田まで直行便があって価格は安いから。

でも価格で言うとJALのブリスベン-シドニーー成田を買うと、なんだかんだ細かく課金されるジェットスターより安い。これは意外でしたし、今後はこれも検討する余地はあると思います。

で、ジェットスターですが、飛行場で気がついたのですが、このゴールドコースト-成田便はジェットスター・カンタス・JALの三社のコードシェア便だったということ。

おかしいですよねぇ。

JALのコードシェア便ならJALで切符を買えるはず。ところがJALオーストラリアのホームページからはこの便を買えない。

これが非常に不思議だったので、帰りに成田のJALの発券ブースでこれに関して聞いてみました。この答えがすぐに出ずに、係りの女性も首を傾げていました。彼女の使う端末で予約はできるものの発券はできないらしいのです。

コードシェア便なのにその切符を買うことができない?

飛行機に乗ってからCA(ジェットスターの)に聞いてみましたが、JALとして乗っている客は若干いるとのこと。でも切符を我々が買うことはできないんですよ、と話したところ、これは旅行会社向けかもしれないと言っていました。

そんなことがあるんですかねぇ。で、先ほど日本のJAL、オーストラリアのJALでそれぞれ発券状況を調べてみました。これがまた摩訶不思議なことになっておりまして、

日本のJALで調べると

○ 東京(最初の入力に成田・羽田の区別がない)-ゴールドコースト便はない。

○ 大阪-ゴールドコースト便はジェットスターとのコードシェア便が存在する。

○ 東京-ブリスベンを検索すると、成田-シンガポール-ブリスベンという便が出てくる。

オーストラリアのJALで調べると

○ ゴールドコースト発着便は存在しない。日本からなら買える大阪出発便はゴールドコーストからは買えない。

○ ブリスベン-東京を検索するとシンガポール経由便は出てこず、シドニー経由便のみ。

こういう結果でした。面白いですねぇ。日本発とオーストラリア発とでは使う便が違う。

まぁ、考えて見ますと昔と違って今はジャンボも飛んでないし、小さな飛行機だし、ましてやコードシェア便となるとある路線に客が集中することがあり得るんでしょうね。だから出発地によって同じ区間でも経由地を変えて分散しているのでしょう。

私としてはゴールドコースト-日本(成田・羽田・関空)の直行便が欲しいわけですが、これはJALは持っておらず他社とのコードシェア便のみ。もしこの便を自由に買えるとなると、多分これに集中する可能性があるんだろうと思います。だから制限を加えて、他の都市を経由させて自社便をどうにか使わせるルートを作るんでしょうね。

でも大阪からはジェットスターのコードシェア便を買えるということですが、そうでもしないと大阪から成田経由という今時絶対に受け入れられないルートしかなくなってしまう。(でも東京から買えないのはやっぱり変で、でも東京からもジェットスター便を買えるようにしてしまうと、まさに他都市を経由して行こうとする客が極端に減るかもしれませんね)

でもオーストラリアから大阪へ行く場合には成田を経由させられる。これって客層が違うってことでしょうね。大阪からゴールドコーストに行く場合、成田経由という面倒なルートしかなければ観光客はゴールドコーストへ行くことさえ選択しない可能性がある。ところがゴールドコーストから大阪へ行く客は観光客の比率は低く、そもそも大阪へ行かねばならない客だから遠回りもOKってことなんでしょう。

ま、そんなこんなでややこしいことになっていますが、少なくともJALはかなり価格を下げてきていて、料金そのものをジェットスタート比較しても、ジェットスターより安いか同等だと言って良いと思います。検討の余地は大いにあると思います。ただし、直行便じゃない。

実は今回のジェットスター便にはびっくりしました。行きはボロボロの機体で、見るからに古いのがわかりました。座席もボロボロで目の前の席の背中についているポケットは破けていたり、椅子の生地が切れいていて椅子の構造物が見えていたり。

それと食事が最悪でした。小さなお弁当箱みたいなのにすべて入っている食事なのですが、2-3種類の中から選べるものの内容は最悪。これほどまずい機内食はゴールドコースト-クアラルンプール便で乗ったエアーアジアを思い出しました。

ところがーー

帰りの便は最新機の様で、まったく行きと違って綺麗でした。そして食事も美味しかった。日本発の場合は日本のケータリング会社が食事を作っているからでしょうね。

ただし、かなり小さな席のエコノミーで9時間程度のフライトってかなり厳しいと思いました。お尻は痛い、腰も痛いし、飛行機を降りてから体がガタガタになったような感じを受けました。私は100キロ程度の巨体ですのでかなり厳しい。

今まではというとJALのマイルを使った無料航空券でビジネスクラスばかりでしたが、やっぱりビジネスはいいなぁと改めて思いました。よく話の中でビジネスやファーストをどうしてあんな高い金を払って買う人がいるのか不思議だよね、なんて話題になりますが、それが今回はわかったような気がします。

エコノミー席は飛行機に乗ることそのもので疲労がたまる。ところがビジネスやファーストだと溜まった疲れを飛行機に乗っている間に癒すことができるってことなんでしょう。ヨメさんと、最近はお笑いタレントでもファーストに乗るんだってねなんて話をしていましたが、3,4時間のフライトならまだしも、9時間10時間というフライトだった場合、降りてから疲れが溜まって仕事にならないなんてこともあるように思いました。ビジネスマンも同じでしょう。

まぁ、ファーストは論外にしてもビジネスも高いですから自腹で乗ろうなんてまったく思いませんし、マイルを使った無料航空券だから私も乗れるわけですが、やっぱりビジネスがいいなぁとつくづく思ったフライトでした。

ところでジェットスターのビジネス席ですが、どういうわけか白人ばかりで日本人の姿は皆無でした。

これってカンタスのマイルを使った客が多いってことかも。ジェットスター便はカンタスのマイルが使えますから。

ここも面白いもんで、JALのマイルでカンタスに乗れますが、ジェットスターには乗れない。

どうせJALはジェットスターと合弁会社を作ったのだから、国際便ももっとフレキシブルにマイルの利用ができるようになればいいのになぁ。でもジェットスターのビジネス席にJALマイルで乗れるとしても、そもそも他社便は交換比率が悪いから使わないかもだなぁ。

JALがブリスベン-成田便を復活してくれればすべては解決するのに。かつてはここにジャンボジェットをJALが飛ばしていたなんて、今では想像もできません。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ