マレーシア関連の動画

新報道2001という番組でマレーシアが取り上げられましたがそれの動画があります。

不動産関係、子育て移住、その辺に詳しい内容です。(69分)

マレーシアに目が向いている方にはワクワクする内容だろうと思います。

私が見ていて思ったのは、出てくる不動産屋の青年の売り込み方がうまいということ。海外不動産ってもう30年以上前から何度も何度もあちこちでブームが起きましたが、業者の言うことは同じなんですね。間違えなく1.5倍ー2倍になりますとか、いい事しか言わない。でもそれって嘘じゃなくてそういう風に動くときは間違いなくある。当地ゴールドコーストも同じ、NYやロスもそう。今までのブームは一度じゃ二度じゃなかったし、儲けた人も少なくない。でも損した人も多いんですね。

冷静に見ている人の意見もでていて、「実需で売れているわけじゃない」という人がいました。これは当地ゴールドコーストも同じで不動産ブームと言っても、値上がり期待で買う人が集まるブームが主で、実需で住む人が増えているブームとは違うって事。売れているはずなのに夜になると電気も灯らないコンドミニアムがいくらでもあるんですね。これはマレーシアも同じだと思います。

また思い出しましたが、KLで貸し出しの為に購入した方のコンドミニアムが、最初の宣伝とは違って、年に10%の稼働率でしかないという話も聞きました。まぁ、自分が住むとか、お金に余裕がある人は別荘を買うのと同じで良いですが、投資目的で、また借金までして買う場合はそれなりの覚悟が必要なのはどこでも同じだろうと思いました。

それと面白いと思ったのが、日本人も中国人もXXXに比べたら安いって見方をするのね。土地が変われば値段も変わるのに、どうして自分の知っている地域と比べるのでしょうか。日本もいろいろで、住居の安い地方から出てきた人に取っては6000万だ1億だなんてとんでもない価格ですよね。安いなんて思うのは一部の都会人だけ。結局海外の不動産ブームってそういう人たちが集まって買い上げて出来るブームなんだろうと思っています。

今日、町で中国人の友人と出会って立ち話をしていましたが、ブロードビーチ辺りのコンドミニアムが酷いことになっていて、1億5000万の部屋が8000万でも売れないと言っていました。ゴールドコーストもパンフレットだけで現物を見ないで買う人がいくらでもいた時代もあったのに変われば変わるもんです。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ