結局こういうことになるのが日本の歴史のパターン

安倍首相靖国参拝で中国&韓国 実は大喜び!  ← クリック

——————
DAILY NOBORDER 12月27日(金)23時48分配信

 安倍晋三首相が26日、東京・九段下の靖国神社を参拝したことに対して、予想どおり中国、韓国が猛反発している。

 中国の程永華駐日大使が即座に外務省を訪れ、対応したい斎木昭隆事務次官に「極めて遺憾を覚える」などとする抗議を伝え、本国では王毅外相が木寺昌人駐中国大使を呼びつけ約40分にわたって強い抗議を行った。韓国も同様な反応だ。

 だが、こうした表向きの動きと裏腹に在京の中国消息筋は同日夜、DNBの取材にこう語った。「安倍首相は我々の思惑通り動いてくれた。これで尖閣諸島もまた一歩、我々の手に近づいた……」

 理屈は極めて簡単だ。中国政府はこれまで安倍政権を「右傾化、軍国主義的」などと批判してきた。安倍氏が「誤解に基づく批判である」「中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたい」とどんなに抗弁しても、国際社会の常識では“首相の靖国参拝”は「戦犯の崇拝」「戦争の肯定」と捉えられてしまう。

 実は中国の狙いはそこにある。

 今回の参拝で、これまで“筋違い”との批判もあった中国の主張の正当性が裏付けられ、国際社会もそれを認めざるを得なくなる。とくに尖閣諸島については「仕掛けてきたのは日本側だ」との主張もできる。前出・王毅外相の「重大な結果の責任は日本がすべて負わなければならない」という言葉に裏には、そういう意味が含まれている。

 26日付の米ウォールストリートジャーナル紙は、「とかく日本を軍国主義だと騒いできた中国指導部にとって、靖国参拝は最高のプレゼントだ」とまで書いた。

 一方、反日姿勢を続ける韓国の朴槿恵大統領にとっても渡りに船だ。最近では韓国国内からも大統領の対日姿勢について批判の声が上がりつつあった。それも安倍氏の参拝で、一気に正当化されることになる。韓国の国防省は参拝を受けた27日、南スーダンのPKO活動で日本の自衛隊から提供を受けた銃弾は、補充が届けばすぐに返却すると表明した。

 靖国参拝で安倍氏の私的心情は満たされたが、代償で失われた国益は決して小さくない。
——————

私が中韓だったらこれと全く同じ事を考えます。飛んで火にいる夏の虫だと。

ただ、「安倍氏の私的心情は満たされたが・・」というのは浅い読み方だと私は思うわけで、前の日記に書いたように、内向きのパフォーマンスでもないし、逆に日本人に世界情勢をしっかり理解させ、覚醒を求める行動だったと私は受け止めています。今までの日本の良さ、美徳が今の状態を生んだと。

でも戦略的には一歩後退したのは確かで、今後どうするつもりなのか全くわからず。各国に理解を求めるなんて生易しいことを本気で考えているとしたらただのお坊ちゃま。

でもねぇ、第一次安倍内閣の時には、私は「お坊ちゃまはしょうもないなぁ」なんてことを感じていたんですよ。

彼なりに勝算があると読んでの行動だと思いたいけどどうなりますか。

中国と韓国と似たようなことをいつも言うけれど、私は中国はちゃんと戦略を持っていると見ています。状況を見ながら言うことをコントロールしてる。ただ韓国ってまるで何をしたいのか見えてこなくて、上から目線で日本を叱るばかり。でも靖国参拝のショックは韓国の方が大きいでしょうね。あれだけ日本を叩いたのに、なーんも感じてませんと安倍さんが答えたのと同じですから。韓国国内では融和策を言う論者も新聞も出てきているのに、いや、結構ですと言ったも同じ。これじゃ大統領は独り相撲をしていたのと同じになる。日本に対して全く力がないことを証明したことにもなってしまう。

ウォン/円の為替を見てみると、ウォン高が半端じゃない。自民党内部でウォン高になるように介入しようと言う声も出ていたというけれど、実際にやっているんじゃないかと思うくらい。その為替の動きも今回の参拝も、やばいことになったと思ってるのは韓国のはずで、仲良くしようにも動けない。大統領も今まで以上に日本に文句を言うしかないはずで、告げ口外交の責任はお前が取れと、大統領が後戻りが出来ないところへ安倍さんが追い込んでいるようにさえ見えてくる。

中国がどう出てくるかも見もので、尖閣の国有化の時にはあれだけの大騒ぎ。その後、韓国と同じように日本を叩き続けているのに参拝ですもんねぇ。彼らが言うように「戦争の美化」とか「侵略の反省まるでなし」というのなら、尖閣の時以上に大騒ぎしないとつじつまが合わない。そこまで仕掛けてくるのかどうか。

と思ったら、もう中国の軍事評論家の「26日の大ニュースと言えば、中日両指導者が共に、自国に祭られている死者を参拝したことだ。日中の政治家らは現在起きている危機に対し、歴史の中から解決の糸口を見つけ出そうとしているが、歴史は現実の問題を解決してはくれない。それどころか、危機をさらに深刻化させる最大の原因だ」というような論評を早速ニュースに流すぐらいだから、もしかしたら中国も困っているのか。

アメリカは腰砕けでオバマには求心力もなく、中韓と仲良くやってくださいよぉというしかないし。

それぞれの国の口調は厳しいけれど国家としてはそれが当たり前で、本音はちがうところにあるのかも。

我々としてはマスコミの「安倍首相の誤算 靖国参拝、強まる逆風」なんてのを読んでビビっちゃうまくないわけで、政治は駆け引き、冷静に各国の動きを見ていたいと思います。

やっぱり日本は単なる「飛んで火に入る夏の虫」だった、なんてことが無ければ良いのだけど・・・・。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ