フォーチュンクッキーは日本人が作った

中華料理屋に行くとフォーチュンクッキーを置いてあるところがありますよね。クッキーの中に運勢が書いてある紙が入っているアレ。

fortune-cookies-til

要はおみくじが入っているわけですが、おみくじといえば日本。実はこのフォーチュンクッキーは日本発祥のもので、それをアメリカに持ち込んだのも日本人。ところがいつのまにか中国人の中で広がって、多くの人が中国のものだと思うようになり、今では世界中の中華料理店で提供されている。でも一般的中国人はこれの存在を知らなくて、何これ?紙が入ってるよ~~と言うのだそう。 (笑)

面白いですね~~。

日本にも全く同じものが昔から存在していて、発祥は京都のお店ですと。お店の名前までわかっていて、伏見稲荷にある総本家宝玉堂。

fortune-cookies

ま、なんてことはないのですが、こういうことっていろいろあるようで、欧米人が中華料理というとすぐChop Sueyと言いますよね。あれは中華料理じゃないそうで、アメリカで考案された中華風料理。私にすれば五目あんかけでやっぱり中華なんですが、違うそうです。

その他、鶏の唐揚げを甘辛く味付けされているGeneral Tso’s chicken(左将軍の鶏)というのもアメリカで非常にポピュラーなものですが、これも中華料理ではなくアメリカで考案されたそうな。

これを作ろうと思って調べていたら、上に書いたような色々なことが芋づるで出てきたのですが、こういう雑学も料理から広がるのが面白いと思いました。

General Tso’s chickenですが、要はちょっと小さめのサイズにした鶏の唐揚げを、甘酢あんかけにしたものですが、日本のそれとは違って中華味なので面白そう。そして美味しそう。近日中に作ってみます。

(音声はありません)

 

 
    

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ