北京風の酢豚を作ってみた。大失敗 (T_T)

酢豚も好きな料理なんですよ。でも中華料理屋に行っても注文することは殆どありません。誰か酢豚を好きな人が同席していた時ぐらいか。

これってトラウマになっているんじゃないかと思うんですが、私が小さいころなんて豚肉だって高価な食材で、ビフテキなるものは名前しか知らずハンバーグでもご馳走でした。今思えばハンバーグも豚肉ばっかりだったんじゃないかと思いますが・・。

で酢豚も好きだったんですが、当然、野菜のほうが圧倒的に多いわけですよ。豚肉なんか申し訳程度にしか入っていない。でも私は昔から野菜嫌いでしたし、酢豚の豚肉を食べたい。ところが、家族で食べる時の私の割当は2個かそこらでそれ以上は食べられない。下手に手を出せばオヤジに怒られましたっけ。で、皿の上には野菜がいっぱい残るというパターン。ですから好きなんだけれど、敬遠してしまう。その変なクセがついています。

酢豚も野菜なしの酢豚があったらいいなぁと思っていました。(笑)

そんな時に見つけたのが「北京風酢豚」。肉だけの酢豚。\(^o^)/

北京風の酢豚なんて食べたことはないですが、きっとモンゴリアンに似ているんじゃないかと勝手に想像して、作ってみることにしました。

参考にしたレシピはこれ。

白髪ネギなんてゴールドコーストでは作れませんし、全く野菜がないってのも変な感じがしましたので冷蔵庫の中にごっそりあったモヤシを湯通しして周りに敷いたのですが・・・

RX1R-06546

うううう、美味しくない・・・。

ていうか調味料を見ればどんな味なのか検討はつくんですね。中華らしいスパイスも入っていないし、単純な味になるのはわかっていた。

でもこれほどつまらない料理になるとは思いませんでした。

ヨメさん曰く、「美味しくないとは言わないけれど・・・、それにこれとモヤシって合わないのがわからない?」ですと。

はい、わかりません。orz

「入れるなら湯通しじゃなくて油で炒めるべき」

はい、申し訳ありません。orz

そもそも片栗を入れすぎたし、いい所全く無し。

でも長男は「俺、あの甘ったるい普通の酢豚よりこれの方が良いわ」なんてまた気を使ってくれて・・・。でもこれであいつの評価は全くあてにならないのがよーーくわかった。(笑)

肉はこれを使ったんですよ。

RX1R-06544

なんでわざわざ高い肉を?それに脂が多いんじゃね?って思いますよね。実はこの脂(背脂)が欲しくてあえて脂身が多いのを探したんです。

最近、また背脂が手にはいらないもんで・・・。この背脂だけ切り取って大事に冷凍庫にしまいました。そういえばマレーシアで背脂に関して書いてあるブログを読んだことがありません。TTDIで簡単に手に入るんだろうか。

肉はテンダライザーでブスブス刺しましたし、非常に柔らかく出来上がっていました。大きさは大きめで口に入れた時の満足感は最高だし、酢豚は餡を絡ますけれどカリッと揚がっているほうが好きなので片栗粉ではなくてコーンスターチも使って、そこそこいい感じだったのですが、いかせん、味が・・・・。

この料理にはご飯じゃなくて万頭が似合うはずで、作ろうかと思ったのですが、そこまでやらなくてよかった。

あーーあ、やっぱり酢豚はケチャップなりトマトソースで作るのが一番美味しいと思います。

ご馳走様~~~~。バカヤロ~~~~~~~。(T_T)

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ