安く買った「和牛」をどう食べようか・・・

フェリーロードマートの肉屋で安い「和牛」を見つけたのは前に書きました。

これ、な、な、なんと1キロ25ドル。これって普通の肉のステーキよりも安いし、和牛ステーキと比べたら数分の1の値段。我々としては肉の形なんかどうでもよいわけで、ステーキだけが和牛の食べ方ではない。

半端な肉の寄せ集めなのは間違いがないしても、見た目は立派な和牛だし、どうにでも使えそう。

RX1R-07045

で、これを調理するのですが、どうしようか・・・。

とりあえずこれがどんな程度かもわからないし、結構大きな切り方になっているので、これを「串焼き」にしたらたいそう立派なものになるんじゃないかと。

ということでまずは一部だけオーブンで焼いてみることにしました。味付けは4種類。

◯ 全く何も手を加えずにそのまま。
◯ 塩コショウ、ガーリックパウダーだけ。
◯ 「エバラ焼肉のタレ」を揉み込む。
◯ アメリカ的な感じで焼く。

アメリカ的とはクミンパウダー、パプリカパウダー、ガーリックパウダー、カイエンペッパー、塩コショウ、ウースターシャーソースで味付け。そしてリキッドタイプの「スモークフレーバーの素」も入れてインチキをする。

RX1R-07118

これをオーブンで200度で10分、そしてその後、グリルにして焼いてみました。

RX1R-07119

これにソースを二種類。

◯ タイのホットソース(スリラチャ)+海鮮ジャン。これってフォーを食べる時のソースと同じ。
◯ グリークヨーグルト。

RX1R-07121

さぁてどんな感じでしょうか。

最初に食べたのが「何もしていないもの」でホットソース+海鮮ジャンのソースを付ける。美味しい~~~。これってかなりイケる。和牛の味もするし、これ良いわ~~~。

次に食べたのがエバラ焼肉のタレ。う~~む、なんだかイマイチ。そもそも私はエバラ焼き肉のタレも含めて「市販品の」焼肉のタレで美味しいと思ったことが一度もない。蒸れ臭さを感じるんですよ。でも「叙々苑」の「サラダドレッシング」で焼き肉を食べると美味しいのを発見。どちらにしてもどうでも良い感じの焼き肉。

次に「塩コショウ、ガーリック」。うーむ、これもなんてことはないつまらない味。

最後はアメリカ式BBQみたいなもの。これにグリークヨーグルトを付けて食べる。これもねぇ、なんだかアメリカの安食堂で食べる味。

結局はなんてことはない、「何もしなかった肉」が一番美味しかった。不思議だ・・・。タイのホットソースと甘い海鮮ジャンが一番美味しいとは意外。

ただ肉質としてはやっぱり「オーストラリアの和牛」で和牛の味はするんだけれど、肉質がちょっと硬い感じ。でもま、これは半端肉だし、我々としてはオーストラリアの肉には慣れているので、この肉は美味しいと思う。我が家にはこれで十分、使いみちがあるのは間違いなし。

1キロ25ドルって安いと思いますよ~~。あの肉屋で売っている和牛のBladeのブロックが1キロ29ドルぐらい(数年前は19ドル)だから、家で普通の料理に使うにはこれが一番コスパが良いのは間違いがない。これっていつも売ってるのかなぁ。数キロ買ってきて小分けして冷凍するってのも良いかもしれない。って、我々はもうすぐマレーシアだからそれはしないけれど・・・。

ついでにもう一つ、やってみたかった調理法で作ってみました。

前の【洋食がアジアに出会ったシリーズ:「鶏のハツXO醤炒め」】が面白い味だったし、あれはハツじゃなくて鶏肉でも豚肉でもそして牛肉でも問題はないし、逆にその方が一品料理らしくなって良いと思っていたんですよ。ということで、「鶏のハツXO醤炒め」とほぼ同じような作り方で作ってみました。

洋食がアジアに出会ったシリーズ:「鶏のハツXO醤炒め」 | dabo_gc
洋食がアジアに出会ったシリーズ:「鶏のハツXO醤炒め」 …

材料はこれだけ。頭にあったのは「酢豚」で、それをイメージしながら冷蔵庫の野菜を適当に・・。

RX1R-07128

この料理のポイントは「洋食」であるのだけれど、「XO醤で深みを出す」って感じですかね。

でも基本は洋食の味で、中国っぽい感じはなく、でも味は深くなっていて美味しいと思いました。

RX1R-07133

ゲテモノわけのわからないものは食べないヨメさんですが、味見をして美味しいと言っていました。長男がもっと食べさせてくれ~~とほとんど食べてしまった。

長男 「これ美味しいじゃん。ウイグル料理みたいだ」

ダボ 「お前、ウイグル料理なんて食べたことあるのか?」

長男 「ないけどさ~~、そんな感じがしない?」

ダボ 「確かに、西アジアっぽい感じがするよな」

長男 「そうそう。洋食じゃないし中華じゃないし」

ダボ 「そうそう【洋食が~~~~中華に出会った~~~~~】って感じだろ?」

長男 「その言い方ってどこかで聞いたことがある」

ヨメ 「世界ウルルンのナレーションよ」

長男 「ああ、なるほどね」

ってな会話をしつつ、テストで作った少量の・・・これ、なんていう料理?これの味見をしつつ、家族の団らん。

でもですね、例えばどこかのレストランでこれを薦められて食べたとして、確かに美味しいとは思うものの、また食べたいね、って感じじゃない。(笑)

やっぱり慣れた味が良いんでしょうね。でも「何も付けないで焼いただけ」のを「タイのホットソース(スリラチャ)+海鮮醤」はリピありですわ。美味しい。

っていうか、このソースってベトナムのフォーには必ず付いてくるし、シャブシャブ肉(牛でも鶏でも豚でも)付けて食べたら「神」かも。特に安い肉にはばっちり。(笑)

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ