最近欲しいと思うカメラ

まったくカメラに関しては物欲が止まりません。次から次へと良いなぁ・・と思うカメラが出てくる。

そして最近のは一時期のPCと似ていて、3年も経つと全く違うレベルに上がっているということ。こういうのって見ているとワクワクするのだけれど3年毎に買い換えるなんてことは出来ない。困ったもんだ。

私は望遠って全く興味がなくて、それより広角が大事だと思っています。でも先月ですか、日本から友人親子が来て一緒にテーマパークに行ってきた。テーマパークなんてもう10年以上行ったことがありませんでしたが、やっぱりこういうところに行くと望遠が欲しいと思うシチュエーションがかなりあるんですね。ところが私がメインで使っているカメラは35ミリまでしかない。50ミリも無い。(笑)

24-70なんてのがあればかなり良いとは思うのですが、フルサイズカメラでこのズームとなると、大きい、重い、高いの三重苦で、常時持って歩くなんてことは不可能。またテーマパークで撮るような写真ってスナップ写真みたいなものですから、たいして質には拘らないわけで、そんな良いレンズである必要もない。そして70ミリじゃちょっとこころもとない。

昔、ペンタックスを使っていた頃はタムロンの28-300mmを結構使っていて便利だったのを思い出しました。やっぱり300mmなんてのがあったら良いなぁと。でも当然、大きい、重い、高いし、交換レンズを持ち歩くのも無理。

そんな時に、またソニーが良いカメラを出したんですね。

Sony RX10 IIIです。かなり大きい。

DSC-RX10M3

RX10の3世代機ですが、前世代機とは大きく違って出てきた。なんとズームが24-600mm。こんな倍率の高いズームなんて使い物になるわけがないってのが古い頭のジジーが考えることですが、これが結構良さそう。でもとんでもなく大きなカメラ、レンズになるかというとそうでもない。なぜならセンサーは1インチ。これはかつてお気に入りだったRX100シリーズと同じセンサー。これがまた成長していて、写りの良さは磨きが掛かっているし、4Kビデオが問題なく撮れる。4Kビデオなんか・・・って思うかもしれないけれど、これって一度これを使うともう手放せないのね。ハイビジョンに慣れたら昔のテレビなんか見れないのと同じ。

これがコンパクトデジタルの写りか?と思うほどの出来上がり。これは小型で薄くて胸ポケットに入る大きさで大ヒットしているRX100と同じ。

このズームが24ミリスタートってのがミソで、28ミリだとイマイチ風景はダメなんですよね。この4ミリの差って凄く大きい。そして600ミリの威力って半端じゃない。

映像は十分綺麗だと思う。

でもこれだけのカメラだからやっぱり大きいし、重い。小型軽量で写りも良いベストセラーのRX-100と比べるとこんな違いがある。でもセンサーは同じ。

2016-06-11_13h39_06

2016-06-11_13h38_42

う~~む、やっぱりパスかなぁ。だろうなぁ・・・。

でも望遠があるとやっぱり便利。何か良い手はないもんか・・・。

マレーシアに行ったらたくさん写真を撮りたいし、望遠ってほどじゃないにしても120mmぐらいは欲しい。そしてもちろん常時持ち歩いても大丈夫な大きさ重さで、ちゃんとボケ味も出るカメラ。

そんなのあるわけないか。(笑)

でもこのカメラ一台あれば街角スナップには完璧だと思う。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ