「青山繁晴氏」の選挙演説が私のサジェスチョンで変わった?

青山氏を私が応援しているのは何度もこのブログに書いていますが、青山氏に何の問題も無いと思っているわけではないことも書きました。

この日記です。

青山繁晴氏を応援したいけれど、彼には弱点がある | dabo_gc

この中に書きましたが、日本人の希望である自前のエネルギー資源、メタンハイドレートに関して面白いことが起きました。

彼は予想埋蔵量を言わない。でもこのメタンハイドレートによって「給料も上がる、ガス代もさがる、輸出も出来る」と選挙演説でいうんですね。私はこれに違和感がありまして、埋蔵量ははっきりわからないにしても、メタンハイドレートが実用化したらどういう利益があるのかと言えば、給料が上がるとかガス代も下がるじゃどころじゃないはずなんですね。そしてこの言い方じゃピンと来ないじゃないですか。

だから私は「毎年数兆円という莫大なお金が海外に出ない。その金は日本国内で回る。」、これを言うべきだと思うんです。こういう言い方の方がインパクトがあるし、消費税1%で2兆円だとすれば、3-4%分の6-8兆円の金が日本国内で毎年回るってことですよ(2014年度の天然ガス輸入は7兆円を超える)。もし輸出も出来たら、日本の貿易収支は間違いなく黒字になる。そして原発だって廃止にもっていけるじゃないですか。こんな凄い経済効果って奇跡に近いことなのにどうしてそこを強調しないのか。

なぜそれを言わないのか?(彼は原発推進者だから廃止は言わないにしても 笑)

とそのことをブログに書きました。

同時にですね、それを青山繁晴氏のブログにも書いたんですよ。メタンハイドレートが実用化されたらどれほど凄いことが起きるのかの説明で、毎年数兆円という莫大な金額が海外に出ず、日本国内で回ることになると。これはとんでもなく凄いことなって、ガス代が下がるとか給料が上がるとかそんなレベルの話じゃないのにそれを言わないのはもったいない、不思議だと、彼のブログに書きました。彼のブログはここ(クリック)。(ただし私が書いたコメントは公になっていない。書いたのは7日。)

彼は昔からブログのコメントは全て読むと言っていましたし、もし彼の目に止まればそれを演説で言い方を変えるかもしてないと期待を持っていました。

そうしたらですね、なんと、今日の街頭演説でそれを話しているんですよ~~。\(^o^)/

今まで必ず言っていた「給料が上がる、ガス代が下がる」という言い方はメインにはせずに「莫大な金額の輸入が減り、それが国内に回って大きな経済効果がある」というようになった。

まさか南半球の一人のジジーの言うことに彼が耳を傾けるなんてことはないだろうと思っていましたが、こんなことならもっと早くからいろいろ書けば良かったと思いました。メタンハイドレートのことだけじゃなくて、もっと聴衆にわかりやすく、そしてインパクトがあるような言い方、あるいは言わないほうが良い話、言い回しがあると思うところがいくつかありましたので、それも書けば良かった。

ま、私が彼のブログに書いたコメントがキッカケかどうかはわからないにしろ、彼は必ずコメントは読むと常日頃言っていましたから、私の声は間違いなく彼に届いたと思っています。

こういうところが私は青山氏の良い所だと思うわけで、彼の主張の中に問題がなくはないにしても、政治家となり、日本を変える一石を投じて欲しいと心から願っています。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ